2017年02月25日

 もう3月なんて!


 「コ・ス・パSENRITOよみうり」という名称にも大分慣れてきました。芯体操千里教室も新たに2015年夏から始まり、2年目になります。2面の鏡のついた、広いフロアも最初はものすごい違和感がありましたが、今は、とても居心地の良い空間になっています。

 「住めば都」とは、良く言ったものです。元よみうり文化センターの跡地には、専門店街やマンションなどの工事を着々と建設中です。万博の頃からの街が様変わりしようとしています。全容が見えてきますと、なんだかわくわくしてきます。文化センターが無くなるのを悲しんでいたのが、少しずつ癒され、新しい街が楽しみに・・・

 午後からのマッサージを終えて、メグさんとお茶しに戻ってきました。マッサージの場所が変わりレッスン場から一旦車で外周道路にある建物に移動します。そこは可愛い建物で和室をお借りしています。窓からは桜の木が植えられているのが見えます。今から4月の桜の花が楽しみなお部屋です。

 そんな訳で、マッサージを終えてそのまま帰る日もありますが、大概は千里中央に戻り、お買い物をしたり息抜きをしたりします。さすがにマッサージを終えて直ぐに京都へ名神を飛ばして帰れませんので、今日は、ちょっとアフタヌーンティーを楽しみました。

 お昼がゆっくりできないので、終わった後のお茶が楽しみです。2人で行くとピザ、ケーキ、贅沢なアイスクリームを3種類、注文してポットティーを飲みます。今日は、お昼をスタバで軽く済ませていますので、お腹が空いていましたから、このアフタヌーンティーはとっても美味しかったです!

 嬉しかったのは、ティーの種類が分かったこと!いつもはどこでも茶葉の種類が分かって飲んでいましたが、今日は何も聞いていなかったのです。茶葉のグレードと言われる葉っぱの大きさやより具合、香り、水色などで、これはインドのアッサムだということが、分かったのです。

 これは今日の私の中では5本の指に入る喜びです。帰りの車の中では、5時半頃でもまだ日は明るく、暖かくとても気持ちの良いドライブをしている気分でした!もうすぐ3月ですから、日の経つのが早すぎ!と叫んでいました。
posted by 津田 美智子 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月18日

太った人に人気が?

   
 今日のニュースで、今、太った人を賞賛する声が高まっているといっていました。痩せている人と、太っている人のどちらが良いかと言うアンケートで、70%以上の方が太った人と答えたとか・・・

 太った人が悪い訳ではありませんし、どちらが好ましいかと言うことは勿論決めつける問題ではないと思います。痩せている人と言っても、限度と言うものがありますよね。痩せすぎが良い訳ではありませんものね。

 しかし、太っている人を「明るい」「性格が良い」などと肯定するのも良いですが、健康と言う観点から見れば良いわけないですよね。若いうちは元気だと思っているうちに、なんとかしないと将来が心配です。

見るからに体重のかかった下半身、首、肩の詰まった上半身、国技である「相撲」でさえ、あの不健康な身体に胸を痛めていますが、特殊な世界と割り切ったとしても、一般的な生活をしている我々までもが、その身体を良しとすることではありません。

健康な身体は、筋肉がバランスよく骨を守り、芯(身体の中心)のある身体づくりをして、体重を足や腰にかけない身体で歩き、座れないとダメでしょう。太っていれば、2足歩行の人間は、ひとたまりもなく左右の足にかかる負担が均等ではなくどうしても、片方に体重がかかり、膝や腰にダメージが生じることになります。

マスコミの力は恐ろしいですね!話題づくりばかりで、物の本質を捉えず、無責任なことを助長します。お笑いの世界でも、太った人に大量の食事をさせてみたり、大小のコンビを組んだり、笑いを取るために無理させている場面も多々あります。

レッスンをしていて、人間のなりがちな姿勢と言うものがよく分かります。そのバランスでは、骨も筋肉も繋げないって、筋肉が訴えてくるのです。ひたすら、分からないけれど、分かるようにしていくことなのです。
その過程が好きです!過程があれば閉じこもっていくことも多々ありますが、不思議と雲の上の世界をしっかり感じながら、歩くとぶれないのです。それほど集中すると・・・気がつけば、程よいバランスがとれ、筋肉のついた素敵な身体になっていることでしょう!
posted by 津田 美智子 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月12日

