2018年12月12日

煩悩がなければ耐えることはない

  
 愛読書PHPには毎号、ダウン症児の書家、金澤翔子さんの≪魂の筆跡≫というページがあります。毎号違う作品に、お母さまの金澤泰子さんの文章が載っています。二人三脚で歩んでこられましたが、2015年、30歳のときに一人住まいされています。5歳でお母さまに師事し、2005年に初個展を開催してから全国さらに世界に発信し続けておられます。

 お母さまのもとを離れるときの、翔子さんと母の映像が放映されたことがありますが、母の思いは如何ばかりなのか、その葛藤が心に響きました。しかし、驚いたことに、翔子さんは、不思議なほどありのままに、生きています。

 その事実が、今回の≪魂の筆跡≫で伺い知ることができたように思います。
【忍耐】という書は、なんとも力強く確固たる信念を感じます。しかし、母、泰子さんの原稿は翔子さん像を覆す(くつがえす)ものでした。

「知的障害の翔子は、親友も無く、仕事も無く、一人の部屋で二十四時間をどのように律しているのだろう。さぞかし孤独に耐えているだろう。
 翔子の一生は耐えることが多いと思っていたけれど、いえいえ翔子はちっとも忍耐などしていません。何にも耐えてはいないのです。」

 『』うーん、どういうことなのか・・・

 「翔子は、目標を持ったり、観念が強かったり、誓いを立てたりするから耐えなければならないので、翔子のように将来を思わず、過去も顧みず、すべて受け入れ、損得も分からずに何にも逆らわなければ、つまりは煩悩がなければ耐えることはないのです。

 暑い日は暑さに任せ、寒い日は寒さに喜び、何も自分に課することなく、ただ愛にだけ生きていれば耐えることなど、何もないのです。」

 思えば私のからだはガラス細工、筋肉でのつながりは弱いのです。長い期間、
ひたすら身体と向き合ってきましたら、生きるためにはからだに集中するしかなかったのです。

 翔子さんは「書の世界」、私は「芯体操」で求める世界を追い続けたいです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

 自由なからだを永遠に


 自分が年齢を重ねていくにつれ、周りの方も同じように年を重ねていくわけですよね。するとどうしても、出来ないことが増えていく人々を肌で感じるのです。

 私は殆ど、レッスンを毎日しているわけですが、口で伝えることが多くてしっかり運動はできていないとは思うのですが、それでも昨日出来ていたことが、今日はできないということはありません。

 レッスンに来られている方も、1週間に1、2回の方が多いですが、芯体操をしていない方も含めて、とても柔軟なからだを維持できるわけがないです。毎日すれば効果が出ますが、重力に負けないからだになる為には、どれだけ毎日意識的に過ごしているかがキー・ポイントになります。

 芯体操は、深層の筋肉を動かすことで外の筋肉をゆるめ、強くてしなやかに体幹を鍛えることで、内から湧き上がるエネルギーを生み出す運動です。「骨を引き離す」「筋肉をつなげて使う」「関節をゆるめる」という3本柱で根本的な基本を踏まえて健康なからだをつくります。

 ですから、年齢は関係ないのです。毎日質の良い運動をしていれば、簡単には老化しません。長く芯体操を続けている方も、深くそこまで考えれば家で行なっている運動量はまだまだ足らないのです。

 しかも、もっと繊細に動かしてほしいと思います。出来ないことを出来るようになるまで意識的に実行してほしいのです。今、面倒に思えば先に出来るとは思えません。そうでなくても、今迄生きてきた中で、からだを縮める要素はいっぱいあるのではありませんか?

