2020年01月18日

 認知症に対する考え方

 
 テレビで放映された医師、長谷川和夫氏(90歳)の生き方はとても考えさせられた番組で数日経った今でも心に残っています。彼は、「痴呆(ちほう)」という呼称を「認知症」に変えるなど、人生を認知症医療に捧げてきた第一人者なのです。NHKは、この1年、長谷川氏とその家族の姿を、記録し続けてきました。

 86歳まで診療を続け、今も講演や研究に精力的に活動されていますが、本人が認知症になるという闘いが始まっていたのです。奥さまの瑞子さん、娘のまりさん達に支えられながら、少しずつからだが衰えて行くさまが、見てとれますが、それにしてもご本人の意識というものは、確かなものを感じられます。

 毎日、お気に入りの喫茶店で珈琲を楽しんだりも、まりさんが付き添って通われているとか、講演会にも付き添ってもらいながらなので、ご家族の負担も少しずつ、増えていくようです。私たちが親の介護で感じていた事態と同じなのかと思いながら見ていましたが、おや?何かが違うのでは?という疑問が生まれてきました。

 だんだん、寡黙になりますが普通は分からないことが増えていくからかと思いますが、映像はあくまでも長谷川氏を追い続けていますので、ご本人の感じ方が手に取るように分かります。そうです、彼には周りがどう思っているかということも認識できているのです。だから、自分が迷惑をかけているから、どうしたらいいのかを自問自答しておられます。

 ご自分から、施設の2泊3日のコースを受けたりもされましたが、私の母のこととダブって身につまされる思いになりました。知らない人たちと一斉に食事したり、簡単な運動を一緒に行ったり、そこには、今までの功績に対する尊厳もありません。認知症になったらもう、自分の意志は奪われてしまうのか、そのまま、廃人のように扱われてしまうのか・・・

 自分に置き換えてみると、誰も悪い人はいなくても、自分の生活は奪われてしまうのかという悲壮感を感じました。
 しかし、そう感じた彼は、「自分の家に帰りたい。」と思いました。自宅に帰ると直ぐに2階の自分の仕事場に行って、「ここにいると落ち着くのですよ。」と医師である姿、顔つきもしっかりしていました。「今までは、認知症の人にはデイサービスに行ったらどうかと言っていましたが行ってみると、どんどんひとりになっていくのです。」

 「みんなに迷惑をかけていると自覚しているから、気分の落ち込みでだんだん寡黙になっていく」 この言葉は重かったです。認知症の彼の、「見える景色は変わらない」という言葉に私たちが勝手な思い込みをしていないか、問われたように思いました。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月12日

 自分のからだは自分で向き合おう!


 私は何も変わらないのに、からだの調子は毎日変わる。今までの私でいられることを願ってきたが、そうはいかない。今までの自分という存在を、そのまま具現化しようとするから悩むのであって、私の体験を基に知り得たこと、内面も外面も変わったことをそのまま受け止めて、或いは受け止めて頂いてありのままに、理解してもらうことを願う。

 そのことで、私は大きな影響を受け、学んだことは大きい。世の中はどんどん変わっていく。地球の自然も変わりゆき、生きている人間の間違った行いも、シグナルを受ける者もおらず、与える者もいない。その中でからだと向き合うことだけは最後の砦(とりで)かもしれない。

 自分のからだは自分にしか分からないことがある。辛いこともいっぱい抱えて心が悪いのか、からだが悪いのかさえ分からなくなる。芯体操のお教室で一瞬でも楽なからだを感じることがあるなら、その感覚を信じてみよう。からだが生きるとはそういうことだと思う。一瞬でも痛みが取れたり、ふっと軽く歩けたり、悩んでいることも忘れられたりするなら、きっと良くなるはずだ。

 私はそう信じて生きてきたし、これからもそう生きたいと思っている。そんな気持ちでレッスンをやり続けたいと思っている。同じことでぐるぐる繰り返している気持ちとからだに少しの勇気を与えてあげて欲しい。病院に病名をつけてもらいに行くのを止めて、少しでも心とからだに、自分で働きかけてみよう。

 生きるということは、人任せでなく、自分と向き合うことが大切なのだ。一人が辛いなら芯体操をしてみるといい。教室で楽しむのもいいし、家にいるときもゆっくり坐骨乗りをしたり、芯体操呼吸法をしてみるといい。からだにエネルギーが満ち、からだが喜んでくれると自分も気持ちが落ち着く。

 夜寝る前や、朝目覚めてしんどいなと感じたら、寝床の中でゆっくりお腹をさすったり(時計回り)呼吸法をしてみよう。舌を歯と上あごの間につけて、吐く(唇を軽く開け口から吐く)、吸う(唇を閉じ鼻から吸う)を繰り返す。特に夜寝る前に胃や腸がググって鳴るぐらい感じると、内蔵の捻じれやゆがみがゆるみ、とても効果があり便秘が改善する。

とにかく、自分のからだはまず、向き合うことから始めよう!

