2018年12月04日

 自由なからだを永遠に


 自分が年齢を重ねていくにつれ、周りの方も同じように年を重ねていくわけですよね。するとどうしても、出来ないことが増えていく人々を肌で感じるのです。

 私は殆ど、レッスンを毎日しているわけですが、口で伝えることが多くてしっかり運動はできていないとは思うのですが、それでも昨日出来ていたことが、今日はできないということはありません。

 レッスンに来られている方も、1週間に1、2回の方が多いですが、芯体操をしていない方も含めて、とても柔軟なからだを維持できるわけがないです。毎日すれば効果が出ますが、重力に負けないからだになる為には、どれだけ毎日意識的に過ごしているかがキー・ポイントになります。

 芯体操は、深層の筋肉を動かすことで外の筋肉をゆるめ、強くてしなやかに体幹を鍛えることで、内から湧き上がるエネルギーを生み出す運動です。「骨を引き離す」「筋肉をつなげて使う」「関節をゆるめる」という3本柱で根本的な基本を踏まえて健康なからだをつくります。

 ですから、年齢は関係ないのです。毎日質の良い運動をしていれば、簡単には老化しません。長く芯体操を続けている方も、深くそこまで考えれば家で行なっている運動量はまだまだ足らないのです。

 しかも、もっと繊細に動かしてほしいと思います。出来ないことを出来るようになるまで意識的に実行してほしいのです。今、面倒に思えば先に出来るとは思えません。そうでなくても、今迄生きてきた中で、からだを縮める要素はいっぱいあるのではありませんか?

 からだの一部を強く打ったとか、捻挫や骨折をした、手術をしたなど人それぞれに色々な思い当たることがあるでしょう。それが深層筋を縮めて捻じれて固まっているかもしれません。そして一番やっかいなのが、芯を感じない、からだの成り立ちを知らない、自分の悪い癖を客観的には見られないことなど、からだを動かすことの意義を感じていないことなどが、大きな目でみれば自ずと自分のやるべきことが分かってきます。

 からだが硬いから、こけやすくなります。もっともっと、芯体操の奥深い、奇想天外な動きが何のために?誰のために?必要かを考えてみてください。そして誰よりも自由なからだを目指してください!

津田美智子の芯体操 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185135745

この記事へのトラックバック