2018年06月10日

日日是好日(にちにちこれこうじつ)

日日是好日(毎日が平和な良い日であること)というわけにはいきませんね。93才の母が、大腿骨骨折で手術し、今はリハビリ専門の病院に移り、1日に何回かリハビリテーションを受けています。4月25日からですが、ゴールデンウィークをはさみ、リハビリが遅れていましたので、これからが正念場です。

 今日は、久しぶりに病院に行ってきました。手術後しばらくは毎日行っていましたが、足が痛いと言うのでベッドに寝たままの母をマッサージしてあげていましたら、私の身体が悲鳴をあげてしまい、とても続けられなくなりました。

 もともと、姉の家で生活していましたので、なんとかしのげていますがそうでなければ、大変なことでした。お昼ご飯時に行き、卵焼きなど持っていきましたが、丁度リハビリ中でしたので、終わるのを待ってお食事になりました。結構完食でしたのでびっくりし、これだったら、安心です。

 しかし、みなさん、表情のないお顔で、ぼーっとしてらっしゃるので、心配になりました。やはり、この生活が長引いては駄目だとつくづく感じました。元気にしていたのが突然何も分からないうちに、生活が一変してしまい、みなさんも成す術がないという状態のように見受けられました。

 母もいつまでいなきゃいけないのと聞いてきましたが、歩けるようになってからねとしか答えられませんでした。高齢者が増えていく今後が大変だと思います。私達も死ぬまで元気にいなければいけないと考えさせられた一日でした。

 神社参りも健康法のひとつと知りました。今の時代は健康志向が高まって、芯体操のように、続けていくことが大切になっています。でも母たちの年代は、若いときは必死に働き、高齢でも運動をするという意識はなかったのです。

 そんな年代はお寺や神社に願掛けに行ったぐらいでした。でも今やそういった行動は「目標設定理論」として挙げられているとか・・・社までは歩いて距離があることや、急な長い階段があるとか、楽に行けるわけではないですね。

 伊勢神宮などもとても歩きます。そして、「赤福」など甘いお菓子を売っているのも特徴です。しんどくても、甘いものを頂くと、とても幸福感があって
お参りへのごほうびになっているのだそうですよ。芯体操を続けながら、そんな楽しみももてるように、がんばりたいものですね!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183501312

この記事へのトラックバック