 からだの一部を強く打ったとか、捻挫や骨折をした、手術をしたなど人それぞれに色々な思い当たることがあるでしょう。それが深層筋を縮めて捻じれて固まっているかもしれません。そして一番やっかいなのが、芯を感じない、からだの成り立ちを知らない、自分の悪い癖を客観的には見られないことなど、からだを動かすことの意義を感じていないことなどが、大きな目でみれば自ずと自分のやるべきことが分かってきます。

 からだが硬いから、こけやすくなります。もっともっと、芯体操の奥深い、奇想天外な動きが何のために?誰のために?必要かを考えてみてください。そして誰よりも自由なからだを目指してください!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月20日

切り取った小さな記事を・・・


 引き出しを整理していたら、新聞の切り抜きを発見!随分前の記事ですが、読んでみて、思わずクスリっと嬉しくなりました。

 =デパートの誘惑=

「若い頃は大好きだったデパート巡りも、90代になってからは、買うものや欲しい物もなくなり、とんとしなくなった。
 ある日、よんどころない用事ができて、デパートに1人ででかけた。久しぶりのデパートは華やかで、自分がお上りさんに思える。
 早々に用事を済ませ、せっかく来たのだから目の保養にと店内を回っていたら、すてきな洋服が目についた。しばらく眺めていると店員に「試着してご覧になりませんか」と言われ、こんなチャンスはめったにないと、試着室に入った。
 着替えて姿見に映った私は、ドレスアップのせいか少々美人に見える。私の心がささやいた。「思い切って買いなさいよ。少々高価だけど、今日まで50年前のブラウスや、もらったセーターなどを着ていたんだもの、奮発したら」
 もう1人の私が今度はささやく。
「買っても着る晴れの場所があるの?残念ながら彼岸が近いのよ。形見に残してもありがたがる子もいないし、宝の持ち腐れになるだけよ」
なるほどね。
 
結局どちらにしたのでしょう。ふふふふ、ご想像におまかせしましょう。」

 98歳の投稿者さんでした。

 引き出しの奥から出てきたので、もう何年か過ぎているかな。だとしたらもう100歳を越えていらっしゃるかもしれない・・・98歳なのにデパートで試着するなんて素敵ですよね!

 私は、思い切って買われたことにしようと思っています。そして、100歳過ぎてもその服を着て、また新しい服を買いにデパートの店内を回っていらしたら・・・と、考えただけで楽しくなりました。

 おかげさまで、レッスンに行けて、帰りに千里阪急、くずはモール、京都高島屋などに寄っては、ファッション、食べ物、ギャラリー、などの刺激を受けています。

からだに寄り添って、いつも楽しい心で生きられるように、みなさまと、
そんな100歳を目指して生きていきたいです!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

 松尾園芸さんとログハウス


 何のことかって?お花屋さんと喫茶店でーす!
毎週火曜日は、亀岡レッスンの日です。亀岡のレッスンは楽しいですけれど、唯一ランチの楽しみがなかって気持ちの切り替えができないままでしたが、今年の5月ぐらいに、人気のお花のお店があることを知りました。

 亀岡から、老いの坂トンネルを抜けたところ、沓掛のあたりにある大きな園芸店です。バラを初め、四季折々の花や、観葉樹など多彩です。何といってもそのお花の中にぴったりのログハウスがお目当ての喫茶。

 喫茶というより自然の中の休憩所みたいな、気取らず、温かみのある雰囲気に疲れも癒されます。お薦めはワッフルのようですが、女性ばかりのスタッフがつくるメニューはどれも美味しそう!イチゴジュースや、キーウイジュースなどは初日に頂いて感激したのですが、今では、ハーブ・チーズトーストと、イチゴソースとハーゲンダッツアイスクリーム乗せのワッフル、紅茶を、毎回お願いします。

 毎週火曜日は、殆ど欠かさずに行きますので、スタッフの方とも顔なじみになり、メニューもしっかり覚えてもらっています。2人でシエアするので、2倍楽しめるわけですが、半年余り通っていても、全く飽きるということがないので、不思議なぐらいです。

