2019年06月11日

 周りの方に支えられて今がある

 昨日は、冒険をしてみました。伏見の自宅から近いところに、京セラ本社ビルがあり、その1階のギャラリーで京セラ株式会社60周年記念展、『ピカソ銅版画347シリーズ』愛・イメージの奔走展が開かれています。

 雨が少し降っていましたが、少しずつからだを慣らしています。さすがに前期、後期とあったとしても、(347作品の半分およそ170作品を観るのは大変でした。無料でこんなに静かな場所に居られるのは有り難いですが、やはり、からだはまだまだ大変かなと思います。

 しかし、もう、1ヶ月近く、安静状態でしたので、体力的には自然治癒力に頼るしかありません。何かの病名がついた病気というわけではありませんのでこういった状態は自分で乗り越えねばなりません。からだの状態が分かるということは全て他力本願ではなく自力更生になるのですね。

 と言っても、所謂、生活全般は彼のお世話になっているわけですから、ことからだについてということになりますが・・・

 今朝、テレビのニュースで「夫が定年退職になったら、妻は大変なことに」とかやっていましたが、私の場合は高校の同窓生でもあり、私の仕事も、CAを経て、芯体操に至りますので、かなり自立した生活を送ってきていましたからお互いの趣味や、考え方も拘束していなかったこともあり、今も、かなり楽な面があります。

 家のインテリアや、片付ける意識も似ていたりで、例えばお互いの友人などが突然来ましても、すっと受け入れたり干渉したりすることが無かったりと自由な空気があるので、有り難いかなと思っています。

 自分のからだと対峙できるということは、結婚をしている場合、こういった状況は非常に、影響を受けやすいのかもしれません。1996年にからだのアクシデントに見舞われた時からも、ずっと知っていますので、よく在りがちな「医者へ行け」ということにはならないし、これは、芯体操という道を歩いてきたからこそ、芯体操のみなさまにも理解頂いてこれたかなと、とても見守って頂いていることを有り難く思う今日この頃です。

 芯体操があるから、周りの人々のお蔭で、生きている喜びを感じています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186124058

この記事へのトラックバック