2017年10月15日

 「腸」の働きはすごい!


 お腹の大部分を占める「腸」は、小腸6〜7メートル、大腸は、約1、5メートルもの長さがあります。「じゅう毛」という突起に覆われた小腸は、広げると表面積がテニスコート一面分にもなる、巨大な器官だそうです。

 そんな「腸」をお腹の中に抱えているなんて信じられないぐらいですね。重さで足が内転してしまうのも無理ないというものです。しかし、「腸」をおろそかにしていると大変なことになります。

 「腸」は食べ物を消化するだけでなく、老化にかかわる活性酸素を無毒化したり、ビタミンを合成したり、幸せを感じるホルモンの元を作るのも「腸」の仕事です。また、外部から入ってきた細菌やウイルスを撃退するため、多くの免疫細胞も集まっています。

 腸内環境を健やかに整えれば、健康でいられ、若さや精神の安定にもつながります。善玉菌と悪玉菌がありますが、まずは善玉菌を含む、食品を摂ることが必要です。オリゴ菌を多く含む(はちみつ、バナナ、キャベツ、タマネギ、トウモロコシ、牛乳など)、糖アルコールを多く含む(カリフラワー、キノコ類、タマネギ、リンゴなど)、水溶性食物繊維を多く含む(ゴボウ、納豆、アボカド、オクラ、モロヘイヤなど)、ビフィズス菌、乳酸菌、酵母菌などを含む発酵食品を摂ることも必要です。

 ヨーグルト、チーズ、などの乳製品、味噌や醤油、漬物などの日本の伝統的な発酵食品も良いそうです。私も毎年、Sさんの家で作っているお味噌はとても美味しくて、有り難いです、また、冷蔵庫の中で、糠漬けのお漬物をつくっています。きゅうり、茄子、大根、にんじんなどなんでもOKです。冷蔵庫の中では年中、食べられます。忙しくても状態を保てるのでありがたいです。
Hさんのお母様の作られるみずなのお漬物や葉ざんしょうの佃煮など絶品です。

果物は、毎朝欠かしたことがありません、季節の果物を含む7,8種類です。
季節によって微妙に内容が変わっていくのが楽しみです。今なら、バナナ、ぶどう、梨、りんご、オレンジ、キーウィ、メロン、柿など、色とりどりです。

 おかげさまで、「腸」の調子は良いですよ!また、食物はよく噛んで(30回ぐらい)食べてくださいね。「芯体操」とフードどちらもがんばってください。
posted by 津田 美智子 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月08日

ブログって楽しいですね!


 今日は、土曜日木幡教室のレッスン日、今年生まれた桜彩(さあや)ちゃん筆頭に、乳幼児が3人参加し、にぎやかでした!芯体操は、子供達も共に何かを学び成長していく空間で、何がしかの洗礼を受ける場でもあります。

 お母さんに連れられて、何年間かを芯体操のレッスン場で過ごした子供達は小学生になって夏休みなどに顔を見せてくれるとき、しっかりと育っていることに喜びを感じます。無関心だった子や、一生懸命みんなの真似をする子などさまざまでしたが、一様に身体がしっかりしているのです。

 芯体操のレッスン場は、芯を感じようとするみんなの集中力で、エネルギーの満ちた空間を生み出します。それが、子供達にも通じるような気がします。

 さて、午後は大概、マッサージが入っています。今日は、Hさんと、Kさんでした。マッサージが終わる頃ふとHさんが、「私、ブログを始めました!」とおっしゃいました。私のブログは、HP(ホームページ)を業者に依頼して作成し、その中でブログを書きこんでいる訳ですが、最近は誰にでも簡単に開くことができるのですね。

 今、早速開いていくつか読ませていただきました。「芯体操」のこともいくつか書いてもらっています。嬉しいですね!楽しいですね!自分は書いていても反応が直ぐに分からないのですが、生徒さんがいつも見ていて下さるのだということは「楽しみにしています」というお声掛けをしてもらって感じていました。

しかし、こうして反対の立場で読ましていただいていると色々な角度から気持ちが伝わってきて、素晴らしいなと感動しました。「芯体操だより冒頭の文章」「マイベストプロコラム」「芯体操ブログ」「著書の原稿書き」など、忙しい中で書くのは大変で、少々、情熱が足りないと焦っておりましたが、Hさんのブログを読んでとても刺激をもらいました!

自分が行動したり、本を読んだり、「芯体操」という奇跡を生み出したことから、一途な気持ちでのめり込むように突き進んできた時期を思うと、色々な思いが交錯します。頭がちょっと疲れていたような気がします。

Hさんのブログを読んでとても癒されました。ありがとうございます!
posted by 津田 美智子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月01日

充実した時間を持ちましょう!


 9月は、まだ残暑と夏気分でしたのに10月に入ると、11、12月でパーティー、クリスマス、お正月へと、えーっ!という感じで焦りが・・・世界には山奥の原始人的な生活を送っている人々がいて、目薬や、さまざまな症状に対する薬を、植物など自然の中で探し当て代々伝えていることを知りました。

 それを、先進的な医学研究所で調べてもらうと、しっかり的を得ていたという結果が出たそうです。それにも増して興味を持ったのが、その薬を使いながら、治れ治れと呪文を唱えている姿です。

 自分で治すという気持ちが表れています。もうひとつ驚いたのは、暇なとき何をしているかというと、みんなそれぞれに座って何もしないという事・・・そうなんだ!私たちも昔は、何もしない時間があったのだということに気が付きました。

 草原に寝転んで、じっと雲の動きを目で追っていました。刻々といろんな形に変化するさまが面白くて飽きることがなかったです。だから、時間はたっぷりありましたので、今のようにあっという間に時が過ぎなんてことにはならなかったです。子供と大人の違いだけではなく、やはり時代のせいかもしれません。

 明日は、全日空時代の友人が2名、来宅します。久しぶりに「アフタヌーンティー」ミニパーティーにしようかなと思っています。スコーン、パイ、サンドイッチ、チョコレートケーキ(ガトーショコラ・フォンデュ)など用意します。紅茶はどの茶葉を選ぶか、考えるだけで楽しいです。

 忙しい中で、紅茶コーディネーター養成講座を受けて良かったなと思います。右も左も分からないままひたすら勉強した9カ月間、美味しい紅茶を淹れることができ、とても気持ちが豊かになりました。たくさんのカップが毎日語りかけてくれます。

 芯健康セラピストの資格に合格されたみなさんにも、そのチャンスを生かして身も心も広がるように楽しんでほしいなと思っています。それだけ勉強したことはいろんなところで生かせ、自分の世界を広げる事につながります。

 人生あっという間に過ぎるからこそ、充実した時間を持ちたいですね!
posted by 津田 美智子 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記