2018年09月18日

何となく落ち着かない


 セラピスト勉強会が終わって1週間、課題の原稿が20日の締め切りを目前に、毎日何人かずつ、提出してくださいます。2000字以上というとちょっと大変なようですが、やはり思っていることを書くにはこれぐらいが必要です。

 表題の「落ち着かない」という気持ちは、何からきているのかなと思いますが、やはり3か月前の大阪北部地震や、台風21号、北海道を襲った地震など
の被害が連日、新聞でもニュースでも取り上げられているからでしょうか。今日の夕刊には、「関空鉄道2週間ぶり再開」の見出しが載っています。

 関西空港連絡橋(全長3・8キロ)のJR西日本と南海電鉄の運行が再開されたのです。関空利用者の8割が鉄道を使っていたそうで、21日に予定されている国内線・国際線の通常運航再開により、旅行客の交通の便は大幅に改善されるとのことです。本当に良かったですね!台風21号でタンカーが連絡橋の橋桁に衝突し、道路部分が約4メートルずれたそうで、現在は、片道通行だそうです。

 こうしている間も、北海道の液状化した2度と住めないかもしれない土地をどうされていくのか、毎日の生活はどうなっていくのだろうとやりきれない思いです。

 15日(土)は、恩師田中美保先生の「偲ぶ会」に河内長野市まで行ってきました。木幡レッスンを終えて、1時30分開始でしたから、車でぎりぎりか間に合わないかと言いながら、急ぎました。開始時間が遅れていたようで、間に合いました。田中先生が亡くなられてから、2年が経ちました。ご存命なら80歳になられていました。信じられないぐらい、お元気で笑顔の絶えない方でした。

 1975年に健康体操を始めるきっかけが、田中先生との出会いでした。エネルギッシュで、踊るのが好きになりました。新しい自分にチャレンジの連続でした。1日中踊っていましたね。色々な思いがあふれてきます。先生がくずはから、河内長野に引っ越され、お会いすることも無かったのですが、失明されたことは聞いていました。

 その後、私も歩けなくなって芯体操を創立しましたが、ある日、お電話を頂き再会することになったのです。それから新たな交流が生れました。先生主催のチャリティーに参加したり、芯体操10周年パーティーに御招待したり、心のつながりができました。「あなたも色々な困難を乗り越えたから、今があるのね!あなたは本当に素晴らしい生き方をされている。本当にすごいね!」と、いつもエールを頂き元気をもらうことができました。誰よりも大変なのはご自分なのに・・と感謝の気持ちでいっぱいでした。
 今日は、先生を偲ぶ方たちのあたたかい気持ちに触れて幸せでした!

津田美智子の芯体操  URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184458119

この記事へのトラックバック