 ムレスナティーお茶会


 今日は、ムレスナティーハウス京都で開かれたお茶会に参加しました「Mr.アンスレム・ペレラ&Mr.デイヴイッドとのお茶会」と、銘うってのムレスナティーハウス18週年記念のイベントをとても楽しみにしていました。

 アンスレム氏は18歳で名門・ブルックボンド社(現リプトン・ブルックボンド)に採用されて以来、世界トップクラスのティーテイスターとして活躍し続け、独立してわずか30年で世界のトップブランドの仲間入りを果たした方で、デイヴィッド氏は、そのスリランカのアンスレム氏の元に通い続け、最高の茶葉を手に入れることができたという方です。

 ムレスナティーを広めるために、ものすごい苦労をし発信し続けているデイヴィッド氏とアンスレム氏にお会いできるという幸運に恵まれ、楽しい時間を持つことができました。

 日本で売られている紅茶には、古い茶葉とブレンドされることもあり良質なものにはなかなか出会えないとのことで、お二人の安定した良質の茶葉しか売らないという情熱が伝わってきます。信じることができるというエネルギーの強さに惹かれます。

 デイヴィッド氏は日本人ですが、スリランカで親しみを込めてつけられた名前を今では使っているとのことです。色々な質問にも答えていただき、分からないことだらけの紅茶道への気持ちを整理することができました。

 今日は、12種類の紅茶を飲ませていただきました。珈琲はとても多くは飲めませんが、不思議と紅茶は、身体にしみ渡ります。身体に良いと言われているせいでしょうか、胃もすっきりする感じです。

 最近は、夕食後に殆ど毎日紅茶を淹れます。今日は、ミルクティーにチャレンジしました。ミルクは、低温殺菌ミルク(ノンホモジナイズド)を使いました。どこにも売っていないので、福岡県の白木牧場というところから、取り寄せました。牛乳中の脂肪球を砕かない製法で作られていますので、高温殺菌の普通に売られている牛乳と違い、味も濃厚でとても美味しいです。

 この特別牛乳を生産している牧場などは、全国で5件あるとのことで、なんと、その1つが京都にあるそうなので、ぜひ行ってみたいと思っています!
posted by 津田 美智子 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月03日

 くずは・八幡教室のおもしろさ!


 毎週、水曜日は、京阪沿線のくずは駅から徒歩5分ぐらいの線路沿いに立つセンチュリーマンションの4番館集会所(6棟あるうちの1つです)のくずは教室です。地元の方もいれば、色々遠くから通っていらっしゃる方も多いです。

 お車の方も、駅前のくずはモール街の駐車場に停めて、帰りにお買い物をしたり、おしゃれな雰囲気で楽しい街です。お部屋は、真ん中に柱が立っていますので、一見狭そうに見えても始まってみれば結構たくさんの人が集っています。

 レッスン後には、私もランチを食べたり、ショッピングなどをしながらゆったり時間を過ごしたりとても楽しみなレッスン場です。

 お教室のあるセンチュリーマンションは私も、長男が生後7カ月ぐらいのときから小学2年生まで住んでいましたのでとても好きな場所です。それに1週間のちょうど真ん中になりますので、エネルギーがいちばん出る頃であり知らない間にレッスンでやりたかったことが湧いてくる貴重な場所でもあります。

 また翌日木曜日は、くずはの直ぐ近く、京阪八幡駅から徒歩2,3分の近くの山柴公民館で行っています。朝の10時ぐらいから三々五々集まって来られます。知らない間に多くの方が集い、熱気に包まれて笑顔いっぱいのレッスンになります。

 水、木曜日続けて来られる方もあり、微妙に変わるレッスン内容に一生懸命取り組んでいますので、すごく効果的で欠席は殆どありません。嬉しい、楽しい2日間です。勿論1週間、毎日のレッスンが各地、個性がありこの2日間を要に、毎日違う場所で(千里だけ2日間)みなさんに会えるのが嬉しいです!

 今日2月2日は、結婚記念日。八幡のレッスンを終え、木幡スタジオまで車を走らせ、マッサージを済ませて、帰宅。それから車で、三条けあげにあるウェスティン都ホテル京都までお食事に・・・

 鉄板焼き「くぬぎ」でコース料理をいただきました。こちらは初めてでしたが、落ち着いた雰囲気でゆっくりと魚・肉料理、やはり分厚い鉄板で焼くと美味しいですね。
 因みに、結婚45周年はサファイア婚と言うそうです。
posted by 津田 美智子 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記