2017年06月11日

 氷上のアスリート達!


「ファンタジー・オン・アイス2017in KOBE」、観てきました!
神戸ワールド記念ホール・特設アイスリンクで行われたアイスショー、念願の羽生結弦さん見たさにキャンセル待ちに期待していたらチケット手に入りました。

 羽生さんはじめ、ハビエル・フェルナンデス、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィア、ジェフリー・バトル、荒川静香、安藤美姫、鈴木明子、織田信成、アンナ・ポゴリラヤ、宇野昌磨、その他錚々たるメンバーの共演は本当に見ごたえのある素晴らしいショーでした!

 往復バスでホテルの食事付のツアーなので、神戸まで楽に行けて、S席が取れるという有り難い手段があるので、もっぱらこの方法で楽しんでいます。京都駅を9時過ぎに出発し、神戸ポートピアホテルでお食事の後、13時から16時30分まで、たっぷりスケートを堪能できました。

 オープニングのプロスケーター達のダンスは圧巻で、競技会とは違うスケーティングとパフォーマンスは、アマチュアスケーターにとってもこの相乗効果が相まって迫力のあるショーが楽しめるのだと思いました。

 羽生さんは、オープニングとフィナーレ以外は、一番最後の演技まで待ちに待ちましたし、その人気の高さは抜群でしたが、一人ひとりのパフォーマンスがそれぞれに個性を最大限に発揮され、飽きることのない構成でした。

 歌手の杏里さんや、「ポップス」と「オペラ」を融合した「ポップオペラ」というスタイルを提唱するヴォーカリスト、藤澤ノリマサ、盲目のピアニスト、木下航志さん達とスケーターとのコラボが、圧巻でした。

 テレビで見ているよりやはり生が最高!
でも、からだの事を考えると、休日はゆったりと家で過ごしたいのですが、見たいものがあると無理をしても行きたくなるので、気を付けつつ、次回も行きたいと思うほどになっています。
 
posted by 津田 美智子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180014993

この記事へのトラックバック