2018年11月15日

 松尾園芸さんとログハウス


 何のことかって?お花屋さんと喫茶店でーす!
毎週火曜日は、亀岡レッスンの日です。亀岡のレッスンは楽しいですけれど、唯一ランチの楽しみがなかって気持ちの切り替えができないままでしたが、今年の5月ぐらいに、人気のお花のお店があることを知りました。

 亀岡から、老いの坂トンネルを抜けたところ、沓掛のあたりにある大きな園芸店です。バラを初め、四季折々の花や、観葉樹など多彩です。何といってもそのお花の中にぴったりのログハウスがお目当ての喫茶。

 喫茶というより自然の中の休憩所みたいな、気取らず、温かみのある雰囲気に疲れも癒されます。お薦めはワッフルのようですが、女性ばかりのスタッフがつくるメニューはどれも美味しそう!イチゴジュースや、キーウイジュースなどは初日に頂いて感激したのですが、今では、ハーブ・チーズトーストと、イチゴソースとハーゲンダッツアイスクリーム乗せのワッフル、紅茶を、毎回お願いします。

 毎週火曜日は、殆ど欠かさずに行きますので、スタッフの方とも顔なじみになり、メニューもしっかり覚えてもらっています。2人でシエアするので、2倍楽しめるわけですが、半年余り通っていても、全く飽きるということがないので、不思議なぐらいです。

 勿論、お花も素敵です。先日は「白雪姫」という白い花がグリーンの葉とマッチしてあまりに美しく、思わず買って帰りました。駐車場もあり、遠方からも来る方が多いのですが、ちょっとした穴場です。

 そんな訳で、千里、亀岡、くずは、はそれぞれ、ランチとお買いものができて、家にいることよりも出かけられる楽しみがあり、ありがたいなと感謝しています。

 亀岡から松尾園芸を経て、丁度洛西のあたりを通るときの並木道の紅葉が素晴らしいです!造形大に通っていた頃、この道で春の桜や秋の紅葉と感激していましたので、とうとう、描きはじめたことがありました。今も家に置いています。

 さらに、その頃には、この亀岡からの帰り道で絵の先生に師事していたこともありました。毎週芯体操のレッスンを終えて、その先生のアトリエに通い夕方まで描き続けていたこともありました。今となっては、懐かしい思い出です。

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

 羽生結弦さん優勝!


 フィギュアスケートGPシリーズ・第3戦フィンランド大会で、五輪2連覇の羽生結弦さんが、世界初の4回転トーループートリプルアクセルの連続技で着氷しました!

 ショート106.69点、フリー190・43点、合計297・12点はどちらもルール改定後の、今季世界最高を記録しての優勝です!結弦さんの演技だけはしっかり見ていましたが、最終グループの6分間練習の時から、その集中力は半端ではなく思いに掛ける姿は、他を圧倒していたように思えました。

 5輪2連覇をすると、普通は、休息をとる人が多いと解説者が言っていましたが、彼は集中を研ぎ澄まし、さらに高みを追い求めて、技に、精神に全力を注いできました。人は集中を欠くと表面に必ず出てくるものですが、彼には異次元にいるような特別な世界を感じます。

 浅田真央さんの時に、休息をとる間、マスコミに取り上げられる機会が多かったのです。復帰について問われると常に、「ヒフティー、ヒフティーで」と言っていました。そして、復帰する決心をした頃には若い選手が次々と現れ、真央さんがあれだけこだわっていたトリプルアクセルを軽々と飛ぶ選手がいて、何か真央さんが時代から遅れてしまったような印象を受けたのを思い出します。

 結弦さんは、偉業を成し遂げたからこそ、余裕を持って新しいことに挑戦できるのかもしれません。そこの精神的なものは計り知れないことかもしれませんが、難しい選択だとつくづく思います。

 自分に置き換えてみると、からだにひどいダメージを受けたけれど、勝手な思いで進むことはできなかったのです。ひたすら自分と向き合う中で、結局選択肢などは無く、運命的なことを感じるしかなかったのかもしれません。

 中休みなんてことは決してありえなかったのです。そういう覚悟がなければ何事も成就しなかったのですから・・・だから結弦さんにはあくまでも突き進んで欲しいのです。それがとても私にとって、励みになります。

 きっとその姿を見て、元気や勇気や、優しさや、幸せをもらう人が多いのではないでしょうか。

 今日は、とても素晴らしい演技を見る事が出来て嬉しく、幸せな時間を過ごすことができました!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記