2020年04月03日

コロナウイルス あまりに早い志村けんさんの死


 志村さんは、19日に発熱や呼吸困難の症状があらわれ、自宅で静養していましたが、20日に東京都内の病院へ搬送され、重度の肺炎と診断され、23日に陽性と判定され闘病むなしく1週間足らずの29日午後11時10分、死去されました。そのニュースは連日感染者が増える不安な気持ちの中で非常にショッキングなニュースでした!

 全国的にも芸能人の中でも老若男女(ろうにゃくなんにょ)に名前を知られた方が亡くなるということで、わが身に思わず震えが来るのを感じました。バラエティー番組「8時だョ!全員集合」で人気のあったザ・ドリフターズのリーダーだったいかりや長介さんに弟子入りを直談判し、付き人になり荒井注さんの脱退にともない正式メンバーとなったそうです。

 その番組は、1969年〜1985年まで続いていたそうですから、16年もの長い年月を引っ張ってこられたのです。あのテンポ、リズムに乗った動きの笑いが人々にとても愛されていたのでしょうね!近年も色々な番組をされていたようで、私は殆ど見たことがないのですが、先日、テレビで、「志村けんさんの追悼特番46年笑いをありがとう」で、在りし日の色々なシーンが放映され、懐かしく思い出すことができました。

 映画出演もされており「鉄道員(ぽっぽや)」では、主演の高倉健さんに「たけしさんの笑いには狂気があるけど、志村さんの笑いには哀愁がある」と言葉をかけられ「あこがれの健さんに言われて、うれしかった。おかしいんだけど、ほろっとくる笑いが好きなんです」と語られたそうです。今までの色々なシーンを見せていただき、とても思慮深い方なんだなと改めて人気の秘密を教えられた気がしました。

 志村さんは、山田洋次監督の映画「キネマの神様」の主演に決まり、4月から撮影に入る予定だったのがコロナウイルス感染で亡くなり、山田監督は「言葉を失うほどの衝撃!志村さんは日本の喜劇界の宝でした。その存在がどれほど貴重だったかを、彼が少しでも自覚して健康に留意してくれていたら、と、彼の早死にが口惜しく、残念で、残念で仕方ありません」とコメントされています。

 まだ、この事態が分かっていない人もいます。志村けんさんは、自分の身をもって私たちに訴えてくださったような気がするのです。新聞、テレビで政府が連日訴えている「自粛」という言葉が、なかなか伝わらない中で、子供たちまでの心をつかんでいた彼の存在の大きさが人の心を動かすように願わずにはおれません!
しっかりとからだの健康を維持しながら、私たちにできることを考えていきましょう!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月01日

ベジタリアンとマクロビオティック


  ベジタリアンとは、「動物性食物を避け、穀物、豆類、種実類、野菜、果物などの植物性食物を中心にとる人々」とアメリカ栄養士会では定義されています。ですが、もともと「ベジタリアン」という言葉は「ベジタブル(野菜)」の語源が変化したのではなく「健全な、生き生きとした、元気のある」を意味するラテン語「vegetus(ヴェジトゥス」」に由来していると言われ、健康的な食生活をしている人々と考えられています。

 植物性食物を多くとる人々は、動物性食物をとる人々に比べてがんや心臓病、生活習慣病が少ないことが医学研究によって明らかになっているそうです。また、ベジタリアンの食事の特徴として、動物性食物に含まれる飽和脂肪酸やたんぱく質の摂取が少ないこと、抗酸化作用のある野菜や穀物を多く摂取することがあげられます。病気の予防や、日々の健康の増進と維持につながるといいですね。

 また、マクロビオティックの食事は、玄米菜食を基本としていますが、肉や魚を食べることを禁止しているわけではなく、独自の思想に基づいて食べ物を選んでいます。理想的な食材や調理法を選択することも、健康的な食生活を考える参考になるかもしれません。

 マクロビオティックの歴史は、1930年代、東洋思想をベースにし、日本人により提唱され1970年代頃、その弟子によってアメリカ、ヨーロッパを中心に普及しました。日本では、2004年頃からマドンナをはじめ、ハリウッドのスターやスーパーモデルが実践していることで注目され、逆輸入することで、20〜30代を中心に実践者が広がっているそうです。マクロビオティックの食事法では、私の好きな言葉、「身土不二(しんどふじ)」「一物全体(いちぶつぜんたい)」などの考え方があります。

