2020年07月28日

とにかく、レッスンを続けることが・・・


 連日、感染者が増えていることを知らせるニュースにまた、1日が過ぎていきます。しかし、日本では死者の数を抑えていることを評価されているということと、世界と比べると感染者の数も低いということですが、小さな島国日本は心配の種が尽きませんね。

 そんな毎日ですが、レッスンに向かう車の中で日々、今日という1日の無事を祈ることで前向きになれます。熱い汗が出るときからだの中で、闘ってくれるエネルギーを感じます。

 昨年の11月30日夕、京都市の女性が2人の医師に殺害された事件が報じられています。難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者(当時51歳)の女性宅で、女性の依頼を受けて薬物を投与し殺害したとして今月23日に逮捕されました。以前に安楽死が認められているスイスの病院で、日本の女性が今回使われた薬で旅立たれた番組を見たことがあります。
その方は動けて話せて、普通の生活状態であたかも自分でお休みなさいというような感じで召されましたので、自分で選ぶことができることに驚きましたが、日本では認められていないので、殺人ということになるのですね。

 実は、芯体操の教室にALSの方が来られたことがありました。しばらく通われましたが、その進行は早く、萎えていく筋肉の様子は驚くほどからだの機能を奪っていくことをまざまざと見せつけられたのです。私のなったことだったかもしれないということを実感していました。私のからだでなかったら同じ道を辿っていただろうと考えていました。自宅で、延命治療を続けながらPCでブログの発信もされていましたが、最後はそれもできなくなり、ご家族の発信で亡くなられたことを知りました。

 私は、筋肉が萎えて歩けなくなったときに、なんの手立てもなかったら今回の女性のように最後はまばたきしかできない状態になっていたのかとその苦しみをとても感じてしまいます。だから、安楽死の意味をついつい肯定的に考えたりします。     しかし、手段があって芯体操を生み出すぐらい闘って今があることを思えば、やはりからだのことをもっと伝えるべきだと思ってしまいます。

 芯体操をやり続けたら医学的に言われている難病にはならない。所謂、未病のうちにからだを整えることを目指すべきだと、毎日のレッスンをやり続けているのです。生と死について考えさせられる毎日が続いています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月23日

芯体操で免疫力アップ!からだと向き合う日々


 久しぶりにブログ更新!一日ずつのレッスンに全力で向き合っています。レッスンを終えるとからだの状態がよく分かります。風船のように膨らんだからだは放心状態になり文章を書くことができないのです。「からだの骨を引き離す」 「関節をゆるめる」 「筋肉をつなぐ」という運動は、心を解き放し、全身の経絡(けいらく)の巡りを誘発します。

 毎日、からだの中が動くのを感じている間に夜が来ます。寝ている間にからだは徐々に正常にするべく働き続け、レッスンで得た成果だけ前に進めるのです。的確な運動をできるだけ毎日続けることで、エネルギーが充満するからだとなれるのです。

 自己流では逆反応しますので、真剣に取り組むことが必要です。感染者が増えて第二波かと言われていますが、一波で学んだことをさらに徹底することが大切であり経済破綻を招かないためにも、コロナに向き合うということは、屈することなく自分のからだに免疫力・自然治癒力を育てることが大切ですね。

 レッスンに通うことは必須にして、余計なことは自粛して欲しいですね。休まれる生徒さんは周りの方の言葉で判断されているようですが、ご自分のからだは自分の責任で判断していただきたいのです。感染予防対策をしっかり取っていれば、運動することの大事さを第一に挙げるべきだと思っています。

 少数でレッスンすることは大変ですが、一人ひとりと向き合えることができますので、その効果が顕著に表れています。からだの中に働きかけることが免疫力をアップしているとレッスン後のみなさんのエネルギーに満ちたお顔が、一目瞭然応えてくれています。

 大勢のレッスンも楽しくやってきましたが、その分伝わりにくかったことも多々あります。今回の2部制によるレッスンは、分かるまでやれるので先日の亀岡レッスンでも感じました。股関節を痛めている方いますが、人間の思うことは大体、同じことのように思います。痛いから庇(かば)うということです。

「 痛くない方法がある 」 芯体操はそこを学ぶことを目指しています。その為には骨格、筋肉や骨の成り立ちを知る運動を行っています。痛みは頑固ですが、痛みは自分と向き合うことで半分は良くなります。そこからからだをどう使うかということを目指すことが、コロナに勝つことにもつながると信じています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月15日

九州豪雨の影響、気持ち新たに!


