2019年02月17日

「きょうよう」のある幸せ


 昨年の9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されましたが、ご自分の生き方を貫く方で言いたいことをずばっと言葉にされたり、切り口に嫌味がないので、とても存在感がありました。

 『一切なりゆき』という著書の中で、2014年に語られた言葉が載っていました。「最近のわたしは、「きょうよう」があることに感謝しながら生きています」
えっ!「きょうよう」って?
「教養ではなく、今日、用があるということ。神さまが与えてくださった今日用をひとつずつこなすことが日々の幸せだし、最後には、十分に役目を果たした、自分をしっかり使いきったという充足感につながるのではないかしらね。」
全身がんと向き合いながら、自分を使いきって死にたいと考えておられた姿が浮かびます。

 最後の姿を追った番組を見た時も、シンプルに生きることを徹底され、すっきりと整理されていた自宅での姿が印象的でした。そして希林さんの死生観を表わす出来事も書かれていました。

 死をテーマに語る会で、知り合いの娘さんは海外生活が長いのですが、お父さんがいよいよとなった時に家族みんながかけつけました。「パパ!」「起きてよ!」って必死に願うと心電図のモニターの音が消えそうになるとまた波が戻る。みんながほっとするとまた消えかけて、みんなが声を出すと戻るというのを何度も繰り返していました。みんながくたびれた頃、またツーッと消えかけた時に娘さんが、「パパ!生きるのか、死ぬのか。どっちかにして!」って言ったという話に会場中が爆笑になったそうです。

 続きのお話もありました。火葬場でお骨になるのを待っていると、係りの人が報告に来た時、その娘さん、「みなさーん、いまパパが焼き上がりました」って言われたそうです。希林さんは、「面白いわねぇ、世の中って。「老後がどう」「死はどう」って、頭の中でこねくりまわす世界よりもはるかに大きくて、予想外の連続よね。楽しむのではなくて面白がるの。面白がらなきゃ、やっていけないもの、この世の中。」って自分が亡くなる1年前に言っていらっしゃるのです。
  全ては、自然に決められていることであり、今日、用があることに感謝しつつ、精一杯生きることができれば、幸せに思います。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月10日

 お野菜との新たな出会い!


 昨年の9月から旬のお野菜セットの「定期宅配」を始めました。インターネットで知った、「坂ノ途中」というお店です。隔週で月に2回届けられる(色々なコースを選べます)、農薬、化学肥料に頼らずていねいに育てられたお野菜たちです。産地は、種類によって色々な農家さんと契約されているみたいですが、ほぼ12種類ぐらい箱に入って届けられます。

 楽しいのは、毎回、色々な野菜が入っていたりします。また、人参でも、形や色も違っていたり、カラフル人参なんて名前が付いていて興味津々、思わずカリッとほおばるととってもあまい味と香りがします。必ず品名、生産者、そしてコメントには、おすすめの食べ方などを教えてもらえます。

 今迄も、なるべく、無農薬野菜など売っているときは求めたりしていましたが、やはり、厳選されているのか、どれも新鮮で美味しいのですっかりはまっています。特に今まで食べたことのない野菜だったりすると、如何に狭い範囲で限られたものしか食べていなかったかと思い知らされます。

 知ってはいてもわざわざ買わないでいた野菜も多いことを知らされました。つるむらさき、すずかぼちゃ(生で食べられキュウリと同じ感覚でどうぞとのこと)、赤だいこん、バターナッツカボチャ、特大エリンギ(大きい!フライ最高でした)、フルーツかぶ(火を通してとろっとした食感)、ハナビラタケ、大和真菜(京都の畑菜に近い)、紅心だいこん、むらさき白菜、ケール、ヤーコン等々!

 料理法を教えていただけるので迷うことなく新鮮なうちに食べられます。このシステムは、頑張られている農家さんにとっても、消費者にとってもそれを繋いでいただけるのでとても有り難いことです。自給自足が一番安全なことであっても誰もが、できることではありません。多くのご苦労のもとに届く野菜を感謝しつつ大切に頂きたいと思っています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月03日

今日は、恵方巻きを食べましたか?

 
 ロイヤルオークホテルに昼食を食べに行きましたら、恵方巻きの予約をしていましたので聞いてみると、食事中にお作りしますとのことで、注文しました。
3本セット、2200円+税ということでちょっと高いのかなと思っていましたが、近くのスーパーに寄った時、恵方巻きのコーナーがあり、色々な種類がいっぱい並んでいてびっくり!

