2017年09月04日

セラピスト勉強会を終えて

 
 9月2,3日と2日間の芯健康セラピスト勉強会が終わりました。八幡市文化センター3Fの和室二間を使っての恒例の勉強会ですが、マットを敷いてそれぞれいっぱいの人数で楽しく過ごすことができました。

 年に1回ではありますが、芯体操のレッスンを受けておられるので、身体を繋ぎながらのマッサージですから、相乗効果があります。運動を理解することでマッサージの手技も進歩していけます。

 ただ、芯を通しての身体使いが出来ているかと言えば、まだまだ未知数な部分が多々ありますので、セラピストとしての力を養うことは日頃のレッスンで培うことができます。その点では、セラピストの挑戦は芯体操の会員の方にのみ受け付けるという方針は変わりません。

 運動と手技を両面から学びながら、どこにもない、セラピスト養成に力を入れています。身体の仕組みが分かり、マッサージをすることで筋肉のつながりや骨の引き離しが出来れば、効果が倍増します。身体は、小さい頃からサポートすることができれば、成長過程で整えることができます。理想的であり健康的な身体に導くことが出来るのです。

 そんな気持ちで、普段と違う気付きを差し上げたいと思っています。おもしろいですね!当然のことですが、今まで、何気なくしていた運動を掘り下げてやってみると、まだまだお腹とかを使っていないことに気が付きますね。「みんなでやれば怖くない」なんて、なんとなくやっていた動きが実はもっと汗が出るものだと驚きますね!

 自分本位でやっていた運動を今一度、やり直してみることがおもしろくて
感じ方が違っていたことに気が付きます。その時なりに精一杯行ってきた運動をもっと、もっと効かせることが出来きます。

 そんな訳で、学んだことを糧にして今、やれることを精一杯やってみましょう!折角こつこつ学んできたことを無にすることなくふくらませて生きてみましょう!
「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」長崎県平戸藩の9代藩主、松浦静山の言葉が剣術の指南書にあるそうです。
 今日、心に残った言葉です。
posted by 津田 美智子 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180873568

この記事へのトラックバック