 私の食事に対する気持ちは、自分のからだに備わった「五感」を最大限に働かせ、自然に求める食物を選び美味しく頂くという単純な発想ですが、「ナチュラルフード」の講座で学んだ影響も大きかったと思います。有機栽培のお野菜や、健康的に育った鶏の卵を取り寄せるようになり、その物のエネルギーが及ぼす力を感じるようになりました。

 コロナウイルスに負けないように気力に満ちた食べ物を食することも、必要かなとつくづく感じています。みなさまもきっと食事に関しては私よりも先輩と思いますが、こんな世の中だからこそ、「からだの健康」・「強い心」・「優しい心」・「食べ物」に目を向けて一緒に乗り越えてくださいね!
*今日はゴム体操2本どりでゴムの引き合いを感じながら横・前・横・上(左右繰り返す)で円を描くように回してください!頭が乗ってくると、肩こり、腰痛などが楽になりますよ!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月29日

 危険を軽視 世界にクラスター!


 今日の朝刊にこんな見出しが載っていました。クラスターというのは英語で、「感染者の集団」としても使われているそうです。中国、米国、イタリア,タイ、マレーシアなど世界各地で感染拡大の引き金となったクラスターが発生したと言われています。特に米国ルイジアナ州ニューオーリンズでは、2月に観光客など100万人超が繰り出すカーニバルを強行したと言います。

 今日は、珈琲豆が必要になり、京都の北の方にある「はしもと珈琲店」に行ってきました。いつも買い付けのお店なので、出発してから車の中で注文しておくと準備してくださるのでお店に着いたら直ぐに受け取ることができます。桜も満開になってきたので、八坂神社や京都市美術館や平安神宮あたりを、車中のお花見を楽しみながら通過したのですが、東京などの自粛で閑散とした街中を見ていたものだから、あまりに人が多いのにびっくりしました!

 家族連れ、カップル、友人同士のグループなど、マスクを着けていない人も多く不思議な光景でした。お決まりの着物姿のカップルなど、コロナ蔓延の状態になるまでは当たり前の光景でしたが、今日は貸衣装を次々、使い回すのかと思っただけで恐ろしくなってしまいました。

 自宅にいますと、ニュースではずーっと感染者の増えていく様を放映していますし、子供たちの姿を見ることも少ないので、お休みの時ぐらい子供たちを外に連れてあげたいという気持ちも分かりますが、若い人はそんなニュースも見ていないのでは?という疑問だらけの光景です。

 こんなに感染者が増えているのにと思うと、怒りさえ感じます。自宅に帰ると、京都でとうとう大学生が感染したと発表されました。3月に入ってから友人とヨーロッパに旅行をして帰国後に発症しています。世界的に感染拡大が止まらない一因には、新型ウイルスへの危機意識の低さがあると言われていますが、今日のちょっとの京都市の状態はまさしく言い得て妙だと実感いたしました。

 またまた、レッスンの4月再開が危ぶまれそうです。早く収束するためにも焦ってはだめですね。もう少し様子を見たいと思います。レッスンを再開するときにはお知らせしますのでよろしくお願いいたします。 何もしないとからだはどんどん退化しますのでお知らせしています運動を毎日メニューを変えながら実施してくださいね!
今日は四つ這いからの三日月ポーズを思い出してください。「ヨッシャ!」体操の次に行うと効果的ですよ!私もやります。一緒にがんばってくださいね。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月27日

久しぶり!インストラクター勉強会


 ほぼ全員のお教室がお休みの中での勉強会、木幡スタジオに集結してひさしぶりに話し合いと、実技レッスンを行いました!マスクを着け、換気をし、間合いを広く取り、手の消毒と、みなさまとのレッスン再開に向けて、予行演習さながらに実践してみました。

 みんな、レッスンに飢えていたのか、からだを動かすと元気が出て楽しくレッスンを終えることができました。家でそれぞれはからだを動かしていたとはいえ、やはりじっくり自分と向き合うことが大切だとつくづく感じた1日でした。そして、それぞれの胸に、生徒のみなさまへの思いがふつふつと湧き上がるのを感じていました。

 私たちは、早くみなさまとお教室を再開したいという思いでいます。多くの方が、望んでいらっしゃると信じています。世界中に蔓延するコロナの収束を願っています。芯体操は元気なからだを持つことの大切さを知ること、そういう人々に、その場を提供し続けることを理念として掲げてきました。この勉強会は、みんなが同じ空間で集中力による気の世界を感じることの重要性を実感することができました。