 お値段を見てまた、びっくり!具が多いのでは、1本750円、980円などとホテル並みなのです。ホテルのお巻きは、近江牛、アナゴと卵焼き、えび、カニなど贅沢な食材でとても、美しい恵方巻きで大満足でした。

 最近は、豆まきよりもこの恵方巻きの方が、人気が高いとか・・・我が家も子供たちが出てから少しずつ、豆まきの風習が下火になっていました。昨年には豆を買って食べるという段階でしたが、とうとう今年は豆も買いそびれてしまいました。

 そもそも、恵方巻きが始まったのは、江戸時代から明治時代にかけて、大阪の花街で節分をお祝いし、商売繁盛を祈ったのが始まりと言われています。七福神に因んで、7種類の具を入れるのが基本だそうです。7つの災難が取り除かれて、7つの幸福を授かるそうです。

 豆まきで家の中を清めた後、福を呼び込むために恵方巻きを食べるのがおすすめとか・・・我が家では、豆まきを省き、今年の恵方、東北東の方角を向いて願い事をしながら、食べきるまでしゃべらないと運が逃げてしまうと言いながらもつい、しゃべったりでまあ無事に終えることができました。(笑)

 子供たちがいる頃は、殆どの行事を体験させてあげようと頑張っていたことをしみじみ思い出しました。わしづかみにしたお豆を「鬼はー外!」「福は-―内!」なんて子供たちが思いっきりばらまきましたので、翌日は部屋中、玄関先まで豆がごろごろ出てきて後始末が大変でしたが、良い思い出です。

 時代は変わりますが、少しでも次代につながっていくこともあればいいなと思います。そうそう、昨年の恵方巻きは、私の手づくりだったことを思い出しました!巻きずしを作るのが、大好きなのです!ところで、恵方巻きが売れ残って大量に廃棄処分する昨年の映像が、数日前にニュースで流れていましたね。胸が痛みました。今年は大丈夫でありますように!

URL  http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月27日

大坂なおみさんおめでとう!


 テニスの四大大会、全豪オープン昨日の決勝でこの大会初優勝を飾った大坂さんは、世界ランキング1位に確定しました。テニスの中継は、殆ど見たことが無かったのですが、昨日のニュースで何度も決勝の試合を放映されていましたので、彼女の強い精神力を感じることができました。

 今まで、ちらちらと姿を見ていました。いつも不服そうな、態度や顔の表情がインプットされていて、好感がもてなかったのです。優勝インタビューなどで彼女の人間性に共感できることができ、持つ印象ががらりと変わりました。マスコミの取り上げる視点や、感情を鵜呑みにしてはいけないのだということが分かりました。

 彼女の父はハイチ(カリブ海、エスパニョーラ島西部を占める共和国)出身で、日本人の母との間に生まれ、3歳のときからテニスを始めたそうです。長い間米国に住んでいたのですが、何故日本に登録しているのかといえば、彼女が米国では期待されていない頃、日本人がその才能をいち早く見出し、色々と力になってきたことが大きかったと言われています。

 負けず嫌いだけれど、純粋で幼子のように可愛い人柄が、世界中の人々に感銘を与えました。毎日、ゴーン氏やあおり運転など、やりきれない事件が続く中で、私たちに与える元気とあたたかい心の影響は計り知れないものがあります。

 世の中に訴えたい気持ちは山ほどあるのに、なかなか伝えること、みんなで考えることができないでいるもどかしさの中で、何が、世の中を変えられるのだろうと思いますが、口で言うより、態度で示せということなのでしょう。

 自分が一生懸命に努力して生きることが、何かが生れるきっかけになるかもしれません。只ひたすら生きる中で夢と希望はあるけれど、そんな時に形なんてありません。有名になることなんて考えてはいない、結果が直ぐに出るものは別として、生きているうちに知られなくても必ずその結果は残ると信じて亡くなった方も多いかもしれません。

 私たちは、先人の残したものを学び、新たな自分の努力に向き合って、新しい世の中に生きる力を養っていきたいものですね。大坂さんの姿から色々な思いが湧き上がってきたのを感じています。

