2021年08月29日

緊急事態宣言を受けてのレッスン

  
 昨年3,4,5月と今年5,6月は、それぞれに芯体操は、レッスン休止の対策を取り乗り越えてきました。それによってコロナ禍を乗り越えられるかという気持ちと裏腹にインド由来の「デルタ株」の流行で、感染者数が大幅に増えているというのが現状です。政府は日数を短期間に決めては解除を繰り返し人々の真剣さが曖昧になるのも無理ないかなとも思います。

 コ・ス・パのような商業施設でも前回までは、中止されていたのに今回は緊急事態宣言が出てからも休みの一言もないままに続行中です。講師には断る権限はないということです。マスク、体温は受け付けで徹底されていますが無症状の人もいればいつ感染者が出てもおかしくないですから気は抜けません。

 5,6月の自粛により、やっと7月からのレッスン再開には、生徒のみなさんの強い信念を感じ、私も何とか乗り越えてきた日々にやはり家に閉じこもっているよりレッスンでからだの抗体が活発に働くのではないかという体感を味わっていました。今のように少人数制で密を防ぐ方法を取りながら、ハードワークですが何とかという希望的観測を持っています。

 しかし、それぞれが判断されるべきであり、無理にレッスンを行っているわけではありませんし会館などが使用停止になればすぐに中止する気持ちでおります。休むのは簡単ですが、からだはあっという間に縮んでしまいます。お家では中々、維持するのは難しいなと感じてきました。

 長男家族が我が家に来て3日目になります。長男は毎朝歩きとストレッチをしてから1日が始まるようです。今朝は5時半に起きて、小学4年生の莉杏(りあん)ちゃんと私の夫と3人で伏見稲荷まで車に乗って駐車場に停め、稲荷山へ歩きに行ったそうです。途中の尾根を歩き東福寺から、駐車場まで4キロのコースです。息子は仕事でホテルに泊まっても毎朝周辺を歩いて、ストレッチもしているようです。

 自分がからだのことをしているので、何も言わないでも生活に運動を取り入れていることはとても嬉しく思っています。思い切ってワクチンを受けるために来日し、大変なスケジュールですがおかげで逢うことができ、日頃の生活も垣間見ることができました。私も、少しでも皆さんのお役に立てればという気持ちで感染しないように祈りながら気を付けてレッスンを続けたい思いでいます。レッスンができるようにしっかり予防を頑張りましょうね!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月22日

身体と向き合ってその日暮らしを!

  緊急事態宣言に入っていますが、コスパも休み無しのようで決死の覚悟でレッスンに臨んでいます。レッスン終われば来週のことを決めなければと思いつつ、みなさんが「伸びて気持ちが良かった!」 「楽しかった!」 などとおっしゃるとつい、休むとからだが縮むなあって心配になるので言い出せずにいます。

 気をつければお家体操するのと一緒かなと考えたり、デルタ株拡大の今、休むべきかと気持ちが揺れる毎日です。昨年の自粛3カ月間、そして今年の5,6月の休止等々、その影響をたくさん受けながらも(体調崩された方々もいらした)復帰に当たってのメンタルケアに精一杯向き合って平常レッスンに戻るまで頑張ってきました。

 今回は特に先が見えない中で、ずるずると休止になると、メンタル面とからだのことを考えますと簡単に来週から全講座休みますとはなかなか決断できずにいます。もし休止の連絡が入りましたらこんな葛藤の末だとご了承くださいね。それにしても、からだの中からエネルギーが湧いてくると抗原の侵入に反応して体内に形成する抗体の働きが活発になってくれるだろうなという感覚を感じます。

 高齢者が感染しやすいということも日頃から動かれない高齢者が多いということにも起因するのは否めない事実です。だからと言って自粛しないのではなく、個人的には徹底して対策を練るべきですし、ご自分の判断で行動すべきだと思っています。

 私的なことですが、前述していたように、長男家族が3人でタイから日本へワクチンを打ちに来ています。成田到着から強制隔離後、1回目のワクチンを受け、取り敢えずレンタカーで京都のホテルまで来て自粛中です。昨日、ホテルのロビーで束の間の再会で、お寿司を渡すことができました。まだ自粛中なので、出歩くことは出来ません。政府からの連絡で位置確認を絶えず調べられているようで、入国した人を徹底して管理していることを知りほっと安心することができました。

 せめて私も土・日曜だけは夕食を届けてあげようと思っています。殆どがコンビニ弁当的な食事しかできないようなので、今日はリクエストを聞き、ステーキと野菜、炊き込みご飯を用意しています。このブログを書き込みながら・・・・・何だかんだで、2回目のワクチンが9月6日になるので、日本滞在は1カ月間になります。タイも状況は逼迫していますので日本にいる間、少しはゆったりして欲しいなと思います。タイに帰ったらまた2週間の隔離生活です。…ため息の連続です。