URL http://www.shintaisoujp/
posted by 津田 美智子 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月10日

 映画「アナと雪の女王」を見て


 新年を迎え、1月6日(月曜日)の千里コスパ教室から、初レッスンを始めることができました。この日はまだ、歩くのもおぼつかない感じでしたが、今日木曜日のレッスンまで連続して出ることで、毎日進化しています。からだの治癒力は素晴らしいです!自分が思い描いているイメージ通りにつながり、伸びて歪みを改善していきます。

 24年間かけて、からだを治療し続けてきたと言っても過言ではないでしょう。それも治る見込みのない状態を、です。こんなにダメージを受けたからだなのに、2本足で歩いているのですから「芯体操は不滅です!」と宣伝したいぐらいです。芯体操はみなさんの口コミだけで発展してきました。これからも、健康になりたい方、悩んでいる方がいらしたら、是非お勧めくださいね!

 今日は、八幡レッスンでした。連続4日目ですから、からだの調整、広くてたくさんのみなさまに向き合えるかちょっぴり心配でしたが、みなさまの温かい気持ちが伝わってきて楽しく終えることができました。その勢いで、くずはモールまで行って映画「アナと雪の女王」を見ました!体調が整ったら、ぜひ見たかった映画です。

 1話は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による、2013年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画でとても楽しい映画でした。その1話を上回るヒット公開中の第2話なのです。お正月も大入り満員だったそうですが、今日は、がらがらでゆったりと楽しめました。

 興収入110億円突破、動員1位という凄さです。くずはモールの映画館はいつも行くのが平日なのと、お買い物主体のお客さんが多いのか、空いていて見やすいのでありがたいです。
映画が終わると、エンディングで、スタッフ一同の名前が流されますが、曲3,4曲ぐらい流れる中、ものすごい多くの方々によって作られていることに、感動します。

 1話でも、神田沙也加さん、松たか子さんの声と歌でしたが、今回でもアナのソロ曲「わたしにできること」や、松たか子さんが歌う「みせて、あなたを」、「ずっとかわらないもの」などの様々な物語を彩る楽曲が、私たちを魅了してくれます。

 そんなこんなで、2時半からの映画を見て、買い物をしていると外は真っ暗!しまった!と思ったのはあとの祭りで、運転も久しぶりだったことも忘れて1日出ずっぱりはちょっときつかったです。まだ暗くなっての運転は無理!反省!
 でも、何もかもが新鮮で、ここまで回復したことに感謝の1日でした。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月02日

 あけましておめでとうございます!


 令和の年があけました!自分の状態のせいなのか、何かしら静かな幕開けのような今年のお正月。昨夜は、紅白歌合戦を見ながら夕食に続いて年越しそばまで、早めにいただきました。義兄が打ってくれた出来たてのお蕎麦を持ち帰り、温かいにしん蕎麦と冷たいつけ蕎麦の両方を楽しみました。

 お蕎麦が好きで、色々なお店を探しては行くのですが、なかなか納得のいくお蕎麦に巡り合わなかったのに、灯台下暗しで身近に美味しいのがあったというわけでした!今朝は、炭山の姉の家に、母を迎えていたので、一緒におせち料理とお雑煮で祝いました。今年は、孫たちが来られないので、静かなお正月です。

 姉の家は、山手に陶芸家たちが三々五々住んでおり、いわゆる陶芸村のような環境です。元々、緑に囲まれた土地で南向きの家なのですが、ちょうど玄関前の道を挟んだ山の木がどんどん伸びて、冬は太陽を遮り日があたらなくなってしまい、山の持ち主は木を切ってくれないそうです。

 主人たちのグループで、きこりをしています。あくまでボランティア活動の一環として毎週、1、2回チェーンソーなどを使って山の木を切って整備しています。工具を使う検定や講習会で勉強したりしています。

 だから、みんなで一緒に切りたいなと言っていますが、その山の持ち主は受け付けて
くれないそうです。こんな理不尽なことって、きっと町の中でもあるのでしょうね。人のこと考えずに増築したり、日があたらないほど辛いことはありませんね。姉の家は冬場だけなのでマシかもしれませんが・・・1階が仕事場で、2階は天井が高く暖炉もあるので温かく我が家から20分ぐらいで行ける山なのですが、気温は下と5度ぐらい違います。夏は涼しく、結構快適そうです。

 しかし、バスはなし、子供の中学から大学は勿論、ずーっと送り迎えしていましたよ。
道に突然、鹿が飛び出すこともあるそうです。何とも不思議な世界ですね。

 そんなこんなで、ご挨拶している間に元旦が終わり、2日になってしまいました。みなさまも良い3が日をお過ごしください。

URL http://www.shintaisou.jp/ 
posted by 津田 美智子 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記