URL 津田美智子の芯体操 http://www.shintaisou.jp/

posted by 津田 美智子 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月20日

 懐かしい曲


 私が、20代で健康体操を始めた頃は、いわゆるポップスの全盛時代で、世界中の国から色々なアーティストが、さまざまな曲を発信していました。1970年代、80年代、90年代、2000年代を越えてまだまだ続く年月、ビートルズ、カーペンターズ、エイス・オブ・ベイス、アバ、サイモン&ガーファンクル、マキシム、マライヤキャリー,ワム、サラ・ブライトマン、クイーン、エンヤ等々、書ききれないぐらいの多くの曲との出会いがありました。

 振付をするようになり、毎年舞台にも立たせて頂きました。今、CMなどで懐かしい曲が、流れると胸が熱くなります。芯体操になってからは、芯を感じるからだで表現したいという思いで、曲想も、振付も少しずつ変わっていき年を経ても表現し続けたいという思いが強くなっていきました。

 しかし、2014年のよみうり文化センターの取り壊しにより、40年近く踊り続けてきた、発表の場が終わりを迎えたことと、芯体操によるレッスンの大きな流れの中で求められることにも変化があり、多くの悩める方たちに寄り添いながらの内容へと変貌を遂げました。

 2015年に、さだまさしさんの「風に立つライオン」にめぐり合い、八幡の文化祭で発表するも、2016年は、15周年パーティーの準備が始まり、動かず、12月のパーティーの2017年に「命のつどい」でライオンを再演、その年は、パーティーの舞台の為に振付、レッスンに追われ、夏の舞台と共になんとか大盛況で終えることができました。

 2018年、芯体操としての運動の開発、レッスンの充実を願い続けた1年でした。ふと気が付くと、私の中から、あんなに求め続けていた曲が、なくなり、無音の中で身体の中の感覚を研ぎ澄ましていました。私のアンテナに引っかかる曲も無く、世界の流れが混沌として遠くにあるような気がしていました。

 明けて新年、年間行事の交流会や山柴公民館の期日が入ってきました。踊る?もう何年も離れていたような気がします。何気なく入ってきた懐かしい曲に心がハッと反応しました。めくるめくような思い出がからだに問いかけてきます。

 2019年、懐かしい曲にふれてみて、何が起こるのか、一歩一歩
新たな気持ちで、歩んでみたいと思っています。

URL 津田美智子の芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月10日

 母と過ごしたお正月


 母は昨年の4月末に骨折後、入院した病院から、リハビリの為に介護老人保健施設で家庭での生活に戻れるようがんばっていました。しかし、肺炎を患い、安静が1ヶ月にも及び、車椅子を使うようになりました。その状態では、姉の家に帰ることは出来なくなり、悶々としながらとうとう年末を迎えることになったのです。

 どの程度生活出来るのか、お正月には取り敢えず炭山の姉の家に帰してあげることにました。私は、なんとか生活できないかといっぱいの期待を抱き、年末は、各お教室のレッスンをがんばりながらとても楽しみにしていました。

 「老健」には、毎日曜必ず、母の好きなお菓子やフルーツを持って会いに行っていました。「帰りたい」という言葉に胸を痛めながら、もっと通ってマッサージもしてあげたいと思っていましたが、ベッドでは無理な姿勢になるので私の方がギブアップしているありさまでした。

 母の身を自分に置き換えると、気持ちが分かるだけに可哀そうでとても辛い思いをしました。その時に歩けなくなったらお終いだと痛切に感じたのです。
私たちは、芯体操で死ぬまで自分で生活できるようにならなければと強く思いました。「老健」では、3ヶ月というリハビリ期間が決まっていて、それ以上はリハビリをせず、車椅子とベッドでの生活、3度の食事に車椅子に乗って食堂へ行くだけの生活です。

 とにかくお正月には一度出してあげたいという強い気持ちで、12月30日に迎えに行き、無事に炭山の生活が始まりました。母も嬉しそうでほっとしました。一緒に年越しそばを食べ、紅白歌合戦を見たりして母が寝る頃に自宅に帰り、元旦は、朝に車を走らせ一緒にお雑煮を祝いました。

 こうして、1月6日まで色々と母の様子を感じながら行けるときはなるべく側に居たいと思いつつ、レッスンが始まって、なかなかで思う様にできませんでしたが、とても貴重な時間をいただきました。

 結果、ひとまず「老健」に行くことになりましたが、車椅子生活になってしまったことで、再び家に戻ることができるのか、振出しに戻ったような状況です。今回のことで、本当に介護の問題が大変であることに直面することとなり、戸惑いと、母を幸せにしてあげたい気持ちが交錯している毎日であります。