 勿論、お花も素敵です。先日は「白雪姫」という白い花がグリーンの葉とマッチしてあまりに美しく、思わず買って帰りました。駐車場もあり、遠方からも来る方が多いのですが、ちょっとした穴場です。

 そんな訳で、千里、亀岡、くずは、はそれぞれ、ランチとお買いものができて、家にいることよりも出かけられる楽しみがあり、ありがたいなと感謝しています。

 亀岡から松尾園芸を経て、丁度洛西のあたりを通るときの並木道の紅葉が素晴らしいです!造形大に通っていた頃、この道で春の桜や秋の紅葉と感激していましたので、とうとう、描きはじめたことがありました。今も家に置いています。

 さらに、その頃には、この亀岡からの帰り道で絵の先生に師事していたこともありました。毎週芯体操のレッスンを終えて、その先生のアトリエに通い夕方まで描き続けていたこともありました。今となっては、懐かしい思い出です。

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

 羽生結弦さん優勝!


 フィギュアスケートGPシリーズ・第3戦フィンランド大会で、五輪2連覇の羽生結弦さんが、世界初の4回転トーループートリプルアクセルの連続技で着氷しました!

 ショート106.69点、フリー190・43点、合計297・12点はどちらもルール改定後の、今季世界最高を記録しての優勝です!結弦さんの演技だけはしっかり見ていましたが、最終グループの6分間練習の時から、その集中力は半端ではなく思いに掛ける姿は、他を圧倒していたように思えました。

 5輪2連覇をすると、普通は、休息をとる人が多いと解説者が言っていましたが、彼は集中を研ぎ澄まし、さらに高みを追い求めて、技に、精神に全力を注いできました。人は集中を欠くと表面に必ず出てくるものですが、彼には異次元にいるような特別な世界を感じます。

 浅田真央さんの時に、休息をとる間、マスコミに取り上げられる機会が多かったのです。復帰について問われると常に、「ヒフティー、ヒフティーで」と言っていました。そして、復帰する決心をした頃には若い選手が次々と現れ、真央さんがあれだけこだわっていたトリプルアクセルを軽々と飛ぶ選手がいて、何か真央さんが時代から遅れてしまったような印象を受けたのを思い出します。

 結弦さんは、偉業を成し遂げたからこそ、余裕を持って新しいことに挑戦できるのかもしれません。そこの精神的なものは計り知れないことかもしれませんが、難しい選択だとつくづく思います。

 自分に置き換えてみると、からだにひどいダメージを受けたけれど、勝手な思いで進むことはできなかったのです。ひたすら自分と向き合う中で、結局選択肢などは無く、運命的なことを感じるしかなかったのかもしれません。

 中休みなんてことは決してありえなかったのです。そういう覚悟がなければ何事も成就しなかったのですから・・・だから結弦さんにはあくまでも突き進んで欲しいのです。それがとても私にとって、励みになります。

 きっとその姿を見て、元気や勇気や、優しさや、幸せをもらう人が多いのではないでしょうか。

 今日は、とても素晴らしい演技を見る事が出来て嬉しく、幸せな時間を過ごすことができました!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月28日

皇后美智子さまの60年

 
 昭和34年、24歳で当時の皇太子さまとご結婚され、早や60年が経ちます。皇太子妃として30年、皇后として30年、平成30年10月に84歳の誕生日を迎えられるとのことですが、日本の平和は、このお二人の国民を思うお気持ちで支えられてきたのではと思います。

 過激な公務を務められ、数々の困難を乗り越えて来られ、多くの制約がある中闘ってこられたことも多かったとお察しいたします。丁度ご結婚当時、国民の多くが、関心を寄せ、ミッチーブームを巻き起こしました。そのせいで同名の私は、近所のおばさまたちに、「ミッチー、ミッチー!」と呼ばれていました。なつかしい小学校時代です。