心乱すことなく、からだと向き合える時間をもつこと、家でテレビ体操を見ながら動くのでもなく、本来自然の中で目を閉じて感じる空気感の体験を共有したいと思い続けてきました。今さらながら何を求めて歩んできたか、何をしたいのか、どうなりたいのか、どうなるべきなのか・・・様々な思いが去来します。

その中で、やはり思い至るのは、私のからだに起こったこと・・・健全なからだがバラバラになったことこそ、からだを知るチャンスだったと思えるのです。からだのなりたいことを知るか知らないかで、宇宙の成り立ちからすればほんの小さな短い一生を自分なりに大切に生きようという気持ちが湧いてきます。辛いこと、悲しいこと、痛いこと、歩けないこと何もかもが、自分のからだを知ることで楽になったり、希望を感じたりそんな気持ちで生きることが出来るのだと思います。

微小な菌に負けないからだを目指すことが、早急に求められています。心もからだも弱ってしまわないように、気力を取り戻しましょう!からだはすべてがつながっています。
「健康」とは「全体である」今一度、この言葉を考えてみてください。ゆがめ、縮んだからだは悲鳴を上げています。
「骨を引き離す」 「関節をゆるめる」 「筋肉をつなぐ」 芯体操のもつ真理です!
からだのゆとりは、まず末端から緩めることが大切です。
* まずは、足の指、足の裏を伸ばし、ゆるめましょう。(芯体操だより202号参照)
* 手の運動 クルクルフィンガーほか、3月17日のブログ(芯体操の運動第二弾参照)

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月23日

五木寛之さんと伊集院静さんとコロナと・・・

 
 先週の連休に長女と孫2人が我が家に!今年はお正月に来られず、久しぶりの出会いです。4月から、小学3年生と年長さんになります。とても仲がいいですが、姉と弟の性質の違いはあるように思います。私の子供は、兄と妹だったので未知の世界です。コロナでの休み中なのでにぎやかで、暫し元気をもらいました。

 昨日はお昼前に、出発すると言っておりましたので、お昼のお弁当を作ってあげました。鮭と梅干のおにぎり、卵焼き、れんこんと人参、しいたけのきんぴら、牛肉煮、お漬物の定番のようなメニューですが、イチゴの赤が可愛いお弁当になりました。お弁当づくりって、久しぶりなのでウキウキと楽しめました。

 近くにお子さん達が住んでいらっしゃる方は、日常何かとサポートしながら関わっている方も多いかもしれませんね。特に今回のコロナでは学校がお休みになり、お手伝いで大変かもしれません。そんな中でも、ご自分のためにはしっかりストレッチや呼吸法などでからだのケアをしておいてくださいね!高齢者が弱いと言われていますのも、結局は抵抗力がないことが要因でもあるわけですから、精神面もポジティブにお過ごしください。

 今は伊集院静さんの、『ひとりで生きる』という本を読んでいます。五木寛之さんの『大河の一滴』を二度目読み始めて、タイトルから五木寛之さんと同じ生き方?と思ったので興味をもって同時に読み始めましたが、五木さんの、「人間は泣きながら生まれ、死ぬときは、ひとりで逝く」という言葉と、伊集院さんの「人間はひとりで生きることはできない」という言葉に惹かれました。

 勿論、お二人の生きざまは色々な展開があり、生き方も時代も違えば、この言葉の意味は私が勝手に取り上げただけなのですが、とても考えさせられる言葉になりました。五木さんは1932年生まれ、戦時中に旧日本帝国の植民地であった朝鮮北部で敗戦を迎え、旧ソ連軍の軍政下で難民として過ごした体験を持ち、伊集院さんは1950年生まれですが、夏目雅子さんと結婚、病気で死別してどん底に、やっと立ち直り、篠ひろ子さんと結婚するなど、多くの人との関わりがある中での葛藤の日々を体験されている。
今のコロナウィルスの現状を、お二人とも、どんな言葉で表されるのか聞いてみたい思いがあります。
さあ!こんなこと言っていられませんね!今日は、立位で両腕を腰に巻き付けるように振ってみてくださいね!吐きながら振りを大きく、小さく,パシッと音がするように左右繰り返してください。首も自然につけて、全身をリラックスするように呼吸法と一緒にね!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月20日

