2019年11月20日

久しぶりの羅介さん


 昨日、千里コスパレッスンを終えて、三英美術ギャラリーまで行ってきました。今までは千里中央にあったギャラリーですが、阪急の何年間計画の開発が始まり、箕面市のシーモア千里ビルの1階に移転しました。初めての場所でしたが、羅介さんにお会いするのが楽しみでした。

 「羅介の福(ふく)童子(どうじ)染付器展(そめつけうつわてん)」白地の陶器にブルーの絵が大好きになって、千里のギャラリーで個展があれば必ず伺っていました。今では、食事になると大概、羅介さんの器を選ぶことが多いです。

 確か、八幡の石清水八幡宮も羅介さんの絵があるはずです。屋根瓦の緻密な絵を、ずーっと書いていらっしゃいましたので、その集中力は半端ではありません。福童子の絵が本当にお好きで、描き続けて何十年になられるでしょう。今日は、着物のしみ隠しに描いたという作品も見せていただきました。とても美しい彩色で、しみの入った着物とは思えない濃い緑、薄い緑のグラデーションが美しい着物に生まれ変わったのを見せて頂き、こちらまでわくわく嬉しくなってしまいました。

 ご飯茶碗、小皿、大鉢、蕎麦ちょこなど色々欲しくなりますが、羅介さんはご自分が納得したものでないと、「うーん」と考え込んで「また、来年の時にしたら?」などと言われるので、だから次にしょうかなどと、また楽しみになるのです。今日の夕食は見事に羅介さんの器で揃えました。やはり、一品ずつが見た目も食べても「食を願わば器物」(しょくをねがわばうつわもの)とはよく言ったものですね。

ものには順序があるという例えではありますが、何でもいいだけでは、つまらないですね!好きなものに囲まれた生活がいいかなと心から思います。

 デパートで高価なものを買うのも良いかもしれませんが、作る人の人となりに惹かれることもあります。

 先日は、トールペイントの先駆者、バルーチャ美知子氏の記念パーティーに出席するために東京への予定でしたが、残念ながら行けなくなりました。久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていましたが、お電話で話せて良かったです。
 こうして、色々な方との交流があることは、本当にありがたいことだと思っています。芯体操で感じる心とからだがあれば、自由で広い空間を共有できるような安心感があります。幸せを感じるひとときです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186823917

この記事へのトラックバック