URL 津田美智子の芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月02日

 明けましておめでとうございます


 今年のお正月は、長女家族と長男の住んでいるタイで過ごす筈でしたが、母のこともあり長女家族だけで行かせてあげました。なので、例年は我が家に集うはずの孫たちもいない静かなお正月です。

 母は、骨折、肺炎と続き、一時的に「老健」に入所していましたが、お正月は炭山の姉の家で過ごせるように、12月30日に迎えに行き、1月6日に戻るまで、元旦もおせちやお雑煮で祝いました。やはりまだ、車椅子での移動なので、本格的に姉の家で生活するのはむずかしいなと様子を見て思いました。

 「老健」というのは「介護老人保健施設」と言って、リハビリにより在宅復帰を支援する施設です。数か月(1ヶ月〜3ヶ月)をめどに入所できるのですが、今回は3ヶ月で復帰できないと、どうするのという状況に直面しています。

 家でみられない場合は、特別養護老人ホームのようなところに入るしかない、そこは満杯で、順番待ち状態だそうです。しかも、殆ど、3度の食事に決められた規則の中で、話す人もいなければ悲惨な状態と感じました。このお正月久々に、嬉しそうな母の姿に接して、胸が痛みます。

 母だって、とても歩きたいと思うのです。歩けて最低限自分のことができれば、父亡き後、一人暮らしもしていたのですから・・・しかし、今年の12月には95歳になる母に、そこまで望むのは酷なことかもしれません。

 この問題はどうしたら、解決するのか、まだまだ国の福祉の改革が必要になるのでしょう。団塊の世代が、高齢化社会に突入します。老老介護では解決しない問題です。私達世代が、どう変わるのかは大いに語りつながねば成りません。単純に言いますと、死ぬまで動けること、こけない身体づくりって本当に大切だなと思いました。

 身体が動けなくなったら、介護が必要になる・・・現在は高齢化が進むほどに人は長生きできるようになっています。だから子供たちに自立できない親を抱えてしまう状況をつくっているのです。今、正しくこの現状をどうするのかが問われているのです。親も子も元気で、見送れたらいいのですから、如何に健康でいられるかは大きな問題だと思います。

 どうしたら元気でいられるかは、「芯体操」の課題でもあると痛感します。

津田美智子の芯体操  URL http://www.shintaisou.jo/
posted by 津田 美智子 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月31日

 葉加瀬太郎さんのコンサート


 暮れも押し迫った12月28日、葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきました!以前から興味を持っていたのですが、なかなか行く機会がなくやっと念願が叶いました。ヴァイオリニストとしては、かなりの知名度ですが、テレビの色々な番組に出演されていても、本格的な演奏は聞いたことがなかったのでとても楽しみにしていました。

 直ぐに満席になるのですが知人に頼んで、前から10列目のど真ん中を取っていただきました。ソロのヴァイオリン奏者で全国のコンサートが満席と言いますのでかなりの人気者です。「情熱大陸」と言えば、みなさん聞いたことがあると思います。初めて生のこの曲が聴けると、とても楽しみにしていました。

 初めは、静かな始まりであり、みなさんの反応もまずまずといったところです。オーケストラがあるわけではないので、観客も静かです。8名の仲間がそれぞれの楽器を使いながら、ヴァイオリンとコラボし、少しずつ曲想が変わっていきます。それまでは、どれを聴いても年末までのお教室レッスンをやっと終えてホッとしたのか、睡魔に襲われてしまいます。

 演出のせいなのか少しずつ、寝てられないよと身体が反応してきます。中ほどで、2歳用からのと大人までの4,5台のヴァイオリンが並べられ、会場から葉加瀬さんと一緒にヴァイオリンを弾きたいという人、ただしヴァイオリンは初めてという方を1人選び、ヴァイオリンの持ちかたから葉加瀬さんが手取り足取り丁寧に教えられます。

 その初めての方は、非常に覚えが早くちゃんと音が出ました。そこで伴奏だけしてもらって、葉加瀬さんが「情熱大陸」を見事に弾くという、そこからが伴奏に乗って、素晴らしい曲の始まりです。そこに8名の各楽器が入りながら見事に盛り上がりました!この演出はとても雰囲気をドラマ化していました。

