2019年02月26日

≪海ノ向こうコーヒー≫ 

  
 毎月2回だけ購入しているお野菜のお話をしましたが、お野菜と一緒に送られてくる「坂ノ途中だより」に「海ノ向こうコーヒー」のイベントお知らせが載っていました。「珈琲焙煎所旅の音」の代表・北辺さんと、坂ノ途中「海ノ向こうコーヒー」の産地担当・安田さんがミャンマー渡航報告会&試飲会を行なうということでした。

 珈琲の焙煎が見られるのかなとか、様子が分からないままに参加することに!お二人は1月22日から1週間ミャンマーのシャン州ユアンガン地域を訪れたそうです。昨年までは農家さんが収穫したコーヒー果実を1カ所に集めて精製を行なっていたそうですが、今年は、有志の農家さんに果実の収穫だけでなく生豆ができるまでの精製もお任せする取り組みを行なっており、誰がつくったコーヒーなのかが分かる「マイクロロット」のコーヒーづくりを頑張っておられます。

 この取り組みを、「Farmers‘Prideプロジェクトinミャンマー」と名付け、第一弾となるイベントを開かれるということなのです。何気なく目にした小さな文字で書かれた記事に反応して導かれた偶然ですが、若い方々のこうした取り組みに触れることができ、本当に嬉しい出来事でした。

 ミャンマーでの農家さんの一人ひとりに出会うことで、現地の方々の大切に育てて収穫、精製の過程、情熱が映像を通して感じることができました。そして紅茶の勉強で行なったテイスティングをコーヒーでも行なっていることに当然と言えばそうなのですが、まさか体験できるとは思っていなかったのでとてもエキサイティングな時間でした。

映像に出てきた農家さんの、陽気な方々、代表的な3名の方々それぞれの自信を持ってつくられた豆は、地域も違えば気候や、土地の高度によって味も香りも違いますし、何といっても、今までに味わったことのない豆は、フルーティーで濃厚な味わいでした。糖度30越えの「マイクロロット」は、5月にリリースされるそうです!是非、取り寄せたいと楽しみにしています。

野菜といい、コーヒー豆といい、今まで知らなかった世界、それも、今この時代に小さな取り組みが、足跡を残しながら、新たな旅立ちをコツコツと歩み続けていってほしい、そんな存在を知ることで、消費者としての立場ではあるけれど、応援していきたいと思う今日この頃です。

URL http://shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月23日

アフタヌーンティーを楽しむ!


 今日は、千里コ・ス・パのレッスンを終えて、映画「メリー・ポピンズ」を見るはずが、予定の時間が昨日までだったことが、判明!がっかり、ショックで、もやもや!突然の発想の転換で、アフタヌーンティーを楽しむことになりました。

 目指すは、昨年から始まったという、ハイアットリージェンシー京都1階のTHE GRILL(ザグリル)のアフタヌーンティーです。私の車に3人乗りこみ、2017年に15周年記念パーティーを開いたホテルまでウキウキドライブです。

 最近の京都は、観光客だらけで、休日などはなかなか当日に思い立っても行けなかったりしますが、今日はお昼に電話したのですがOKでした。京都七条、三十三間堂や、博物館など、由緒ある場所に佇むホテルで、正面に緑の木々がさわやかに迎えてくれます。

 2時半から5時ぐらいまであるので、慌てなくても良かったのですが、早めに着いたので2階のイタリアンのお店(ピザやパスタなどのランチもお勧めです)にあるパンとケーキのショップでパンを買うのも楽しみのひとつです。

 いよいよアフタヌーンティーの始まりです。自宅には3段のスタンドが2つありますが、こちらのスタンドは、びっくりでした!京都の竹細工店「三木竹材店」に特別オーダーした京銘竹を使ったスタンドだったのです。下段にフード、上段にスイーツ、そしてこれは欠かせないスコーンです。ストロベリージャムとクロテッドクリームをつけて、いただきます。

 私はスコーンがなかなかうまく作れないのですが、イギリス風とは違う形と味で、とても美味しかったので、ちょっと作り方を変えてみようかなととても参考になりました。素敵なスイーツの飾りつけは見ているだけでお腹がいっぱいになります。何といっても、紅茶3種、フレーバーティー9種、カフェインレスティー5種、アイスティー4種、ネスプレッソ10種、そして、最後に最中がでて、一保堂本舗の玉露、煎茶、ほうじ茶これらが飲み放題というすごさ!ティーポットに淹れられた紅茶の美味しさは、勉強中の私を充分満足させるものでした!
 税・サ込みで4300円ぐらいですが、最高に癒されました!お薦めです!
URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月17日

「きょうよう」のある幸せ


 昨年の9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されましたが、ご自分の生き方を貫く方で言いたいことをずばっと言葉にされたり、切り口に嫌味がないので、とても存在感がありました。

 『一切なりゆき』という著書の中で、2014年に語られた言葉が載っていました。「最近のわたしは、「きょうよう」があることに感謝しながら生きています」
えっ!「きょうよう」って?
「教養ではなく、今日、用があるということ。神さまが与えてくださった今日用をひとつずつこなすことが日々の幸せだし、最後には、十分に役目を果たした、自分をしっかり使いきったという充足感につながるのではないかしらね。」
全身がんと向き合いながら、自分を使いきって死にたいと考えておられた姿が浮かびます。

 最後の姿を追った番組を見た時も、シンプルに生きることを徹底され、すっきりと整理されていた自宅での姿が印象的でした。そして希林さんの死生観を表わす出来事も書かれていました。