 先日、書店で何冊もの美智子さまのご本を手にしました。その気品と美しさに惹かれて、2冊買い求めました。多感な少女時代に受けた印象は今の時代に生きる若者たちには理解できないことかもしれませんが、終戦による日本の混乱の中で、この当時の皇室のイメージを変え、私たちに喜びと希望を与えられた存在は大切な宝物のように心を温かくしていただいたように思います。

 来年に天皇、皇后を、皇太子、雅子さまに引き継がれますが、心から安堵され、お幸せに過ごされることを願っています。

 この写真集を見ているだけで、ほのぼのとしたお二人の姿に癒されます。存在だけでも非難する人もいるのでしょうが、生涯通じて、世界中をひとつ残らず回られたそうですが、憎しみや悲しみを失くせるように、純粋な心に打たれた方々も多いことでしょう。私たちはどんな生き方でも自由に選ぶことができますが、運命の定めにより決められた世界で信念を貫くことは大変な努力、忍耐がいります。

 これからを生きる若者たちには、私のように考えることは難しいかもしれませんが、皇室という存在を否定することなく、大きな愛で積み重ねてこられた心が誰にもストレートに伝わって欲しいと感じています。書店に並ぶ多くの書籍の中で、手に取って欲しいなという気持ちでいっぱいです。

 昨夜は、長男が出張で日本に来て我が家に1泊しました。一緒に母のお見舞いに行きました。まつたけご飯を小さなおにぎりにして持っていきました。丁度昼ごはんの時間でしたが、最初にぺろっと美味しそうに食べてくれました。「初物やね!」と喜んでくれましたが、なんと病院のお食事も完食!しまして驚きました。食をそそるというのでしょうか、食事の在り方に触れた思いがしました。

 長男は、数日は日本にいるのに、忙しくて1日限りでしたが、芯体操のゴムを渡し、姿勢を良くするようアドバイス、さて出きるでしょうか!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月21日

 日曜日の朝は徒然(つれづれ)なるままに


 月曜日から土曜日までは、毎日レッスンがあり、朝の流れはほぼ決まっています。8時頃、お祈り、季節のフルーツ何?種類、日によって野菜のスムージー、卵、珈琲の朝食、身支度をして9時30分位に家をでる。

千里の2日間を除いて後は毎日行先が変わります。京滋バイパス宇治西から入るのは変わらないのですが、途中で違うルートになります。

 一番間違えやすいのは、亀岡と千里のルート。月曜日が千里で吹田、大阪方面。火曜日が亀岡ですが、話していると亀岡の日なのに吹田ルートに!名神と縦貫道を間違うとさあ大変!

 ちょっと前にやらかしてしまいました。以前にも失敗して吹田まで行って戻ったこともありますが、今回は新名神高速道が開通していたので高槻〜引き返すことに・・・冷や汗ものです。

 基本的には、くずは、八幡も京滋宇治西から高速に入るのは同じなので、出口を間違えれば、大変です。高速道路のお蔭でどこも昔に比べれば、本当に近くなりありがたいですが、呆けないように気を付けねば・・・・・!

 そんな毎日ですが、日曜日はやはり唯一、自由な朝を迎えます。ゆっくりお風呂に入って、同じメニューでも朝食をゆっくりいただけます。普段はテレビを見ませんが、「日曜美術館」と「地球便」の2本だけ見る事が多いのです。
「地球便」は毎回いろんな国で親と離れて頑張る人に親からお届け物を届けるという番組です。すごく頑張っている人や、これでは心配だなと思われる人などさまざまですが、異国で頑張るのは大変なことですから、応援したくなります。

 今日は、「ロイヤルオークホテル」でランチを楽しみました。1週間ハードなスケジュールが続いた時は、琵琶湖畔のこのホテルに来ることが多いです。お薦めは「ステーキ石山」ですが、今日は和食「吉野(きつの)」でそば定食を!
リーズナブルなお値段で、とっても満足できるお料理でした。

