2018年05月30日

日大アメフトの問題


 29日、関東学生アメリカンフットボール連盟が、臨時理事会を開き処分が発表されました。結果は、日大前監督・コーチを除名、タックルをした選手及びチームに対しては今年度のシーズン終了まで公式試合出場資格停止の処分を科しました。

 日大の対応の悪さから、選手一人での記者会見、監督・コーチの歯切れの悪い記者会見と、一日に少しずつの歩みにヤキモキしていただけに、関東学連の的を射た回答にほっと胸をなで下ろした気持ちでした!

 また、チームの選手たちの連日の会議を開くさまなどが放映されていましたが、自分たちが言われるままに行動していたことの反省と共に反則を犯した経緯にも言及し、許されるなら当事者である選手のためにも、チーム一丸となって、チームを改革するという決意を表明しました。

 追い込まれた選手が記者会見で語った勇気が、監督たちのうその否認でつぶされることだけは無いようにと願っていました。しかし、色々な事件の冤罪を晴らすことなく亡くなった方もいたのかと、改めて事の重大さを感じました。この経緯がなくては悲劇になっていたかもしれないですね。関東学連は、詳細に事実を把握し、日大の膿を出すことができました。

 北朝鮮の核問題や日本の政界の小競り合いに辟易としていたこの時世に、人間の尊厳を少しは回復できるのかという希望を与えてくれたように思います。
とにかく一人ひとりの自覚により、大筋の善悪の判断だけは持てるよう、生きていきたいものです。

 童話も非常に様変わりしていますね。考え方はそれぞれ違うということを重んじすぎて、創られたりしますが、「うさぎとかめ」のようにさぼれば結果はでないよ。コツコツ努力すれば成功する、欲張ったらしっぺ返しがくる的な、根本の道義があってこその、応用だと思うのですが・・・

 5月もあと1日、梅雨入りもしたとか・・・1年の半分があっという間です。
1日を精一杯、世のため、人のため、ちょっと自分のために・・・がんばれたらよいのですが・・・

 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月24日

 「羽生結弦展」と「西本願寺飛雲閣」


 「与勇輝展」のことは書きましたが、5月の私のハイライトの後二つをご報告します!5月9日〜5月21日まで京都高島屋で開催された「羽生結弦展」はものすごい反響で始まりました。直ぐにでも見に行きたかったのですが、駐車場も会場も行列ができたとの情報が入り、忙しかったのもあり、やっと17日に行ってきました。

 羽生選手は五輪のフィギュアスケート男子で、2014年ソチ大会に続き、2018年平昌大会でも、金メダルを獲得しました。読売新聞では、ジュニア時代から五輪連覇という偉業を達成するまでの活躍を報じてこられましたが、その中から、選りすぐった写真をまとめたのが今回の展覧会です。

 何回ものアクシデントを乗り越えて勝ち取った今年の五輪では本当にすばらしい演技を見せてくれました。いくつもの試練にも不屈の精神で闘い続けた姿は本当に、全世界の人々に勇気と希望を与え続けました。今回の五輪で最終フリーの演技を終えた時に彼は、「勝ったー、勝ったー」と叫んでいるのが見えました。結果が出ていない時にそう言ったということは、人に対してではなく、自分に勝ったという喜びだということをその時、感じました。

 4歳でスケートを始めた時から、その頑張りは目覚ましいものがあり写真のお蔭で、その軌跡を辿ることができとても満足できたひとときでした。

 そして20日の日曜日には、西本願寺の飛雲閣修復現場特別公開に参加してきました。国宝に指定され、めったに見る事が出来ないのですが、今は修復工事が行なわれていて、申し込みをして、抽選に当たったのです!かなりの応募があり、狭き門だったようでラッキーでした。

 それにしても、屋根の修理が目的だそうですが、殆ど柱だけの状態で、屋根の修理箇所の、整然と並べられたあまりにも美しい木の組み方が印象的でした。広い境内や、阿弥陀さまの前にじっと集中している多くの方がいらしてもこの広い空間は、それぞれが自分の世界に浸れる時間と世界を与えてくれます。

 久しぶりのお寺でしたが、どこまでも青い空に甍(いらか)が映えて、このまま永遠のときを感じるだけで幸せいっぱいになることができたのです。
 みなさまに感謝しています。

芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月15日

 レオニダス千里中央店

 
 最近は、チョコレ―トにはまっております!元々、よみうり文化センタ―1Fにあった店なのですが、その頃はあまり寄ったことがなかったのです。今や大開発中の千里中央、モノレ―ルの駅から直ぐのSENRITOよみうりの大きなビルの2Fの奥に移転しました。

 阪急百貨店が今までのセルシ―を含めて大開発を計画しているそうなので、あちらこちらで店舗も閉めているところも多く、まだ先行きは見えない状態です。しかし、なかなかランチの気に入った店もない状態の中、異彩を放っているのがこのベルギ―チョコレ―トの店「レオニダス」の存在です。

 月・金曜日のレッスンで月に8回、「コ・ス・パ」に通っているわけですが、
月に3〜4回は寄っているかもしれません。楽しみは何と言ってもソフトクリ―ムなのです!

 季節限定の種類も楽しみにしています。抹茶であったり、フル―ツであったりチョコレ―トとのミックスを注文しますと、ミニとレギュラ―がありますが、ミニでも大満足です!濃厚なチョコとコラボしている色々な風味が抜群です。

 これを食べると、普通のソフトと全然違うので、他のお教室のレッスンを終えた時には、「あ−っ!レオニダスのソフト食べたいね!」なんてことに度々
なります。そして、あくまでも9人ぐらいのカウンタ―席ですが、近くのスタ―バックスのお店などは満席のことが多いので、ちょっとした穴場になっています。

 
 いわゆる、チョコレ―ト販売店なので、チョコレ―トのソフトや飲み物を楽しめるなんて知らない人も多いのです。なんと、紅茶をサ―ビスしてくれます!アイスでもホットでもチョイスできます。今日は、「オランジェット」を(細切りにしたオレンジの皮を砂糖漬けにしてビタ―チョコレ―トを、コ―ティングしたものです)買って帰ろうと思っていましたので、4人でつまみ食いしながらお紅茶をおかわりまでして下さり、楽しい日となりました

 感謝です!

  お問い合わせ http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

人形作家 「与 勇輝(あたえ・ゆうき)」展


 京都高島屋(4月25日(水)〜5月7日(月))で開催中です。私が与氏の人形を間近で見たのは、1994年、同じ高島屋での人形展でした。

その頃は、1996年に身体のアクシデントに出会う2年ぐらい前になります。私の身体は左足から引っ張られ、それに負けないようにお腹と胸を必死に引き上げ、脊柱は最高に伸びている状態でした。まるで、重力の無い、浮き上がるような身体で生きていましたので、与氏の人形は心の中に響きました。

 その時のテーマは、「妖精の森」。それは倉本聰氏作「ニングル」に出てくる主人公チュチュ等身大(森の民ニングルは300年の生命を持つかわりに背丈は15センチぐらいしかないのです)を与氏が創られていたのでした。その人形を見て生命を感じた倉本氏は、北海道富良野の自然の中に人形を立たせて撮影し次々と創られる与氏の人形によって「フォトストーリー」が完成しました。

 沢の精との出会い、別れ、悲しみの中のチュチュの表情や、永遠の眠りにつく沢の精など、24年経つ今も胸を打つ作品です。その本には「こぶし」「カラ−」「さざなみ」という作品が載っているのですが、その頃の心と身体を思い出す私にとってとても貴重な人形です。

 創作人形をつくり始めて50年が過ぎた今、80歳でも人形をつくり続けていらっしゃることに改めて感動を頂き、またよりリアルで、よりピュアな、惹き込まれるような魅力が増しているように感じました。

 そして、一番のすごいところは、みごとな立位の姿です。足に重りを付けている訳ではなく、つっかえ棒が付いている訳でもないのに、どのようなしぐさをしていてもきちんとバランスが取れていますので、自然な身体を見せてくれます。昭和の頃、戦争後の子供達でしょうか。日本人形には無い、表情や肢体の豊かさに驚きます。

 今、手元に5冊の本があります。同じ人形も何度も載っているのですが、それぞれの時代に応じた編集が成されていて、どの1冊を手にしても、懐かしいような感慨にふけることができます。

 私も与氏のように、いつまでも純粋な魂を持ち続けながら、芯体操と向き合っていきたいと改めて感じ、幸せを頂いた空間でした。
posted by 津田 美智子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記