 死をテーマに語る会で、知り合いの娘さんは海外生活が長いのですが、お父さんがいよいよとなった時に家族みんながかけつけました。「パパ!」「起きてよ!」って必死に願うと心電図のモニターの音が消えそうになるとまた波が戻る。みんながほっとするとまた消えかけて、みんなが声を出すと戻るというのを何度も繰り返していました。みんながくたびれた頃、またツーッと消えかけた時に娘さんが、「パパ!生きるのか、死ぬのか。どっちかにして!」って言ったという話に会場中が爆笑になったそうです。

 続きのお話もありました。火葬場でお骨になるのを待っていると、係りの人が報告に来た時、その娘さん、「みなさーん、いまパパが焼き上がりました」って言われたそうです。希林さんは、「面白いわねぇ、世の中って。「老後がどう」「死はどう」って、頭の中でこねくりまわす世界よりもはるかに大きくて、予想外の連続よね。楽しむのではなくて面白がるの。面白がらなきゃ、やっていけないもの、この世の中。」って自分が亡くなる1年前に言っていらっしゃるのです。
  全ては、自然に決められていることであり、今日、用があることに感謝しつつ、精一杯生きることができれば、幸せに思います。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月10日

 お野菜との新たな出会い!


 昨年の9月から旬のお野菜セットの「定期宅配」を始めました。インターネットで知った、「坂ノ途中」というお店です。隔週で月に2回届けられる(色々なコースを選べます)、農薬、化学肥料に頼らずていねいに育てられたお野菜たちです。産地は、種類によって色々な農家さんと契約されているみたいですが、ほぼ12種類ぐらい箱に入って届けられます。

 楽しいのは、毎回、色々な野菜が入っていたりします。また、人参でも、形や色も違っていたり、カラフル人参なんて名前が付いていて興味津々、思わずカリッとほおばるととってもあまい味と香りがします。必ず品名、生産者、そしてコメントには、おすすめの食べ方などを教えてもらえます。

 今迄も、なるべく、無農薬野菜など売っているときは求めたりしていましたが、やはり、厳選されているのか、どれも新鮮で美味しいのですっかりはまっています。特に今まで食べたことのない野菜だったりすると、如何に狭い範囲で限られたものしか食べていなかったかと思い知らされます。

 知ってはいてもわざわざ買わないでいた野菜も多いことを知らされました。つるむらさき、すずかぼちゃ(生で食べられキュウリと同じ感覚でどうぞとのこと)、赤だいこん、バターナッツカボチャ、特大エリンギ(大きい!フライ最高でした)、フルーツかぶ(火を通してとろっとした食感)、ハナビラタケ、大和真菜(京都の畑菜に近い)、紅心だいこん、むらさき白菜、ケール、ヤーコン等々!

 料理法を教えていただけるので迷うことなく新鮮なうちに食べられます。このシステムは、頑張られている農家さんにとっても、消費者にとってもそれを繋いでいただけるのでとても有り難いことです。自給自足が一番安全なことであっても誰もが、できることではありません。多くのご苦労のもとに届く野菜を感謝しつつ大切に頂きたいと思っています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月03日

今日は、恵方巻きを食べましたか?

 
 ロイヤルオークホテルに昼食を食べに行きましたら、恵方巻きの予約をしていましたので聞いてみると、食事中にお作りしますとのことで、注文しました。
3本セット、2200円+税ということでちょっと高いのかなと思っていましたが、近くのスーパーに寄った時、恵方巻きのコーナーがあり、色々な種類がいっぱい並んでいてびっくり!

 お値段を見てまた、びっくり!具が多いのでは、1本750円、980円などとホテル並みなのです。ホテルのお巻きは、近江牛、アナゴと卵焼き、えび、カニなど贅沢な食材でとても、美しい恵方巻きで大満足でした。

 最近は、豆まきよりもこの恵方巻きの方が、人気が高いとか・・・我が家も子供たちが出てから少しずつ、豆まきの風習が下火になっていました。昨年には豆を買って食べるという段階でしたが、とうとう今年は豆も買いそびれてしまいました。

 そもそも、恵方巻きが始まったのは、江戸時代から明治時代にかけて、大阪の花街で節分をお祝いし、商売繁盛を祈ったのが始まりと言われています。七福神に因んで、7種類の具を入れるのが基本だそうです。7つの災難が取り除かれて、7つの幸福を授かるそうです。

 豆まきで家の中を清めた後、福を呼び込むために恵方巻きを食べるのがおすすめとか・・・我が家では、豆まきを省き、今年の恵方、東北東の方角を向いて願い事をしながら、食べきるまでしゃべらないと運が逃げてしまうと言いながらもつい、しゃべったりでまあ無事に終えることができました。(笑)

 子供たちがいる頃は、殆どの行事を体験させてあげようと頑張っていたことをしみじみ思い出しました。わしづかみにしたお豆を「鬼はー外!」「福は-―内!」なんて子供たちが思いっきりばらまきましたので、翌日は部屋中、玄関先まで豆がごろごろ出てきて後始末が大変でしたが、良い思い出です。

 時代は変わりますが、少しでも次代につながっていくこともあればいいなと思います。そうそう、昨年の恵方巻きは、私の手づくりだったことを思い出しました!巻きずしを作るのが、大好きなのです!ところで、恵方巻きが売れ残って大量に廃棄処分する昨年の映像が、数日前にニュースで流れていましたね。胸が痛みました。今年は大丈夫でありますように!

URL  http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記