2018年04月22日

みんな 頑張っている!


 最近、気になっていた映画『ちはやふる―結び―』を観ました。漫画で人気があるとのことですが、見たことはありません。テレビの番組欄とか、広瀬すずさんがやたら、色々な番組に出演されているなと感じていましたが、すべてこの映画の宣伝だったようです。

 今の役者さんで、高校生ぐらいを演じられる女優さんが不足していて広瀬すずさんぐらいしかいないという文章を読んでから、彼女の演技を見てみたいと思っていました。

 結果は・・・「結び」の前の作品を見ていないせいもあるのか、今の高校生ぐらいの感覚だからなのか、いまいちピンとくるものがありませんでした。しかし、かるたの大会があることも知らなかったのですが、藤井聡太さんによって知った囲碁の世界に通じる熾烈な闘いに挑む高校生の姿に驚きもありました。

 何かに夢中になることで、青春時代に得ることは大きいと思います。昨今は、本を読む若者が少なくなっていると言われますが、漫画であっても人気があるのはやはり、こころ打つものがあるのでしょうし、入り口が何であっても、時代によって媒介が変わっていくのも自然の摂理かもしれません。

 20日の金曜日には、千里のレッスン後、兵庫県立芸術文化センタ―に、モノレ―ル、阪急電車を乗り継いで、『笑う巨塔』という舞台を観に行きました。これは、片岡鶴太郎さんが出演するというだけの理由でチケットを買っていました。

 結果は・・・散々でした!脚本家・演出家・俳優の宅間孝行が、「楽しめる、グッとくる、盛り上がれる!」をモット―に、ライブの楽しさを追求したエンタ―テインメントといううたい文句で企画され、楽しみにしていたのですが、2時間20分の間、ノンストップで繰り広げられたお笑い?は、何の感動もなく終わりました。楽しみにしていた鶴太郎さんも含めて16名ほどの役者さんのドタバタで終わり白けてしまいました。

 それでも、恐らく一生懸命の役者さん達は、夢と希望をもって生きているのかなと考えさせられました。厳しい世界を垣間見た気がしましたが、車を置いて初めてのモノレ―ルや阪急神戸線など、ゆったりとした往復が心地良く、色々な世界を知ることも必要かもと思える1日になりました。

芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月19日

 野菜は生きもの


 先日、インターネット上で見つけた野菜の宅配サービスに申し込み、お試しセットが送られてきました。「有機JAS認証取得」または「栽培期間中農薬・化学肥料不使用」のお野菜です。

 ほうれんそう・コマツナ・葉つき玉ねぎ・ハタケシメジ(株ごと)・にんじん・新じゃがいもが、小さな箱に可愛く並べられていました。葉つき玉ねぎは成長途中のもので小さくて、青ねぎのような葉がついています。ハタケシメジは普段食べているシメジとは違って、勢いがあってとてもきれいな食欲をそそるシメジでした。

 また、ほうれんそうはアクが少なく、あっさりしています。なるべく農薬や化学肥料、不使用などを選んできたつもりですが、今回はしっかり守られている農家さんと契約されているので安心です。驚いたことのひとつに、お味ですが、いつも食べているより薄味でした。

 いつもは、ほうれんそうでも、茎のところが大好きで赤くなったところがより甘く美味しいと思ってきましたが、このお野菜は多分、旬のものとして自然に育てられているので、逆にあっさりしているのかもしれません。1年中なんでも食べられ、品質改良などによりどんどん味が濃くなり、野菜本来の味を忘れてしまっているのではないかと思えるほど、どれもいつもの味と違っているように感じました。

 どのお野菜も生き生きとして定期宅配にするのか思案中です。良いのは分かっているのですが、殆ど毎日出かけていますと、お野菜の種類が分からないのでうまく使いきれないことが多いのです。毎日、食べたいものを食べるという習慣がなかなかとれません。その日暮らしな訳でして・・・

 因みに、朝食はフルーツです。毎朝、この季節ならりんご・バナナ・キーウィ・いちご・パイナップル・オレンジなど、いちご以外は殆ど年中食べられるものも多いですが季節のもので、すいかや柿など増えると嬉しいです。

 取りとめのないお話でしたが、フルーツの朝食はおすすめです。あとはヨーグルト、珈琲、パン、チーズ、卵料理など気ままに食しています。
野菜の定期宅配、申し込めば、またお知らせしますね!

芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月12日

 耶馬溪町の土砂崩れ

 
日本三大奇勝として知られ、日本新三景に選定され、名勝に指定されている大分県中津市にある耶馬渓のある町に土砂崩れが起こりました!男性1人の死亡が確認され、安否不明者5人の捜索活動が続けられていますが、二次災害の危険性もあり救出が難航しているとのことです。

生存率が急激に下がるとされるのが、災害発生後72時間とされているそうですが、重い詰まった土砂ですから考えただけでも恐ろしいことです。家が崩壊しただけなら、隙間ができたりして生存ということもあるかもしれませんが・・・とにかく早く見つけてあげてほしいですね。

19歳の巡査が上司の巡査部長を射殺しました。警察学校を出て3カ月足らずだったそうです。毎日、毎日色々なことがあります。1日たりとも事件の起こらない日がないように思います。天災、人災がありますがそれぞれを防ぐ手立てがあるのでしょうか。

耶馬溪の場合は、急傾斜地にある現場集落の一部は、「土砂災害特別警戒区域」に指定されていたそうです。土砂崩れで命に危険が生じる恐れのある地域です。
東日本大震災のときにも、災害を受けた地域が人間の住んではいけない地域であると昔から決められていたということを書物で読んだことがありました。

 その時にも、人口が増え遠い昔に災害を受けていたことも忘れられ、開発が進む間に次々に知らない人々が住んでしまっているのだろうと戦慄を覚えたことを思いだしました。耶馬渓の場合でも見慣れた山が崩れるということを誰も
考えもしなかったことでしょう。

 そして、私たちも常に、何が起こるか分からないことを認識しておく必要があるのではないでしょうか。長い歴史の中で、やはり、今住んでいる土地がどういう状態であるかということを考えておくべきかもしれませんね。

狭い日本で私たちはひしめき合って生きています。人災は、ある程度は、自立することが大切ですね。自分で働き、自分で生活できるように、厳しくとも
ちゃんと意見を言ってくれる人をもつこと、スマホで時間を使う暇があったら本を読むようにするとよいです。そうすることで、ちょっとしたことでキレる人にならないように、そして人間の良いところを伸ばし、悪い癖を取ることも必要です。天災・人災それぞれ出来ることから考えていかねばなりませんね。

芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

 思いがけないお花見


 早咲きの桜は、昨日は千里への道すがら、万博公園の「太陽の塔」を過ぎたあたりから満喫することができました。岡本太郎氏のこの作品は、1970年の日本万博で制作されました。以来48年間、多くの人を楽しませ、年を経るほどに強烈なメッセージを送り続けています。

 私にとって、勿論万博も見に行っているのですが、その後、1977年に創立されたよみうり文化センタ―の講師を務めることになりました。そして、千里中央とのお付き合いが始まってから現在に至るまでの長い歴史を、感慨をもって思いだすのです。

 四季を通じて、「太陽の塔」は、色々な表情を見せてくれます。車で通る瞬間に見えるのですからすごいインパクトがあります。岡本太郎氏の作品は、原色と激しい筆触に特徴があり、前衛芸術ともいわれていますが、真っ青な空と「太陽の塔」の対比は正(まさ)しく言い得ています。そこに桜ですから、言わずもがなです。

今日は、亀岡レッスンの日。縦貫道は、色々な山の間を切り開いて開通していますので、名神高速道に比べて、風光明媚です。走りながら、山のピンク色のグラデ―ションを楽しむことができます。篠(しの)でインタ―を下りてからは、少し山手の住宅街を通りますが、桜の木のあるお家が多く、スタジオに着くまで楽しめます。

レッスンの前に、「意泉院」のご住職であられますHさんから、「お寺の桜が満開だから見に来られませんか。」というお誘いを頂きました!今週は珍しく予定が入っていませんので嬉しくって、レッスンがあっという間に終わりました。お弁当を買って着くなり、大きな満開の桜の木が何本も植わっていて圧巻です。お寺の建物の後ろが山になっていて、見上げるような風情です。

 ここは竹林であった(竹林も左手に見えます)所を1000本の竹を切り取って、桜やもみじ、さまざまな木や花を自分で植えたとおっしゃって驚きました。十数年の結果、この楽園のような世界が生れたのですね!風に舞う花びらが、陽光に輝いて蝶が舞うようです。桜の木が高いので舞う空間が広くて別世界です。鶯が我が家に来るのと違って、ものすごい美声で鳴きます。

 素敵な絵を切り取ったような、大切な時間をいただきました。感謝です!
posted by 津田 美智子 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記