 九州を襲った豪雨で、九州の5県13地点で雨量が、1000ミリを超えていたそうです。京都でもこの数日、時おり晴れ間も見られましたが、随分降っていたように思います。しかし、大規模に氾濫した球磨川の上流に当たる熊本県湯前町は、1243,5ミリといいますから想像を絶する状態ですね。

 天気予報で知らされる説明などを見ますと、前線が大陸の高気圧と太平洋高気圧の間に挟まれて停滞したため、局地的な豪雨が九州各地で長期間、繰り返されたそうです。この前線は、地図上では、多くの地域に起こってもおかしくない状況でしたので、毎日私たちも危機感を覚えていました。

 レッスンには車を使っているため、今日は行けるだろうかと毎日心配でした。今日は、くずはレッスンをお休みしてしまいましたが、この心配のためではありません。午後にはインストラクター勉強会がありましたので、昨夜遅くに準備していましたら、午前2時半を過ぎてしまい今朝はからだの調整ができずにご迷惑をおかけしました。

 6月2週目から始めました芯体操レッスンは、2部制のお教室もあり慣れるまでに少々、時間がかかりました。今後は少しずつエネルギーの温存を図りながら歩みたいと思っています。

 それにしても各地の豪雨の影響は、農家さんにも多大な影響を与えているようです。我が家では以前にもお知らせしましたが、月に2回だけ無農薬などのお野菜を送って頂いています。しかし、提携されている農家さんにも被害が大きく、いつも色々なお野菜をバランスよく詰め合わせてくださいますが、しばらくは、同じお野菜が2つになることもといった現状の様子がメールされてきました。

 こんな時こそ、私たちにできることは、お互いに助け合って苦難を乗り越えてもらう力を差し上げなくてはと思います。農家さんと繋がる全ての人が、被害を乗り越えてもらうために継続するという信念で支えていかないと成り立ちません。そんなとき、いつも思うのは、「芯体操」に来ていただくみなさんのお気持ちです。誰もがコロナで追い詰められ、やる気を無くしたり、落ち込んだりされる中で、殆どの方が、お教室に戻ってきてくださる。
笑顔で応えてくださる!私たちも一生懸命だけれどそれは、みなさんの温かいお気持ちがあるからです。今日の勉強会で気持ちを新たに、これからもがんばります!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月12日

 束の間の光差す 庭の緑に心晴れやか

  
 熊本県など九州の被害は甚大です。まだまだ続くお天気の行方は・・・先日千里中央コスパよみうり教室に行く時、名神の途中からものすごい雨が降り出し、ハンドルを握る手、アクセルを踏む足が、緊張で震え過呼吸状態になるほどでした。

 今の高速道路は、停止するところもなく余程、茨木出口で降りようかと思ったぐらいですが、あまりの激しい雨で視界が狭く、線も見えないので唯々進むのみ、被災地のみなさんはこんな雨の状態であれば、流された方もあっという間だったのかと心底、胸が痛みます。

 家を出るときは殆ど降っていなかったのでなおさら恐さを感じました。レッスン後はどうにか止んでいたので早めに帰途につきました。雨でコロナウイルスが流れて消えるのであれば良いのですが、ダブルパンチですね。

 今日は、老健にお世話になっている母に会いに。日曜日は必ず顔を見に行きます。10分ぐらいと言われていますので、大好きなアイスクリームを持っていきました。「美味しいね」「全部食べてもいいかな?」と嬉しそうに食べてくれました。このコロナ禍で、一緒にお食事に連れてあげることもできなくなりました。他の方は、まだまだ会うこともできないのだから、10分でも会えるだけありがたいぐらいです。

 また明日から1週間のレッスンが始まります。3密を守りながらも、つい側に駆け寄ってサポートしてしまいますので気をつけないといけませんが、少しサポートすることで言葉の説明よりも伝えやすいことも多々ありますので難しいことですね。

 しかし、2部制も導入しながら、人数のバランスを取ることでみなさんがじっくりご自分と向き合えていると感じています。久しぶりの運動などでは、えっ!間違ってやっていらしたと思うことがあり、驚くこともあるのです。そんな時は気付いていただいて良かったなと嬉しくなります。

 とにかく、まだ不安だとは思いますが、家にいるよりはからだの細部にまで働きかけるエクササイズで免疫力、自然治癒力を高めましょう。レッスンの後はみなさんのからだに、エネルギーが漲る(みなぎる)のを感じます。まだ、レッスンを始める勇気が出ない方も、気持ちのスイッチを切り替えて一緒に動いてみてくださいね!お待ちしています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月05日

都内の新型コロナ4日連続100人超え!熊本の大雨!


