2017年07月02日

アグレッシブな生き方

   
 先日の「奇跡のレッスン」では、陸上部の中学生をジャマイカのコーチが鍛えるというものでした。ジャマイカと言えばウサイン・ボルト、2008年、2012年、2016年のオリンピックで100メートル・200メートルで金メダルを決めているというすごい選手ですが、そのコーチだというからどうなるか楽しみでした!

 前、後編とあったらしく見忘れで、後編でしたが、そのトレーニングの方法は見事でした。「スパイダーマン」という、地面に這いつくばりながら左右の手足のバランスを取りながら前進していく方法や、4人ほどが手をつなぎディフェンスになるのを1人で走りながら抜くという方法など、ゲーム感覚もあり楽しみながらハードであるということが魅力的でした。

 最終日には家族の見守る中、100メートルの記録会が行われました。中には、コーチから「未来のオリンピック選手になれるよ!」と言われた子もいましたが、そんなに簡単に記録が伸びるわけではないことも含めて、気持ちの持ちかたが大きく変わったことが見て取れました。

 彼らに最も欠けていたことを見抜き、精神力を強くすることが必要だったのです。ジャマイカでは貧困の人が多く、生活を豊かにするためにはボルトのようなお手本を目指して、子供たちはみんな走っている。それも、1番になるという強い信念を持って勝つために走っているというのです。平和な日本に欠けているものを彼らは少し授けてもらったように思いました。
「If it is to be」「It is up to me」(成し遂げるのは他でもない)(自分なんだ!)「I can」「I will」(私は できる!)(私は やる!)コーチがみんなに
大きな声で暗誦(あんしょう)させていました。声が小さいよ!

 今日は、藤井四段、30連勝なるか!という将棋の対戦が行われています。こちらも中学生、ものすごい人が出現してきました。今日のお昼ご飯まで、マスコミは追っています。みろく庵というお店で何回か、注文しているそうで、丁度お昼ご飯の時間に、行列ができたそうです。

 同じものを食べて、元気をもらうのかしれませんが、先ほどの「やるのは自分だ!」という言葉を聞かせてあげたいですね。将棋というのがこんなに時間がかかるものというのを初めて知りました。それほど実力が伯仲しているということなのですね。からだには気を付けてがんばってください!
posted by 津田 美智子 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記