2019年04月29日

老健での母の生活


 老健、正確には、「介護老人保健施設」を言います。昨年、母が4月に骨折してから、1年が過ぎました。手術、リハビリ病院での状態も順調に回復していましたのに、病院での期限が過ぎても、姉の家では無理とのことで、老健で回復を待つことになりましたが、肺炎で病院に逆戻り。筋肉が落ちまたまた、老健での生活になりました。

 お正月には、姉の家で、8日間様子を見るためもあり、ゆっくりと過ごすことができました。私たちも毎日ほど通いながら、楽しい時間をもつことができましたが、やはり、まだ無理ということで、老健での生活に戻り、現在に至ります。

 最近、一人で歩こうとしてまた転倒したそうです。毎週日曜日は必ず、会いに行きますが、私も、摩ることと少しの運動をしてもらうことしかできなく、どうしても、昼間は起きているようにということで、車椅子に座ったままで、どんどん背中が丸くなってきて、足腰も弱ってきています。

 いつも、フルーツと、おはぎ一つ持っていくと、とても喜んで食べてくれるので、その様子を見るだけでも幸せになれるのですが、介護士さんから、遠回しに、食事カロリーを計算しているのに体重が増えるのは困ると言われてしまいました。

 体重と言われても、筋肉が落ち、私から見れば、すっかり痩せ衰えてしまったと思っているのに、大好きな甘いものも食べられずに何の楽しみがあるのかと可哀そうで涙が出そうになりました。

 糖尿病とかの恐れがあるかもしれませんが、規則に捉われて、母らしい人格が無くなっていくのを見るのはとても辛いことです。勿論、私が一緒に住めてもそこまでの、健康管理が出来るわけではありませんが、だからといって、そんな生活は絶対にしたくない、させたくないと行く度に辛くなります。

 人手が足りない現状、私たちが初めて味わう現状は、行政の遅れや、福祉の考え方が、根本的に足りないことで、不安を感じている人がいっぱいいると思います。うまく言えないのですが、人と人とのかかわりの中で育まれる、思いやりや、愛情が欠落していく世の中に悲しみや不安を感じています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月21日

 OSK[春のおどり]久しぶり!

 
 先日、道頓堀松竹座で開演中の「春のおどり」を観てきました。この舞台でトップを初めて務める桐生麻耶さんがどのように引っ張るのか見当もつかない状態でしたが、これでOSKを存続できるかが問われるという気持ちでした。

 90周年を迎えるOSKの歩みは、波乱万丈とも言える歴史があります。宝塚歌劇団、松竹楽劇部(前進)と並ぶ三大少女歌劇のひとつであり、1922年(大正11年)に松竹楽劇部として創立されたといいます。1971年には、近鉄グループの子会社になり、本拠地は近鉄あやめ池遊園地の円形大劇場になりました。

しかし、70年後半には衰退したといいますが、ちょうど、その舞台を観に行った時に観客は、2組だけ(私たち2名の他、1組)という大変な状況でした。そのとき、私たち数名のために、力の限り頑張る団員の姿に何とも言えない衝撃を受けたのでした。今から思えば、消滅させないという団員達の思いの深さに遭遇したということでしょう。

2003年に一時解散しましたが団員有志による働きかけでなんとか頑張り、2007年に再びOSK日本歌劇団として、活動を継続することになります。その後の歩みも、低迷を続けながらも、踏ん張ったり、桜咲いたかと思えば、散るといった、ハラハラする連続です。

 パワーのあるトップの時期は、こちらも楽しみで、ウキウキしながら舞台を楽しめましたが、そのトップが退団すると、また、おかしくなる・・・応援していた若手の次期トップかと期待していた人が、突然の休止状態、真相は分からずじまいということで、ファンがじりじりしながら待っている様がネット上で伝わってきます。

 今回トップの桐生さんは、前トップを支えている時から、ダンスも素晴らしく個性のある方でしたが、トップになるには何かが足りないというように、つくづく舞台の難しさを感じます。でも団員とのまとまりが良く、みなさん生き生きと楽しそうです。トップが光れば、ダンスも全く違うものになるだろうと思います。でも、私にはあやめ池で受けた、ものすごい衝撃が今もよみがえります。

 やはりOSKを見守っていきたいと、陰ながら応援していきたいと思います。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月11日

