2018年05月24日

 「羽生結弦展」と「西本願寺飛雲閣」


 「与勇輝展」のことは書きましたが、5月の私のハイライトの後二つをご報告します!5月9日〜5月21日まで京都高島屋で開催された「羽生結弦展」はものすごい反響で始まりました。直ぐにでも見に行きたかったのですが、駐車場も会場も行列ができたとの情報が入り、忙しかったのもあり、やっと17日に行ってきました。

 羽生選手は五輪のフィギュアスケート男子で、2014年ソチ大会に続き、2018年平昌大会でも、金メダルを獲得しました。読売新聞では、ジュニア時代から五輪連覇という偉業を達成するまでの活躍を報じてこられましたが、その中から、選りすぐった写真をまとめたのが今回の展覧会です。

 何回ものアクシデントを乗り越えて勝ち取った今年の五輪では本当にすばらしい演技を見せてくれました。いくつもの試練にも不屈の精神で闘い続けた姿は本当に、全世界の人々に勇気と希望を与え続けました。今回の五輪で最終フリーの演技を終えた時に彼は、「勝ったー、勝ったー」と叫んでいるのが見えました。結果が出ていない時にそう言ったということは、人に対してではなく、自分に勝ったという喜びだということをその時、感じました。

 4歳でスケートを始めた時から、その頑張りは目覚ましいものがあり写真のお蔭で、その軌跡を辿ることができとても満足できたひとときでした。

 そして20日の日曜日には、西本願寺の飛雲閣修復現場特別公開に参加してきました。国宝に指定され、めったに見る事が出来ないのですが、今は修復工事が行なわれていて、申し込みをして、抽選に当たったのです!かなりの応募があり、狭き門だったようでラッキーでした。

 それにしても、屋根の修理が目的だそうですが、殆ど柱だけの状態で、屋根の修理箇所の、整然と並べられたあまりにも美しい木の組み方が印象的でした。広い境内や、阿弥陀さまの前にじっと集中している多くの方がいらしてもこの広い空間は、それぞれが自分の世界に浸れる時間と世界を与えてくれます。

 久しぶりのお寺でしたが、どこまでも青い空に甍(いらか)が映えて、このまま永遠のときを感じるだけで幸せいっぱいになることができたのです。
 みなさまに感謝しています。

芯体操 http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183301361

この記事へのトラックバック