五木寛之著 『大河の一滴』 に学ぶこと

  
 レッスンお休みの間に、今から20年余り前に出版された『大河の一滴』に出会いました。一度、目を通し、今二度目ゆっくり読んでいます。私の親世代の戦争を体験している方々が出版されている本は今、読ませていただくと驚くほどストンと腑に落ちることが多いです。
つまり、私がまだ若い頃すでに体験され、感じたことを積み上げて本にされているのですから、当然のことかもしれません。

 腑に落ちるということは、結局は自分が経験することで初めて共感するということです。勿論、経験者の生きざま、考え方を知ることで参考になり、教えられることも多いと思いますが、自分が生きて実践してきたことや感じたことを肯定できるということがとても嬉しいのです。若い人の著書から得ることもあるかもしれませんが、今の年齢だからこそ素直にこの本を読めることに喜びを感じます。

 冒頭に、「シェークスピアの『リア王』の登場人物がつぶやくように、「人は泣きながら生まれてくる」のだ。この弱肉強食の修羅の巷(ちまた)、愚かしくも滑稽(こっけい)な劇の演じられるこの世間という円形の舞台に、私たちはみずからの意思でなく、いやおうなしに引き出されるのである。あの赤ん坊の産声(うぶごえ)は、そのことが恐ろしく不安でならない孤独な人間の叫び声なのだ、と嵐の荒野をさまよう老いたリア王は言う。」

 人は赤ちゃんの産声を決してネガティブには捉えないと思っていました。それこそ、幸せな誕生を心から祝福し未来の希望へとつなげていく出発点と考えていました。しかし、「いまこそ私たちは、極限のマイナス地点から出発すべきではないのか。人生は苦しみの連続である。人間というものは、地球と自然と人間にとって悪をなす存在である。」

 今の状況は、コロナウイルスの感染からと捉えるだけではなく、今一度人生について考えるチャンスかもしれません。「泣きながら生まれてきた」人間が「笑いながら死んでいく」ことはできないものなのだろうか。と投げかけています。自分の今までの人生を振り返ってみると、試練を与えられたからこそ芯体操が生まれ、ひたすらに歩んできた中で感謝の気持ちが生まれたことにまた、感謝するという気持ちしかありません。
みなさまと一緒に直ぐにでもコツコツと育み続けてきたからだを、よみがえらせたい思いでいっぱいです。外にもなかなか出れていない方や、運動が億劫(おっくう)な方に

*今日は、お手玉体操をおすすめします!かかとをきちんとつけて、つま先を開くよりひざの向きを少し横に開き、かかとに立つことでヒップが締まります。「んっ!はい!」をしっかり発しながら、右4回左4回など(変化しながら)熱くなるまで続けてくださいね!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月17日

レッスン再開までにできることにチャレンジ!


 「世界ナゼそこに日本人」という番組で、感染症と戦い3万人救った医師の話を知りました。ネパールに結核が蔓延した時代に、誰もが行きたがらない状況の中、自ら志願して臨みますが、僻地ゆえに彼の診療を受けるためには1週間も歩き続けないと、どんどん悪化して命を落としているような状態でした。地域の役人は「病人が亡くなってくれた方が楽になる」というような中で、彼は自ら出向いて感染者を治療し、感染を食い止めることができ、現地の人々から今も、感謝されているというのです。

 当時は、日本でも結核は怖い感染症でしたから、今のコロナウイルスの問題と類似しているようで身につまされる思いでした。菌が目に見えて何をすれば良いのか分かれば気づきがあるでしょうに、目にも見えない菌が人間のからだを侵す怖さは計り知れません。死亡者に高齢者が多いのは、もともとお体が弱っていて持病があった方も多いと考えられます。私たちにできることは、やはり、免疫力の働くからだにすることを予防法として認識することが必要ではないでしょうか!

