2019年01月10日

 母と過ごしたお正月


 母は昨年の4月末に骨折後、入院した病院から、リハビリの為に介護老人保健施設で家庭での生活に戻れるようがんばっていました。しかし、肺炎を患い、安静が1ヶ月にも及び、車椅子を使うようになりました。その状態では、姉の家に帰ることは出来なくなり、悶々としながらとうとう年末を迎えることになったのです。

 どの程度生活出来るのか、お正月には取り敢えず炭山の姉の家に帰してあげることにました。私は、なんとか生活できないかといっぱいの期待を抱き、年末は、各お教室のレッスンをがんばりながらとても楽しみにしていました。

 「老健」には、毎日曜必ず、母の好きなお菓子やフルーツを持って会いに行っていました。「帰りたい」という言葉に胸を痛めながら、もっと通ってマッサージもしてあげたいと思っていましたが、ベッドでは無理な姿勢になるので私の方がギブアップしているありさまでした。

 母の身を自分に置き換えると、気持ちが分かるだけに可哀そうでとても辛い思いをしました。その時に歩けなくなったらお終いだと痛切に感じたのです。
私たちは、芯体操で死ぬまで自分で生活できるようにならなければと強く思いました。「老健」では、3ヶ月というリハビリ期間が決まっていて、それ以上はリハビリをせず、車椅子とベッドでの生活、3度の食事に車椅子に乗って食堂へ行くだけの生活です。

 とにかくお正月には一度出してあげたいという強い気持ちで、12月30日に迎えに行き、無事に炭山の生活が始まりました。母も嬉しそうでほっとしました。一緒に年越しそばを食べ、紅白歌合戦を見たりして母が寝る頃に自宅に帰り、元旦は、朝に車を走らせ一緒にお雑煮を祝いました。

 こうして、1月6日まで色々と母の様子を感じながら行けるときはなるべく側に居たいと思いつつ、レッスンが始まって、なかなかで思う様にできませんでしたが、とても貴重な時間をいただきました。

 結果、ひとまず「老健」に行くことになりましたが、車椅子生活になってしまったことで、再び家に戻ることができるのか、振出しに戻ったような状況です。今回のことで、本当に介護の問題が大変であることに直面することとなり、戸惑いと、母を幸せにしてあげたい気持ちが交錯している毎日であります。

URL 津田美智子の芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記