 帰りに母の病院へ。ベッドにいないので聞くとコンサートに行かれていますとのことでえーっ!と驚いたら、病院主催のリハビリセンターの建物での「愛のリラクセーションコンサート2018」というコンサートがあるのだそうです。行ってみると、多くの観客で満員。始まったところで、お琴の音色に一般の方も患者さんもとても楽しんでいました。

 探しても分からないので、こちらも楽しんでいたら、車椅子の母がしんどくなったと連れて来られ病室へ。こんな催しに行けて良かったねととても嬉しかったです。明日からまた、頑張れるかな。徒然なるままに・・・

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

銅板画家入江明日香展


 先週の金曜日、千里のレッスンを終えて、兵庫県立芸術文化センターで行われた『万作萬斎狂言』を観に行きました。狂言を観るのは久しぶりでしたが、野村萬斎さんの姿を観るのを楽しみにしていました。

フィギュアスケートの羽生結弦さんが陰陽師の「SEIMEI」を躍るにあたって、萬斎さんにお会いして振りについてアドバイスをもらっていることが、報道されていましたのでどういう動きをされるのか楽しみにしていました。

「柑子(こうじ)」を父である万作さん、「鈍太郎(どんたろう)」を萬斎さんが演じられましたが、能楽堂のように舞台設営はされていますが、客席が普通の舞台ですから臨場感が足らないせいなのか、伝わるものがなくて期待が裏切られた感でした。

能楽堂では、セリフも朗々と響き、姿も芯があり能・狂言は好きなジャンルでしたが、今回ですっかり、興味が無くなってしまいました。足さばきや、足腰、背筋の伸びの美しさを期待していたのですが・・・

帰り道では、ちょっとストレスになっていましたが、京都高島屋によって、東洋亭のハンバーグを食べとっても美味しくてしっかり立て直しができました!

月曜日に行く予定だった、「入江明日香展」も鑑賞することができました。若手アーティストの中でもトップランナーのひとりとして、人気急上昇中ということでとても興味がありました。

彼女の言葉、「夢は見ないと前進しない。ただ見ているだけでも前進しない。今迄、そして今日でも不思議と夢叶え人が背中を押してくれている気がする。勇気を出して半歩進むと自然に進むべき道が開けて来る。そんな感じでここまで歩んできました。」

彼女は一人っ子で内気な性格だったそうで、私はそうでもなかったのですが、この言葉での流れは、とても共感できるものでした。そして、2004年に多摩美術大学大学院を修了して版画表現のおもしろさからコラージュ作品へと展開しフランスでの滞在でさらに力を付け、新しい世界を広げ続けている稀有な人です。

どうしても、もう一度見たくて、日曜日の今日、朝からまた高島屋に行きました。うーん!やっぱりすごかったです!

帰ってから、母に会いに行きました。持って行ったフルーツ美味しそうに食べてくれました。早く退院できますように!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

 母が苦戦している!


 私の母は、4月に転んで大腿骨骨折で入院してから半年余りが過ぎました。手術、1ヶ月後にリハビリ専門の病院に転院、期限切れで8月末に介護施設に転院と、母にとっては不本意なほど、大変な生活の中、歩行器に頼って移動はできるものの自立にはもう1歩かと悶々としていました。

 そんな矢先、この土曜日に、肺炎で肺に水が溜まっているとのことで、手術をした病院に戻ることになりました。振出しに戻ったようでがっくりときました。昨日、会いに行きましたが、点滴と酸素を送る管を付けたままの姿になっています。

 母は、肌の色もきれいで、気持ちは歩けるようにとがんばっています。医師も水を抜いたので、落ち着いたらまた、リハビリを始めますと言われましたが、筋肉はかなり落ちていますし、医師にも93歳のご高齢なので仕方ないという空気が感じられます。