 芯体操は、からだの中に働きかけることで、臓器が喜んで働いてくれる、ねじれや縮みを改善することで芯を通し各機能を強化することで、菌を撲滅させることを目指す。殆どの方が病気にならないからだ、治りの早いからだを維持されています。こんな時こそ、さらに運動と呼吸法をしっかり行ってくださいね!
【芯体操の運動 第二弾!】
1 クルクルフィンガー(左右の指先を合わせ、親指同士を回す。左右入れ替える。)2 右手で左手首をつかむ。左右グーの手になる。パーで離し左右繰り返す。
3 「よっしゃ!体操」 安座ポーズから四つ這いポーズになる。右手、左足を前後に伸ばし「よっしゃ!」の掛け声で右ひじをみぞおちに、左足を胸に同時に引く。
 (左右繰り返す) 呼吸は「よっしゃ!」の掛け声で吐き、手足を伸ばすときに吸う。
4 ゴム体操 
* ゴムを左足の足裏にかけ(2本取り)ゆるく均等に三角にし手を伸ばしながらゆっくり寝る(吸う)。肘を横に伸ばしながらゆっくり起きる(吐く)。
(左右繰り返し、体幹を鍛える運動です。両足でもチャレンジしてみる。)
* 立位でゴム(2本取り)を持ち、ひじを横に広げ引き合う(吐く)。前腕筋(ひじから先端まで)を直角まで戻し、引き合ったまま上まで伸ばす(吸う)。直角まで下ろし横に広げ、直角まで戻し上に上げる。(呼吸法を使い繰り返す。)

以上、如何でしたか?少しずつでも動いてみてくださいね!お家で1人で動いてみると、問題点が良く分かるようになりますので、再開が楽しみになります!

URL ttp://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月15日

コロナウイルスを予防しよう!

  
 みなさま、お元気にお過ごしですか?さすがに、レッスン中止も3週目に入ると、からだに影響が出始めているのではないかと心配しています。週1回から週5回ぐらいの方も色々ですが、それなりのリズムでバランスを取っていらしたのが、少しずつ違和感が出てきていませんか?

それなりにと思っていても、縮むのは音もなく、伸ばそうと思えば引き攣れて悲鳴を上げるといった具合にならないように、時間を掛けてコツコツと深層筋をゆるめ伸ばし続けてきたからだです。芯体操は決めたポーズをただ繰りかえすのではなく、レッスン場の空気感と共に繋がる骨や筋肉をからだの内部から伸ばそうとする運動です。

ひとりでも出来るようにと注意点をいっぱいお伝えしてきましたので、レッスン再開までしっかり動かしてくださいね!何をしたら?というお問い合わせにお答えします。

1 先ずは、安座ポーズで目を閉じて、指先に意識を送る。(手も足も同時に、親指!薬指!とか声を出して全ての指先に指令を送ります。)からだの細胞がよみがえるまで何度も繰り返します。
2 その両手の掌(てのひら)を胸の前において、四角の空気の角を順番に手を当てながら1,2,3,4とリズムを感じて動かします。慣れてきたら1,2をクロスにしたり、5,6片手、両手上げまで進めます。書くと難しいですが、インストラクターと一緒にやっていたことを思い出して自分でやってみると面白いですよ!
3 坐骨乗り運動や、2人組で行った回転運動をひとりでやってみるのも充分汗が出ます!とにかく、腹筋、肋骨筋をしっかり使ってくださいね!
4 仰臥(仰向く)ポーズで,右膝を吐きながら胸まで寄せる。左足はかかとを引き合って少し上に持ち上げる。右膝裏を伸ばしながら縦開脚の状態で頭を少し上げて体幹を鍛える。(左右をゆっくり繰り返す)
5 仰臥ポーズで、お腹を時計回しに隅々までさする。芯呼吸法(腹式・胸式を同時にを使えるように。)吐くは宇宙から吸い込んでもらう、吸うは宇宙から吹き込んでもらう意識を明解に理解できるように)


 取り敢えずは以上の運動を毎日できればいいな!
少しずつお伝えしたいと思っています。免疫力の働くからだを維持できますように、頑張ってチャレンジしてくださいね!

                                 芯体操代表  津田美智子

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月14日

コロナウイルスでレッスン休止の1週間


 2週目のレッスン休みの最後の1週間が過ぎようとする前に3,4週をどうするか・・・コスパ教室の伝達待ちにしていましたが、やっと今日連絡があり1週間の延長でした。4週目はどうするのか苦渋の決断をされていることが、伝わってきます。

 芯体操は健康なからだ作りを目指しています。特にからだの中から活性し抗原の侵入に反応し免疫力を高める働きを活発にすると、前ブログでもお伝えしましたが、その為にもお休みせねばならないことに無念の思いです。少しでも前向きに強い気持ちで過ごそうと3月後半はどうするかと、世界に蔓延するかの勢いに負けじと願っておりましたが、今朝にやっとお休みにすることを決断いたしました。

