2018年02月18日

 フィギュアスケート羽生さん金メダル!


 16日ショート、17日フリーが行われ、羽生結弦さんが、金メダルをもたらしました!ショートの日は、千里のレッスンを終え、食事中に刻々と入るニュースにくぎ付けになり、阪急の店員さんと一緒に喜んだりと、本当にやきもきしながらの一日でした。

 また、フリーの土曜日は、木幡教室のレッスン後マッサージが入っていましたので、またライブは見られず、スマホのお蔭で、5名で感激のひとときを共有することができました。刻々と入ってくる状況に、ワクワク、ドキドキしながら、手は動かしていますので、あっという間の楽しい時間になりました。

 事故でけがをし、復帰できるかの不安と闘いながら本当に強い精神力と、彼を支える世界と言ってもいいほどの多くの人の声援に後押しを受け、叶った奇跡のような出来事です。もちろん彼の実力ですが、ひとつでも失敗をしていたら、メダルは違う色になっていたかもしれないという肉薄した力との闘いでもありました。

 世の中が不安をいっぱい感じさせる状況下において、彼の成し遂げた功績は非常に大きな幸せと勇気を多くの人に与えていると感じます。宇野昌磨さんが銀メダルとワンツーフィニッシュで終わり、メダル獲得数も上がり本当に嬉しい出来事でした。

 2人揃ってのインタビューが何度も繰り返されていましたが、気になったのは宇野さんの人間性の欠落のようなものを感じさせられたことでした。ひとりひとりの心はさまざまですし、単純に喜べとは思いませんし、疲れている中、何度も同じ質問に答えさせられるのもかわいそうと思いましたが、最低限の礼儀は、必要ではと感じました。

 特に私たちは羽生さんのオリンピックに対する気持ち、その他の種目の多くの選手たちの心情を思い、精一杯の応援をしたいと思っている時に、自分の気持ちだけを主張している姿に水をかけられたように感じたのは悲しかったです。
幼少の頃からスケート一筋に生きて来られて、他の世界を知らないことも多いでしょうし、その間の苦労もそれぞれだと思いますが、わずか3歳ほどの年の差でありながら羽生さんと宇野さんでは土壌の違いを感じました。「オリンピックには何の感慨も感じなかった。何の意味もない」と言うような言葉は聞きたくなかったですね。
芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月10日

冬期五輪平昌(ピョンチャン)大会始まる!


 複雑な気持ちのまま、開会式が行われました。日本選手団は総勢269人で、海外で開催される冬期大会では史上最多となるそうです。

 開会式の選手入場の後のショータイムは、最新技術を駆使した世界が繰り広げられ映像などもどうなっているのか分からないぐらい、立体的で、圧巻でした。聖火の点灯もあんなに高いところまでどうして点火するのかと思っていましたが、最終ランナーのフィギュアのキムヨナさんに託され、盛り上がりました。

 今日から、さまざまな競技が繰り広げられますが、北朝鮮の思惑にはまらないで信念を持って各人にがんばって欲しいと思いますね。

 ところで、今年がスタートしましたが早や2月です。3月の交流会、6月の公民館フェスティバルなどと考えますと、春にもならないのに夏があっという間に近づきそうで怖いです。昨年はパーティーの為、本当に1年かけた気がします。考えようでは10周年からの5年間が結局は15周年のためであったとも言えるのです。

 一筋の道を歩むということはそういうことであるのかもしれませんね。日々勉強の場を与えられ、あるいは、模索しながらの歩みなのです。これからの、一日一日をどういう気持ちで過ごすのかという答えはまだありませんが、もうすでに何かが始まっているかもしれません。

 考えればオリンピックに参加する選手たちは、何年も何年も目的に向かってひたすら訓練を繰り返しているのです。レスリングで五輪四連覇の偉業を成し遂げた、伊調さんが、アルソックの会社で選手時代は練習を約束されているので何年も仕事をしたことが無かったということ言われていました。

 しかし2020年のオリンピックに出るか分からないがそれまでは、会社員としてきちんと仕事もしたり、人と会ったりで勉強して何でもできるようになりたいと言われていたので感心しました。

 いくらやっても一握りの選手だけが脚光を浴びる世界、時間が取れるなら
少しは知らないことを知るのも大事かもしれない。と言えるのも到達したから言えるのか・・・難しい問題です。
posted by 津田 美智子 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記