 ランニングしながら、ヴァイオリンを弾いて増々、観客は盛り上がります。次は、観客を惹き込んで、カラフルな洋扇子を手に手に振りながらからだを動かしての大盛り上がり!クラシカルな雰囲気と思っていましたが、度肝を抜く演出です。

 そんなわけでヴァイオリンの腕前の凄さと共に、もう大晦日のカウントダウンしたような気分でしたよ!何たる年末の幕引きでしょう!良かった!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月20日

映画 「ボヘミアン・ラプソディ」


 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去った、フレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマです。「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめ、数々の名曲は、当時「クイーン」の曲を好きでよく聴いていたので、とても懐かしい思いに胸がときめきました。

 「クイーン」の現メンバーである、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが、音楽総指揮を手がけ劇中の楽曲には、主にフレディ自身の歌声を使用しています。亡くなる前に出演した、20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現しています。

 私は、フレディの顔をはっきり覚えていなかったので、映画を観ていますと、どこからどこまでが、本人なのか分からなくなってしまいました。俳優のラミ・マレックがフレディを熱演しているのですが、あまりにも似ているため、本人の映像であると思い込むほどに惹き込まれてしまいました。

 現代の技術があることも、フレディ亡き後、3人のメンバーが「クイーン」の活動をしているために、このようなドラマを再現できたのですね。特に「ライブエイド」での「クイーン」による20分あまりの舞台は、当時、数々の有名アーティスト出演の中でもひときわ盛り上がっていたそうです。

 現実に、その舞台の盛り上がりは最高潮に達していました。遠景は実際の映像でありズームアップすると、ラミ・マレックであるというすごさ!にも興奮!しかしフレディの栄光の陰には、色々な流れ、別れなどが交錯し、悲しみも感じます。生れる楽曲の凄さは、そのまま全てを物語っていました。

 こんな作品に出会えて幸せです。フレディは日本をこよなく愛していたそうです。世界中から日本を訪れる人々が増えている中、当時、純粋に日本の良さを理解し、愛していた人間がいたことを知ります。私たちがいかにぶれないで日本の良さを大切にしなければならないかを教えてくれます。

 フレディの生きた時代は、エイズや性同一性障害などは理解されていませんでした。それでも彼は、強く生き、早く亡くなりましたが、多くのメッセージを残したのです。

posted by 津田 美智子 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月12日

煩悩がなければ耐えることはない

  
 愛読書PHPには毎号、ダウン症児の書家、金澤翔子さんの≪魂の筆跡≫というページがあります。毎号違う作品に、お母さまの金澤泰子さんの文章が載っています。二人三脚で歩んでこられましたが、2015年、30歳のときに一人住まいされています。5歳でお母さまに師事し、2005年に初個展を開催してから全国さらに世界に発信し続けておられます。

 お母さまのもとを離れるときの、翔子さんと母の映像が放映されたことがありますが、母の思いは如何ばかりなのか、その葛藤が心に響きました。しかし、驚いたことに、翔子さんは、不思議なほどありのままに、生きています。

 その事実が、今回の≪魂の筆跡≫で伺い知ることができたように思います。
【忍耐】という書は、なんとも力強く確固たる信念を感じます。しかし、母、泰子さんの原稿は翔子さん像を覆す(くつがえす)ものでした。

「知的障害の翔子は、親友も無く、仕事も無く、一人の部屋で二十四時間をどのように律しているのだろう。さぞかし孤独に耐えているだろう。
 翔子の一生は耐えることが多いと思っていたけれど、いえいえ翔子はちっとも忍耐などしていません。何にも耐えてはいないのです。」

 『うーん、どういうことなのか・・・』

 「翔子は、目標を持ったり、観念が強かったり、誓いを立てたりするから耐えなければならないので、翔子のように将来を思わず、過去も顧みず、すべて受け入れ、損得も分からずに何にも逆らわなければ、つまりは煩悩がなければ耐えることはないのです。

 暑い日は暑さに任せ、寒い日は寒さに喜び、何も自分に課することなく、ただ愛にだけ生きていれば耐えることなど、何もないのです。」

 思えば私のからだはガラス細工、筋肉でのつながりは弱いのです。長い期間、
ひたすら身体と向き合ってきましたら、生きるためにはからだに集中するしかなかったのです。

 翔子さんは「書の世界」、私は「芯体操」で求める世界を追い続けたいです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記