URL http://www.shintaisou.jp

posted by 津田 美智子 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月14日

残念です!森下洋子新「白鳥の湖」

  
「感染 全国2万人超」 「西日本で記録的豪雨」 朝刊に踊る見出しにため息をつく。今日はフェスティバルホールで森下洋子さんの公演が行われる。なのに、オリンピック開催中の毎日、選手の頑張る姿にやれて良かったなと思いつつ、閉会後のコロナ感染の状況を考えると平常心という訳にはいかなかった。

 公演が見られるかと思いつつ先延ばしにしていた感情は、昨日から尋常じゃない動揺に見舞われた。予約した頃には、見たい思いが強かったので、お教室へ行くように大丈夫という気持ちがあったが、状況は一変した。感染の他に、前線が本州付近に1週間程度停滞し、気象庁は北海道を除く殆どの地域に、「日本列島はいつ、どこで特別警報が出るような状況になってもおかしくない」と厳重な警戒を呼び掛けている。

 京都在住の私たちにもスマホに深刻な警告が刻々と入ってくる。昨夜遅くには何度も迷いながら行くという結論を出していたが、それはイメージとして、誰もが舞台に集中して前を向いている状態であるから、などと考える逃げ道があったのだが、この豪雨の影響は決定的だった。今現在は雨が上り、フェスティバルホールの雰囲気だけでは、広々としているので大丈夫と思えるが、天候の急変を考えるとどうにもならないのであきらめることになった。

 それにしても、高いチケット代を考えると、バレエ団にとっても死活問題、一生懸命にレッスンを積み重ね、中止で返金する訳にはいかないと思うので、不可抗力とはいえ、舞台を務める方も大変、止む無く行けない観客も大変、どちらかを生かすのであれば、リスクは観客が持つしかないのだろうと思う。

 このコロナ禍を味わった体験は、充分であった。お仕事で家賃が発生する人の問題はどうにもならない致命的な問題であることを事業主と消費者で考えれば、歴然としている。最近は、自給自足の考えでお野菜を作っている方たちも多いが、それで生計を立てている方もいる。これでは、古代の物々交換まで辿ってしまいそうだ。

  コロナのことも、天候不順のことも、地球の自然のことから考えれば、天地を預かる神さまが、警鐘を鳴らしているとしか思えない。我慢すること、優しくなれること、感謝すること、大切にすること、どれもが心とからだが必要としていることだと思う。森下洋子さんの舞台がもうすぐ始まる。見たかったけれど70年間の全てが凝縮されて、全うされることを願っています。それにしても京都は今、穏やかだ。


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月08日

腰痛や股関節症から見えてくること


 今週からお盆休みに入りました。亀岡教室など、一部のお教室は来週と変更などありますので、他教室につきましては各インストラクターにご確認くださいね。
お休みに当たっていつも、気になるのがそれまでは何とかレッスンで持ちこたえていたからだを忘れて、何となく過ごしてしまうことです。

 多くの人は、生活に支障のない程度であれば、わざわざ病院へは行かないでしょう。いつも伝えていますように、痛みがあってもその根本原因は多くは仙腸関節の歪みからきているのです。それを改善しようと芯体操は内容盛りだくさん、あの手この手でみなさんの歪み改善に取り組んでいます。

コロナ禍の日々、毎日行う運動を意識して自分で分かるようになって頂きたいと願っています。オリンピックは、今日閉会式を迎えますが、色々な競技を見ることができ、改めて選手のみなさんの集中力の素晴らしさや五輪延期の中でもくじけることなく努力されてきた姿に感銘を受けました。その努力の中に、からだのことが良く分かるコーチ、トレーナーレベルの高い存在などと本人のからだへの意識が大きな割合を占めていることでしょう。

どの競技であってもからだと向き合う意識がなければ、闘うことはできないのです。腰痛など痛みを抱えたからだでは、オリンピックを観戦している私たちでさえ、楽しむことはできないでしょう。競技による違いもありますが、選手生活を終えた後にからだを壊してしまう人も多いかもしれません。

そんな中で、元レスリング選手で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録した吉田沙保里さんのように、連日オリンピックの解説者などで姿を見せていますが
お化粧がとっても可愛いく、レスリング体型も上手にバランスの良い体型に変身され、楽しくお話されていますとさすが意識があるのだなと嬉しくなります。

 このようにスポーツを楽しむ人も、日常生活を送るためにも、少しの痛みでもあれば仙腸関節の少しの緩みによって最終的に身体の均衡が保たれるように、意識的な運動をすることが必要です。レッスンで痛みを訴える方がいます。ひとつの動きをするときに捻じれ歪みを、各関節を引き伸ばすように使い、体重をかけないようにストレッチや運動を行うことが大切ですね。常日頃、悪い姿勢を続けていれば、その歪んだ力がこの関節部分にかかることになりますし、普段の生活のくせを治さなければやがて歩けなくなってしまいます。頑張りましょうね!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記