 桜満開!心なごむ意泉院


 芯体操亀岡スタジオには、意泉院の御住職、萩原美徳(徳雲)氏が来ておられます。昨年も桜を見せて頂いたのですが、今年も昨日9日にお誘いを頂きました。臨済宗天龍寺派意泉院は、ほとけの里農園といって、生活改善、引きこもりの人たちに手を差し伸べるという働きかけもしておられます。

 9号線を老ノ坂トンネル方面に向かう途中、右手に入り少し上ると大きな桜の木が青空を突くように広がっているのが見えます。静かにたたずむ本堂の前庭から、長く伸びた竹林と、もと竹林の部分を萩原さん(と呼ばせて頂いています)自ら開墾されたという小高い山裾に植えられた桜を初め、もみじ,ヤマブキ、コブシ、ボケの花、水仙、スミレ、タンポポ、つくしに至るまで100種以上はあるかと思えるさまざまな植物などが、陽光、風、オゾンをあびながら自然に調和している様が何とも心地良い空間を生み出している・・・

 声が出ず、1週間休みながら過ごした日々を癒すようにこころに、からだに、澄んだ空気が染みわたります。

 こんな環境であれば、救われる若者たちもいるかもしれない。ここに比べて私たちの住む環境は、日増しに自然を破壊し、生活することを息苦しくしているのではないだろうか、こころとからだの休まるような自由な空間を狭めてばかりいるような気がします。

 「山寺の暮らしを通し、規則正しい生活を学び、社会復帰に向けての基盤づくりをおこなう。みんなで畑を耕し、野菜を育て、料理をして食べるということにより、主体性と創意工夫を学び、相手を思いやる気持ちを育み、こころとからだのバランスを整える。」そんなことも目指しているそうです。

こんな空間にいられるだけでも、幸せだな。きっと疲れた若者たちを、まずは癒してくれる優しさ、厳しさ、自分の存在を受け止めてくれる愛があれば、桜満開、共鳴し合うすべての生けるもののエネルギーを素直に受け入れられる自分を認めることができるかもしれない。

 オオシマザクラとヤマザクラを掛け合わせて、生れたソメイヨシノ、全ての花が自分を生きている。それぞれの役目をもって、自分を生きている。

 素晴らしい時間をありがとうございます。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月04日

 新元号「令和」に!


 この日は千里教室のレッスンでしたが、休んでいたため、丁度発表された瞬間を家で迎えることができました。予定より10分ほど遅れましたので、全国民が11時40分の発表という瞬間、固唾を飲む雰囲気がテレビから映し出され、菅官房長官が姿を現しさらっと発表されました。

 「令和」(れいわ)、「?」、「あー!いいな!」というのが、私の反応でした。テレビからもその瞬間が、同時に放映されます。「わーっ!」「えーっ!」と両論だった気がしますが、その次に、拍手が沸き起こり、一人ひとりの感想は、「すごくいいと思いました!」「嬉しいです!」「ちょっと、びっくりしたけれど慣れると思います」と冷静な感想も好ましく、みんな、待ち焦がれていた気持ちがひしひしと伝わってきました。

 もしも、出かけていて何となく、耳にした人は、きっと色々考えてしまって
批判もあったかもしれませんが、私は偶々(たまたま)発表の瞬間が見られたので、素直に喜べました。「令和」という文字がとても品があって清々しく感じられ幸せな気持ちになれたのです。

 出典が万葉集からであること、日本の古典から選ばれたのは、初めてというのも、嬉しく思いました。5月1日付で、上皇、上皇后となられる、天皇、皇后両陛下に思いを馳せ、全国の人々の純粋に新しい年を待ちわびる心が、共有できたような気がしました。

 災害や、いじめ、虐待など、暗い出来事が蔓延し、若者はどう育っていくのかなど世の中が、濁っていくような思いの中で、テレビに映る若者たちの、「令和!れいわ!」と口々に言い合っている嬉しそうな笑顔が、印象的でした。

 因みに、政府が「元号に関する懇談会」と全閣僚会議などで示した原案が発表されましたが、「久化(きゅうか)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」他など、全6案だったそうですが「令和(れいわ)」最高です!

 「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」新元号は「大化」(645年)以降、248番目となる。「万葉集」の「梅花の歌三十二首の序文にある文言から引用されたとのことです。ああ、色々勉強になりました。ところで、みなさまのご意見は如何ですか?

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記