2021年07月31日

オリンピックと緊急事態宣言!

    
  この2つの組み合わせは、本来折り合わないはずが、日本は金メダルが過去最多となった。フェンシング男子エペ「金」というがそもそも、エペって何?というところからの始まり。昨日の映像で試合を見て認識を新たにした。競技としてのフェンシングは昭和初期、欧州留学の帰国者が伝えた両腕と頭部以外の胴体を突く「フルーレ」であり、技術勝負だから小柄でも勝てると思われていた。

 「エペ」は突く場所に制限がなく腕の長さなど体格に左右される面もあり日本では敬遠されがちだったらしい。そう言えば2008年北京五輪で銀を取った太田選手はフルーレ個人であり、それを契機に本場の欧州で最も競技人口の多いのがエペなので10年以上も強化してきたというのだ。腕が長く、動きが俊敏な選手もいるとかで今の若者たちらしさもあるかもしれない。

 素人目で見ると、相手との突き合いの中で、突く瞬間にしゃがんで突いた場面が何回もあったような気がする。エペだからこそ、欧州体型よりも縦横無尽に動き回る日本人に向いているのかもしれない。スケートボードで男女共に金メダルを取った若者のように、体操個人での橋本大輝選手(19)のような、こつこつと真面目に練習を積み重ねる性質のようなものも日本人の特質かもしれない。

 今朝の新聞には、コロナの症状をめぐる認識のズレを挙げていた。一般の人のイメージは、軽症「全然平気・風邪程度」、中等症「息苦しさは出そう」、重症「入院は必要」。ところが医師の認識は、軽症「酸素はいらない」、中等症「肺炎が広がり、多くの人にとって人生で一番苦しい」、重症「助からないかも」

軽症から中等症、重症へと変化する例は少なくない。軽症という言葉の響きに引きずられ、甘く考えるのは禁物のようだ。感染は急拡大し、病床には限りがある。日本の現状を正しく把握したいと結ばれていた。

 オリンピックの選手たちにとっては、もし中止だったらと考えると、多大な損失だったろうと感じる。開催までの私の気持ちは、絶対無理!止めるべきとさえ考えていた。しかし、人生をかけて黙々と練習を積み上げてきた若者たちに出会い、世界情勢に対する人と人の架け橋となり、どんなに言葉を尽くそうとも、闘いぬいた後の国を超えた抱き合う姿、笑顔で相手を称賛する姿は、生まれなかっただろう。

 やらねばならない決まりごとは対策をしっかり立てつつ、コロナにも、オリンピックにも勝ちたいと思うのだが・・・・・

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188885462

この記事へのトラックバック