2019年06月24日

 レッスンか、ブログか?


 先週は金、土曜日と2日続きでレッスンに行けました。するとなんと1週間が早く過ぎることか・・・PCを開く余裕もなく過ごしておりました。休息を頂いたことで、しっかりと自分に向き合いながらの日々は、感じることも多く、徒然なるままに、みなさまに聞いていただきたいと思いながら書きこんでおりました。

 そんな中で、1カ所ずつ久しぶりのお元気な姿に安堵しながら、また生れたてのような自分の身体に向き合ってレッスンしていました。倒れても、倒れても不死鳥(?)のごとく立ち上がって1歩ずつ歩む姿って、本来ならかっこ良い筈が、それどころじゃないですよね。でも、歩けている自分がいることに、やはり、「奇跡の芯体操」だと思えるのも事実です。

 休息している間にも、身体は少しずつ動き、私は、またまた身体の凄さを感じさせられていました。だからといって、今までのことが取り消しなんてことは全くありません。辿ってきた苦難の道は、いつも間違いがないのです。苦難であって苦難でないと言いきれるぐらい、まともな道のりです。

 何故そうなるのかという答えを与えられるからです。だから、増々、みなさんの身体の状態が分かるようになってきたのです。それは,何十年も芯体操を続けて来られた方々にも少しずつ浸透してきているのではないかと思います。

 今日は、自宅で久しぶりに生徒さんとお会いすることができました。やっと、お話ができてとても嬉しかったです。日常生活が少しずつ出来てきた証しですね。お腹の奥の方から、生命エネルギーが湧き上がってくる話は本にも書いていましたが、芯体操式呼吸法を毎日、しっかり続けているうちに身体の中の風船が大きく広がったり小さくなったりと動くようになると身体が熱くなります。

自分の身体の為に、自分は何をしなければならないのか、まずは、要である呼吸法をしっかり出来るように目標を持ってください。お腹をふくらまし吸うときには腸骨を広げて押し下げるように、吐くときには、肋骨をしっかり締めることなど、私はこの呼吸法のお蔭で、生きているのかもしれません。

 「われわれの存在のまさに中心点にはリズミックな運動がある。からだの内側と外側に、こころとからだのなかに、意識と無意識のなかに、膨張と収縮のサイクルがある」続きは次回に・・・

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記