2019年09月11日

 芯健康セラピスト勉強会終える!


 9月7日、8日に分かれて年1回の大切な勉強会が開催されました。アンドルー・ワイル氏の《「健康」とは「全体」である》という言葉の持つ意味は、正しく芯体操の世界を言い表していることに感銘を受け、勉強会の大きなテーマとしました。

 5、6月とレッスンを休ませてもらい、只々、からだが落ち着くのを待ちながらも、大切な教科書づくりのことを思いながらの日々、7月から方向性を少しずつ探りながら、忙しくなり出したスケジュールの中で、PCに向き合う時間を何とか捻出しながらの生活。忙しすぎての休息が、始まるとまたぶり返すのかという不安を抱えながらも、やはり思いはふくらんでいきます。

 芯体操と芯マッサージの学びは、どちらが欠けても成り立ちません。からだに対するイメージが、ふくらめばふくらむほどに一体化していきます。運動とマッサージを合体させた健康法は、世の中ではまだまだ進んではいません。自らの体験によりどちらもできるという必要性を強く感じたからこそ、歩んできた道程なのです。

 芯体操をやるなら、マッサージも勉強して頂きたいし、マッサージをやるには、芯体操を勉強している方でないと、しなやかなからだは生れない、こつこつとからだの基礎代謝をよくしないと、癒しの手は生れません。どちらかが優先ではなく、お互いを一つのものとして、じっくり取り組んでいただきたいと思っています。

 京都アニメーションの制作に携わった多くの社員の方達が犠牲になられ、最後の犠牲者の方々の名前が発表されました。まだ、入院されている方もいることを想うと、どんなに辛い毎日であるかを考え、マッサージさえ、行なえるからだであるのかを考えると辛い。笑顔で退院できることを強く願います。

 2016年に公開された映画「聲(こえ)の形」を当時に観ましたが、感動した作品でした。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を与えられています。人と人とのつながり描いた作品であり、キャッチコピーは「君に生きるのを手伝ってほしい」というものでした。

 改めて、私たちにできること、セラピストにできることもあるかと、思いを馳せています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186541735

この記事へのトラックバック