2020年03月17日

レッスン再開までにできることにチャレンジ!


 「世界ナゼそこに日本人」という番組で、感染症と戦い3万人救った医師の話を知りました。ネパールに結核が蔓延した時代に、誰もが行きたがらない状況の中、自ら志願して臨みますが、僻地ゆえに彼の診療を受けるためには1週間も歩き続けないと、どんどん悪化して命を落としているような状態でした。地域の役人は「病人が亡くなってくれた方が楽になる」というような中で、彼は自ら出向いて感染者を治療し、感染を食い止めることができ、現地の人々から今も、感謝されているというのです。

 当時は、日本でも結核は怖い感染症でしたから、今のコロナウイルスの問題と類似しているようで身につまされる思いでした。菌が目に見えて何をすれば良いのか分かれば気づきがあるでしょうに、目にも見えない菌が人間のからだを侵す怖さは計り知れません。死亡者に高齢者が多いのは、もともとお体が弱っていて持病があった方も多いと考えられます。私たちにできることは、やはり、免疫力の働くからだにすることを予防法として認識することが必要ではないでしょうか!

 芯体操は、からだの中に働きかけることで、臓器が喜んで働いてくれる、ねじれや縮みを改善することで芯を通し各機能を強化することで、菌を撲滅させることを目指す。殆どの方が病気にならないからだ、治りの早いからだを維持されています。こんな時こそ、さらに運動と呼吸法をしっかり行ってくださいね!
【芯体操の運動 第二弾!】
1 クルクルフィンガー(左右の指先を合わせ、親指同士を回す。左右入れ替える。)2 右手で左手首をつかむ。左右グーの手になる。パーで離し左右繰り返す。
3 「よっしゃ!体操」 安座ポーズから四つ這いポーズになる。右手、左足を前後に伸ばし「よっしゃ!」の掛け声で右ひじをみぞおちに、左足を胸に同時に引く。
 (左右繰り返す) 呼吸は「よっしゃ!」の掛け声で吐き、手足を伸ばすときに吸う。
4 ゴム体操 
* ゴムを左足の足裏にかけ(2本取り)ゆるく均等に三角にし手を伸ばしながらゆっくり寝る(吸う)。肘を横に伸ばしながらゆっくり起きる(吐く)。
(左右繰り返し、体幹を鍛える運動です。両足でもチャレンジしてみる。)
* 立位でゴム(2本取り)を持ち、ひじを横に広げ引き合う(吐く)。前腕筋(ひじから先端まで)を直角まで戻し、引き合ったまま上まで伸ばす(吸う)。直角まで下ろし横に広げ、直角まで戻し上に上げる。(呼吸法を使い繰り返す。)

以上、如何でしたか?少しずつでも動いてみてくださいね!お家で1人で動いてみると、問題点が良く分かるようになりますので、再開が楽しみになります!

URL ttp://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187281848

この記事へのトラックバック