 本当は、一貫したリハビリをしっかり受けられたら、回復も早やかったと思いますが、姉も私も日夜付き合うことができないので、居場所を転々とし(受け入れ期間に制限がある)ため、変わるごとにまず慣れることから始まり、リハビリのやり方もそれぞれですし、とても、歩けるようにという願いが叶う状態ではないということが分かりました。

 歩けなくなったら、1人に対して必ずサポートする人がいるのだと、痛切に感じます。それこそ老老介護と言われている世の中、そして働かねば生活できない状態であれば、そういった施設の力を借りるしかないのですが、今回の経験から感じたのは、一人ひとりに対応できる施設はなかなかないのだと思いました。

 母が骨折する前に、通っていたデイケアのような場所は通えるという条件が必要であるということ、それによって扱いが変わってくるということを感じました。そこは生活の場がありました。母も体操したり、お手伝いをしたりみんなと普通に会話したり人間的でいられます。

 仕方がないことかもしれませんが、4月からの母の環境は、今まで元気にしていた人が、1日中することも無く、食事を3回ありますが、みんな無言で食べ、後はぼーっと座っているか、ベッドに行くしかないのです。

 歩けること、自分のしたいことがあること、できること、そんな自分で生きるためには、今からしっかり、心とからだを鍛えることが必要なのだと思い至りました。私自身はなったことから言うと、今までの生きて来られたことは奇跡的ですが、みなさんはいくらでも心とからだを変えることができます。できるだけサポートしますから、ぜひがんばって下さいね!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

楽な場所がある

 楽な場所がある
 今日も、朝目覚めると3階の窓を開ける。東の空を見ると眩いばかりの日の光がからだに降り注ぐ。ゆっくりと正座をして神に祈る。私はクリスチャンではないし、特定の宗教は持たないが、小学生の頃から今日まで、自分の心の中の神に祈ることを続けてきた。

 その神は、宇宙を創造する偉大な神であり勝手に、自分を守り続けてくれている創造主であると信じているのだ。不思議にも裏切られることはない。たとえ意に添わないと思う瞬間があっても、必ず自分の考えを変えてみると、ああ、そうだった!やはり一番良い答えを下さったと感謝する。

 だからどんな問題が起ころうと、最終的には導かれている、自分の思うことに答えを頂いたと感謝することができる。私の人生で最大の苦難を感じたからだのアクシデントは、絶体絶命のピンチであったが、悩むより以前に受け入れざるを得なかった未知の世界に遭遇した。

 自分がからだに向き合うことで、一歩前に進めた。ものすごい体験なのに、苦しむことも、耐えることもいやと言う逃げ道は無かったことが、未知の可能性を信じるしかなかったという道を創った。結果、私の体験の積み重ねで「芯体操」が生れた。

 思い返せば、奇跡の連続でここまできた。それは、一言で言うとやはり感謝の気持ちの連続であったのだ。その思いで日々のレッスンをみなさんが、ありのままでいいから、私が越えてきたようにひたすら、「芯」を感じて一歩、一歩歩んで欲しい。

 最近のレッスンは、私の中ではどんどん進化しているのだが、やはり伝えられていないことが多いのを感じるようになった。これでは前に進めない。「踵に立つ」ということは、単に踵の上に立つということではないのだ。いかに、下半身の上に上半身を乗せることが難しいかということに直面している。

 からだの中に、ひもを一本通して、「踵が地球の中心から、頚椎のひもは宇宙から引っ張られている」という言葉は見事に進めていないのだ。どうしても胸椎の(背骨の真ん中あたり)のところでずれてしまって、そこに重力がかかると、上下の引き合いは存在しなくなる。

 「楽な場所がある」冒頭に書いた言葉だ!常に言っているように、神はひとり一人の人間に地球の中心から宇宙まで、すーっと引っ張っているひもを与えて下さる。そのひもは、一本だけである。そのひもをからだに通すと、とても気持ちがいいのだ。

「楽な場所がある」  人間に与えられた唯一の場所に立ってみてほしい。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記