2021年08月08日

腰痛や股関節症から見えてくること


 今週からお盆休みに入りました。亀岡教室など、一部のお教室は来週と変更などありますので、他教室につきましては各インストラクターにご確認くださいね。
お休みに当たっていつも、気になるのがそれまでは何とかレッスンで持ちこたえていたからだを忘れて、何となく過ごしてしまうことです。

 多くの人は、生活に支障のない程度であれば、わざわざ病院へは行かないでしょう。いつも伝えていますように、痛みがあってもその根本原因は多くは仙腸関節の歪みからきているのです。それを改善しようと芯体操は内容盛りだくさん、あの手この手でみなさんの歪み改善に取り組んでいます。

コロナ禍の日々、毎日行う運動を意識して自分で分かるようになって頂きたいと願っています。オリンピックは、今日閉会式を迎えますが、色々な競技を見ることができ、改めて選手のみなさんの集中力の素晴らしさや五輪延期の中でもくじけることなく努力されてきた姿に感銘を受けました。その努力の中に、からだのことが良く分かるコーチ、トレーナーレベルの高い存在などと本人のからだへの意識が大きな割合を占めていることでしょう。

どの競技であってもからだと向き合う意識がなければ、闘うことはできないのです。腰痛など痛みを抱えたからだでは、オリンピックを観戦している私たちでさえ、楽しむことはできないでしょう。競技による違いもありますが、選手生活を終えた後にからだを壊してしまう人も多いかもしれません。

そんな中で、元レスリング選手で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録した吉田沙保里さんのように、連日オリンピックの解説者などで姿を見せていますが
お化粧がとっても可愛いく、レスリング体型も上手にバランスの良い体型に変身され、楽しくお話されていますとさすが意識があるのだなと嬉しくなります。

 このようにスポーツを楽しむ人も、日常生活を送るためにも、少しの痛みでもあれば仙腸関節の少しの緩みによって最終的に身体の均衡が保たれるように、意識的な運動をすることが必要です。レッスンで痛みを訴える方がいます。ひとつの動きをするときに捻じれ歪みを、各関節を引き伸ばすように使い、体重をかけないようにストレッチや運動を行うことが大切ですね。常日頃、悪い姿勢を続けていれば、その歪んだ力がこの関節部分にかかることになりますし、普段の生活のくせを治さなければやがて歩けなくなってしまいます。頑張りましょうね!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188906671

この記事へのトラックバック