2017年09月21日

「君と歩いた青春」


 過日(9月16日(土))は楽しみにしていた、LIVEで大阪城ホールまで出かけました。昨年、初めて行って感動しましたので、今年は早くから予約していました。

 席は、アリーナ中央の17列目と、昨年のスタンド席とは大違いの見え方で感動しました!舞台の真正面なので、1万人の人々の真ん中に座っているようなものですから自分達も主役のような気分です。

 伊勢正三・イルカ・大田裕美・尾崎亜美・杉田二郎・姫野達也・南こうせつなどのメンバーにゲストのサプライズなどを織り交ぜた演出ですが、私たちの年代が正しくフォークソングで育った時代ですから、その年代が多いので盛り上がりも半端じゃないです。

 PM4:00〜PM8:00頃まで4時間があっという間に過ぎました。伊勢さんと押尾コータローさんとのギターの演奏がとても聴きごたえがありました!会場全体が、それぞれの青春時代を思い出しながら楽しんでいるようでとてもゆったりとなごやかな空気が流れていました。

 北朝鮮の行動が悔しいぐらい、この平和が続かねばと誰もが感じている筈です。こんな、催しをもっと開いて、訴えて欲しいと思いました。南こうせつさんが、少し触れておられましたがみんな共感していたと思います。

 「芯体操」でも私はいつも思っているのです。レッスンで熱が入ると、思わず言ってしまいます。みんなが一貫して世界の平和を望まないと、考え方が違うからという様な次元ではありません。芯体操を通して、この日の歌のメンバーを通して、そしてあらゆる仲間を通して、平和な世の中にしなければならないと強く、強く考えさせられます。
そんなことを思えた良い時間を頂けました!

それにしても、大勢の人間が一堂に会すると、なんとぶれて歩いているのかと恐ろしくなるほどです。右、左と左右に揺れて歩く人の多いこと!

特に長時間、座っていたせいでしょうか?私はやっぱり運動の世界でしかお伝えすることができないです。世界中の人がひとつになって訴えて欲しいですね!
posted by 津田 美智子 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181056878

この記事へのトラックバック