2018年05月30日

日大アメフトの問題


 29日、関東学生アメリカンフットボール連盟が、臨時理事会を開き処分が発表されました。結果は、日大前監督・コーチを除名、タックルをした選手及びチームに対しては今年度のシーズン終了まで公式試合出場資格停止の処分を科しました。

 日大の対応の悪さから、選手一人での記者会見、監督・コーチの歯切れの悪い記者会見と、一日に少しずつの歩みにヤキモキしていただけに、関東学連の的を射た回答にほっと胸をなで下ろした気持ちでした!

 また、チームの選手たちの連日の会議を開くさまなどが放映されていましたが、自分たちが言われるままに行動していたことの反省と共に反則を犯した経緯にも言及し、許されるなら当事者である選手のためにも、チーム一丸となって、チームを改革するという決意を表明しました。

 追い込まれた選手が記者会見で語った勇気が、監督たちのうその否認でつぶされることだけは無いようにと願っていました。しかし、色々な事件の冤罪を晴らすことなく亡くなった方もいたのかと、改めて事の重大さを感じました。この経緯がなくては悲劇になっていたかもしれないですね。関東学連は、詳細に事実を把握し、日大の膿を出すことができました。

 北朝鮮の核問題や日本の政界の小競り合いに辟易としていたこの時世に、人間の尊厳を少しは回復できるのかという希望を与えてくれたように思います。
とにかく一人ひとりの自覚により、大筋の善悪の判断だけは持てるよう、生きていきたいものです。

 童話も非常に様変わりしていますね。考え方はそれぞれ違うということを重んじすぎて、創られたりしますが、「うさぎとかめ」のようにさぼれば結果はでないよ。コツコツ努力すれば成功する、欲張ったらしっぺ返しがくる的な、根本の道義があってこその、応用だと思うのですが・・・

 5月もあと1日、梅雨入りもしたとか・・・1年の半分があっという間です。
1日を精一杯、世のため、人のため、ちょっと自分のために・・・がんばれたらよいのですが・・・

 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183368821

この記事へのトラックバック