 コロナ感染者は緊急事態宣言解除後の最多を更新しています。また昨日の大雨では、死者や、行方不明者が増えているとのことです。8日頃まで西日本を中心に再び大雨となる可能性があるそうです。こんなにちっぽけな日本列島に次から次へと災害が襲うたびに、地震による建物の崩壊や、大雨で家を流されたり、それは、私たちの住んでいる町にもいつ何が起こるか分からない状態です。

 世界中がコロナに翻弄されている状態の中で避難所へという言葉すら出てこないありさま・・・報道では避難所へと言うよりも、命を大切に、2階以上にいるように、山側にはいないようにとかしか、言いようがないのかやりきれなさを感じました。そして結果、行き場のない養護施設の被害に胸の痛みを感じたことでした。

 今日は、久しぶりに母と会えました。しかし、食事の量も減っているとかで体重が随分落ち、筋肉が弱ってしまい会う許可が下りたのであり、手放しでは喜べないのです。それでも、母に会うととっても嬉しくなります。幸せでいて欲しいといつも祈っています。

 さくらんぼ、ゼリー、仙太郎の老玉(うばたま)をひとつ、美味しいって笑顔で食べてくれました。せっかく会えたのに、15分ぐらいでしたので、残念でしたが本来はまだまだみなさん会えていないのです。やっぱり、複雑な気持ち・・・

 7月もまた明日から4週間、2部制(一部を除く)のレッスンが始まります。まだまだ、コロナの収束には程遠いかもしれませんが、お休みの方も是非来ていただけたらと思います。殆どの方がお元気にレッスンを開始しています。やはり、全身の芯をつないでしなやかなからだを目指すことが一番かなと思う近頃です。

 私は、少々変則的な時間に慣れなくて今日は何時に出かけるのかって自信のないありさまですが、めぐさんが朝、自宅に来てくれるのでありがたく間に合っています。レッスンは、まだまだ、戸惑いが多いのです。やはり芯体操の真髄は、体感するということが一番のポイントなので、私が全員回ると時間が足りないので2人で組んで私の役割をお互いにやり合って感じていたことが最も早く効果的なレッスン方法であったなと痛感しています。

 それでも、少しずつ分かることが増えてきているのも感じます。まずは、動けることの喜びを感謝しつつ、自粛中の気付かないからだの緊張をほどいて、心もからだも楽にしてあげたいですね!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月01日

 コロナに中断された3カ月の結果は? 


 早や、7月に突入!自粛解除によるコロナの実態は?6月半ばから始まった芯体操レッスンもマスク、体温、消毒などを徹底させながら、状況によっては2部制を取ることで、3密を守りみなさまが快適に復活できるように配慮して進めてきました。 

 レッスンで、一番つらいのは なるべく接触を避けることで芯体操ならではの、からだの中を感じることが伝えにくいことを思い知らされているということです。地球上で生きている限り、重力をいかにして軽くするかという重要な働きを身につけることはとても難しいということを実感しています。

 久しぶりに始めたレッスンで、私ははっきり言って打ちのめされています。何の制約も受けずにやり続けてきた芯体操では、多くの未知の体験をされてきたことでしょう。 からだの中をゆるめ、つなぎながら行っていた運動の成果は多くの方のからだが変わるということで驚きながらも喜びを与えてくれていました。

 しかし、レッスンが始まり、「うん?何かがおかしい」と感じつつありました。からだの記憶喪失というのでしょうか、あれだけ分かって頂けていた感覚が働かないもどかしさを味わいました。1本のひもでつながっていたはずのからだが、見事にバラバラになってしまったという状態で、一つの運動が成立しないというもどかしさを感じています。

 3カ月間・・・・・この日数は私にはとてもありがたかったのです。この間に起こったからだの動きはとんでもない波乱に満ちた体験でした。からだの変化はすごかったのですが、色々学ぶことも多かったのです。4月、5月にお送りしたお便りには、比較的やり易い写真付きの運動をお送りしました。多くの方ががんばって続けますと言っていただいたのですが、大切なポイントが抜けてしまったのかなと思います。

 お腹と胸は呼吸法で動かすことができます。踵から脊柱を伸ばし頭を乗せることで正しい立位ができ、意識し続けることができていたでしょうか? 踵から脊柱を伸ばし頭を乗せてつながりができれば、どんな運動でも体幹をしなやかにすることで手足が自由になることを覚えていたでしょうか? 

 3カ月の間に失ったからだ使いを今こそ思い出し、あるいは取り戻し、コロナに負けない芯のある強いからだを作ってみてくださいね!
posted by 津田 美智子 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記