2020年02月16日

 芯レッスンに思うこと


 私が自分の体験を通して学び、伝えたいことが少しずつ浸透してきたと思うのですが、一般的に人間のからだに対して感じることは殆ど同じだと思い知らされることが多いです。これほど体幹を鍛えるための運動を繰り返しているのに、まだまだお腹や肋骨の締めなどが使えないでいます。

 「なぜだろう?」と、考えています。赤ちゃんの成長過程を見ると、お腹を中心に栄養を取り込みながら、胎児形ポーズで育っていきます。まだ骨格があるとは言えない状態であり、骨を支える筋肉も育っていないのに、羊水に保護されていた胎児は分娩時に羊水を流出して出産を容易にさせ、この世に生まれます。

 その瞬間から脊柱を中心に手足の骨が重力を受けながら逞しく伸びるのを感じます。首が座り、寝返り、お座り、四つ這いなど様々な運動を行います。それまでは私が感じているのは全て、中の筋肉と捉えています。二足歩行を始めた頃から重力と自分の体重とに負荷を与えられ、いわゆる外の筋肉を作っていくのかなと感じています。勿論、成長期に骨が伸びそれを支えるための筋肉を鍛えることは必要と思います。

 只、筋肉の正しい使い方を知ることが、とても重要なのです。。心と身体の成長期である10代の頃にスポーツなどで鍛えることも大事なことではありますが、特定のジャンルの運動をするときに、その時間の半分ぐらいは充分なストレッチ、身体のバランスを整える鍛錬が必要だと思っています。

 芯体操では、そのバランスを崩して様々な要因を抱えている多くの方に出会います。だからこそ、人間として生まれたからには、二足歩行に対応できる身体づくりをこの世に生まれた時から知ることが、必要だと切に思うのです。

 今の私たちにできるのは、自分だけのためではなく子供、孫、あらゆる世代に伝えることです。歪み、縮みからくるあらゆる結果(病気,事故など)を招かない社会にしていくことなのです。少しの気づきから自分を守ることができると信じています。寿命がある限り、生きている限りは、先ずは自分と向き合うことが大切です。

 外の筋肉の緊張を取ることで、一番大事な中の筋肉(それに守られた内臓やリンパ、血流などの働きを活性化する)をしなやかで強くする、それが、芯体操の目指している運動です。理に適った身体は理に適った方法で芯(真)の身体をつくり、痛み(歪みで縮んだ箇所に体重がかかっている)を改善しましょう!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月08日

「芯体操だより」リニューアルしました!


 みなさまの愛読書(?)200号特集号でお気づきのように、グラフィックビズという会社に依頼して紙質、色彩も鮮やかな贅沢な新聞で2月号もお届けします!芯体操って、消費税が値上がりしようと、物価が値上りしようと、大丈夫ですか?と言っていただくだけで、頑張ろう!と思っちゃうのですから、健気というか真面目というか、はい!がんばってまーす。

インストラクターのみんなも、みなさまの温かいお声掛けに励まされて、本当に一生懸命お勉強して少しでも、芯体操の大切な真髄をお伝えしたいという気持ちで、頑張っています。経費はどんどん値上げの余波を受けて、大変ですが、みなさまも同じこと、芯体操を大切に思って何があっても通い続けてくださるお気持ちに感謝しながら、楽しい憩いの場所を提供できればと思っています。

遠いところから、通ってくださる方も多く、帰りの電車の中で芯体操だよりに目を通していただくことも、大切に保管してくださる方も全て、心と心の繋がりを感じています。2002年8月に創刊号を発行しました。18年近く続ける中で、今回のようにチャリティーのお願いもありました。みなさまが共感を覚えてくださり、何度も社会的な活動を成立することができているのも、芯体操のもっている、健康であり幸せであることで、初めて人のことも考えることもできるのかと思いながら歩んでくることができたからです。

芯体操の実技やマッサージなどで直接的に、周りの人たちに少しでもお役に立てることも大きな理念として考えることもできます。人と人が互いに信頼し合い、助け合うことができる世の中でありたい、芯体操が存在できることは、そんな思いやりを育むことで成り立っていけると信じています。

みなさまの口コミほど、有難いことはありません。お問い合わせがあってお話させていただくと、初めからとても温かいお気持ちを感じることができます。それはすでに生徒のみなさまからのお勧めにより芯体操を信じてくださっているからなのです。そんな、きっかけで来ていただくととても嬉しく思います。

今後ともぜひ、お声掛けをよろしくお願いいたします。まだまだご自分のからだがどうあれば良いかということに、気付いていない方が多いですね。芯体操で芯のあるからだとは、病気にならないからだ、改善したいからだ、など今からの1日、1日の過ごし方を大切に考えていきたいですね。芯体操ではそんなことも提案し続けたいと思っています。
今後も芯体操だより、可愛がってくださいね!

URL http://www.shintaisou.jp/

posted by 津田 美智子 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

結婚記念日2月2日を迎えて

 
 当時は折しも札幌冬季オリンピック開催中であり、新婚旅行は競技を見たさに北海道に決めました。今年は、日本で開催される夏のオリンピックが半年後に迫っています。世界中から、色々な思いで、日本を訪れる人々が集結します。世界情勢が心配な中、無事に終えることができるよう祈らずにはおれません。

 結婚した頃は、そんな心配はどこ吹く風でしたが、生きるということは、子供、孫の代まで心配が増えることでもあるのですね。戦争や災害が無い世の中であって欲しいですね。
そんなことを思いながらも、今日は久しぶりにお食事を予約していました。

 京都岡崎の「つる家」、創業は明治41年(1908年)に大阪・北浜の地に始まりました。京都岡崎は、昭和3年(1928年)に昭和天皇陛下のご即位の儀が京都御所で執り行われるために、全国の貴族院議員などが入洛するため、宿泊、食事のご奉仕をされたそうです。

 また、庭園は明治の名工庭園師、加藤熊吉(植熊)氏が作庭し東山連峰を背景にした築山林泉様式の借景庭園であるそうです。部屋から見る庭園は奥行きもあり、琵琶湖より疎水の水を引き込んでいるとのことで小さな滝から流れる泉水が緑を際立たせているようです。残念ながら周りの木々も大きくなり東山連峰は見えませんでしたが・・・

 海外からは、イギリスのエリザベス女王、チャールズ皇太子、ダイアナ妃、アメリカのブッシュ大統領など数々の国公賓の方々が訪れていたとのことで、その空気感をそこかしこに残しているような静謐な空間でありました。

 お料理は、2月ということでしょうか、三宝柑を半分に切ってひとつの器にエビ、ホタテ、ウドなどの味付けたものにあと半分の果汁を自らじゅわっとしぼって食べるという一品目から始まり、鯛のお刺身、粕汁、ワカサギの揚げ物や、筍等々、珍しいものがあるわけではないのに、器や盛り付けが和食の粋を極め、国内外のお客様が日本の佇まいや、和食を楽しまれることのために、守ってこられた精神を感じました。

 旬の野菜や魚を使ってナチュラルフードを目指している私にとって、家で頑張っていた素材や味など、かなり好い線行っているのだと確信した次第です。

 因みに、昨年6月から始めた、ナチュラルフードコーディネーター講座の勉強、紆余曲折を超えながらも無事に「コーディネーター資格取得」しました!まだまだ、スタートラインではありますが、からだと共に学んでいきます。よろしくお願いいたします!

 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記