2019年09月24日

 早急に学ばなければならないこと

  
 芯健康セラピスト勉強会のレポート、2週間かかって、ほぼ全員に近い提出がありました。それぞれが、この勉強会の目指す真意をくみ取って頂いたようで、とても嬉しく感じています。書くことで、考え、気付き、刺激を受ける、新たな気持ちが生れる、書けるという流れが手に取るように分かります。

 まだまだ入口で、模索している方、もどかしい気持ちなども伝わってきます。それでも私は、みなさんの原稿を心待ちにしています。未知のことに遭遇したときに、自分の気持ちをどう表現するかということを求めています。その先にセラピストとして何が求められているのかが、おぼろげに解ってくるからです。

 マニュアル通りに覚えた知識よりも、芯体操のからだの使い方、感じ方などを理解し、自分で自分のからだをコントロールできてこそ、初めて人のからだに触れることができるのです。肩の力が抜けること、自分のからだの中に宇宙を感じること、それが偉大な宇宙空間に浮かんでいるような・・・というと、分からないと言われそうですが・・・

 そんな中、老健にいた母が、心不全になって病院に入院しました。折角元気に生活していましたのに病院では、寝たきりになります。6人部屋になりましたが、全員、高齢者で何らかの症状で入院されたのでしょうが、見事にからだは縮み歩けない状態で寝ておられます。母は、数日で退院できそうですが、その数日で見事に足の筋肉が無くなっています。

 お腹は落ち、首が肩よりも下がり頭が上がらなくなっていました。見かねてマッサージしてカチカチの首をゆるめ、肩を降ろしてあげると、首がグーッと伸びて頭が乗りました。「ああ、気持ちが良くなった」という母の顔はピンク色になりやっといつもの母らしくなりました。

 しかし、焼け石に水かなと思います。自分で生活できるからだを持ち続けないと大変なことになると、思い知りました。高齢者社会に突入していますが、病院と仲良くなってはいけません。しっかり自立したからだで、生きなければとつくづく、身に染みました。筋肉は1日で退化します。

 からだの勉強を殆どの方がしていません。身体のことを知り、どうして欲しいかに応えられる自分づくりを今からしっかり見据えなければなりません。
明日は我が身という今の世の中、私たちは早急に自覚しなければなりません。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186597000

この記事へのトラックバック