2021年07月11日

長男・長女の家族と逢える日は?


 長男夫婦の一人娘 莉杏ちゃん(10歳)、長女夫婦の菜々ちゃん(10歳)、息子 しゅんちゃん(7歳)、3人とも随分会っていません。遠方で会えない人はいっぱいいるでしょうが、春休みやお盆休み、お正月とかぐらいには遊びに来ていたのに
世界中を席捲しているコロナウイルスは、まだまだ予断を許さない事態となっています。

今朝は長女から送ってくれたメロンと相変わらず色々のフルーツや、ベーコンエッグにヨーグルトなど朝食の写真を送ったら、午前1時まで3時間かけて作ったというミートソースのスパゲッティの写真メールが送られてきました。とっても美味しそうで、びっくり!思えば私の人生、子供が幼い頃から食に関しては精一杯作ってきたなと色々なことを思い出しました。

そんなことは誰にとっても当たり前のことでしたが、最近は手間隙かけることよりも、手間隙入らずの傾向も多いのではと思っていました。でも、ちょっとでも覚えていてくれたのかなと嬉しくなりました。また、子供たちとの散歩などで見かける風景も写真で送ってくれます。空と海など滅多にない素晴らしい色彩!こちらでは見られない日の出やブルーの海や山がとっても美しく癒されます。

近年、京都では、箱庭のような作られた庭園が多いのですが、観光客が多すぎていく気もしなくなっていました。コロナで人が少なくなったとはいえ、それはそれでエネルギーのない索漠とした風景にも見えます。

また、長男家族のタイの国も、自粛が続いていますがそれなりに何かゆったりした雰囲気を感じます。莉杏ちゃんのお母さんは、日本が大好きでいてくれますが、とっても器用な人で、私の誕生日には、手編みのレースのテーブルクロスや自分でデザインしたという、植物で編まれたバッグを送ってくれました。

昨日の彼女の誕生日には、ホームパーティーですと言いながら色々テーブルに並べていますが、びっくりしたのは金時豆を作ったということです。日本にいるとき少し同居していた間の美味しいと思ったものをせっせと手作りしているところが、おもしろいひとです。何をしてもきっちりてきぱきと片付けるひとです。こうしてみんなと離れていると、良いところがいっぱいで、とても嬉しいです。

子供たちにもコロナは心配ですが、世界中の人々が幸せになれるように祈るばかりです。土砂災害の方たちにも頑張って欲しいです!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188833552

この記事へのトラックバック