 公民館などの中でも3月いっぱい、早々と中止の決断をされた所もあり、芯体操のお教室として、足並みをそろえることが出来ずにご迷惑をおかけいたしましたが、少しでも続けたい思いも強かったこと、ご理解くださいますようお願いいたします。

 なるべく予定していたことも、無理のないところで実行することができました。私事ながら。9日のコスパレッスンの後に恒例の「味噌づくり」を予定していました。レッスンは中止になりましたが、茨木市のSさん宅に自宅から直行して私は10kg、みなさんと助け合って完成!また、夏頃から頂けると思うと嬉しい時間になりました。

 11日はレッスン休みになり急遽、滋賀県のロイヤルオークホテルでランチしました。やはりコロナのせいか、直前で予約することができました。リーズナブルなお値段でステーキと野菜のコースは、アイディアが素晴らしくとても楽しめました。普段は平日のランチはレッスンがあるので中々行けないので、琵琶湖を眼前に臨みながら一息つくことができました。

 また、この週はいつもお便りを頂いていても直ぐにお返事を送れなかった方との交流もゆっくりできました。八幡教室の方は覚えていらっしゃいますか?「伊藤平一郎さん」女性ばかりの中に男性ひとりでしたが、教師をしていらしたというだけあって奥さまを無くされた後もおひとりで矍鑠(かくしゃく)と生活なさっていました。当時は、80歳ぐらいだったでしょうかその後、息子さんと同居で茨木市に移られお教室にら来れなくなりましたが、ずっとお手紙のやり取りをしていました。今はなんと90歳になられ、施設の1部屋で悠々自適の感あり・・・朝はコンビニに新聞を買いに行き、途中で溝の鉄柵つかんで腕の屈伸200回、100は順手、100は掌(てのひら)、食事は完食、一口入れたら60回以上噛(か)む、味噌汁もしかり・・・しかも、この1週間に、3〜5枚のお便りが4通届きました。本をよく読まれているので見事に続きの大作でありました!コロナに負けておれませぬ!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月07日

コロナウイルスに負けない!


 3月の2、3、4日まではレッスンができましたが、さすがに5日の八幡レッスンは刻々と変わる状況にご心配をおかけしてはと断念しました。2日の千里コスパ教室には出席者もたくさんおられましたので安心していましたが、急遽、15日まで中止との連絡がありました。それに鑑みて、芯体操も2週目までのお休みを決定した次第です。

 長い年月の中で、このような事態は初めてのことですので、ご連絡が行き届かなくてご迷惑をおかけした方もいらして申し訳ありませんでした。今は3週目には、マスクを着用してでも、レッスンを行いたいとは思いますが、こればかりは個人的な判断では済まないと思いますので、しっかり見極めて決めたいと思います。

また、それぞれご家族のご心配もあると思いますが、ある程度自分のからだは自分が一番分かりますので、家でのケアもしっかり行っていただきたいと思っています。健康であれば、免疫力「生体が疾病、特に感染症に対して抵抗力を備えている。非自己から自己を守る機構で、脊椎動物に発達している。異種の高分子(抗原)の体内への侵入に対してリンパ球・マクロファージなどが働いて特異な抗体を形成し、抗原の作用を排除・抑制する」が強く、芯体操を頑張っている方は特に、殆どの方が、お元気でいらっしゃいますね。

折角、柔軟で強いからだ作りを続けていますので、しっかりお家でもレッスンを欠かさず、レッスン再開の折にはよく自己判断されて元気に参加していただきたいと思っています。お仕事を続けておられる方も休めずに頑張っておられますよね。そういう頑張りもあるから世の中が回っていることを考えますと、私たちもウイルスに負けない気持ちはしっかり持ち、頑張らなきゃ世界が破綻するぞと思います。

話が飛びますが、癌になっても気持ちの持ち方がとても大事なのです。2人とも癌になったご夫婦が病気のことを考えずに働きまわっている間に癌が小さくなっていたという事実があります。心から病気が離れていったとき、心とからだのかかわりが大きく作用することを教えてくれますね。

私は大変なからだと向き合っています。病院にはお世話にならないという信念があります。からだと自然にお付き合いすることで不思議だけれど生きています。とっくにあの世行きなのに、これが私の寿命だと思えます。芯体操のおかげで寿命が延びていると感じています。みなさまも芯呼吸法でお腹と胸(肋骨)の筋肉を中からしっかり動かしてくださいね。胃や腸がギューとかグビッとか鳴ると緊張が取れて活性するのが分かりますよ!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記