2019年11月20日

久しぶりの羅介さん


 昨日、千里コスパレッスンを終えて、三英美術ギャラリーまで行ってきました。今までは千里中央にあったギャラリーですが、阪急の何年間計画の開発が始まり、箕面市のシーモア千里ビルの1階に移転しました。初めての場所でしたが、羅介さんにお会いするのが楽しみでした。

 「羅介の福(ふく)童子(どうじ)染付器展(そめつけうつわてん)」白地の陶器にブルーの絵が大好きになって、千里のギャラリーで個展があれば必ず伺っていました。今では、食事になると大概、羅介さんの器を選ぶことが多いです。

 確か、八幡の石清水八幡宮も羅介さんの絵があるはずです。屋根瓦の緻密な絵を、ずーっと書いていらっしゃいましたので、その集中力は半端ではありません。福童子の絵が本当にお好きで、描き続けて何十年になられるでしょう。今日は、着物のしみ隠しに描いたという作品も見せていただきました。とても美しい彩色で、しみの入った着物とは思えない濃い緑、薄い緑のグラデーションが美しい着物に生まれ変わったのを見せて頂き、こちらまでわくわく嬉しくなってしまいました。

 ご飯茶碗、小皿、大鉢、蕎麦ちょこなど色々欲しくなりますが、羅介さんはご自分が納得したものでないと、「うーん」と考え込んで「また、来年の時にしたら?」などと言われるので、だから次にしょうかなどと、また楽しみになるのです。今日の夕食は見事に羅介さんの器で揃えました。やはり、一品ずつが見た目も食べても「食を願わば器物」(しょくをねがわばうつわもの)とはよく言ったものですね。

ものには順序があるという例えではありますが、何でもいいだけでは、つまらないですね!好きなものに囲まれた生活がいいかなと心から思います。

 デパートで高価なものを買うのも良いかもしれませんが、作る人の人となりに惹かれることもあります。

 先日は、トールペイントの先駆者、バルーチャ美知子氏の記念パーティーに出席するために東京への予定でしたが、残念ながら行けなくなりました。久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていましたが、お電話で話せて良かったです。
 こうして、色々な方との交流があることは、本当にありがたいことだと思っています。芯体操で感じる心とからだがあれば、自由で広い空間を共有できるような安心感があります。幸せを感じるひとときです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

ダウン症の書家 金澤翔子作品展


 先日の日曜日、建仁寺で開かれた金澤翔子さんの個展に行ってきました。祇園界隈
込み合っているかと思いつつ、車で行き、なんとか建仁寺横の駐車場に止められ、ラッキーな出来事でした。

 お母さまとご一緒に、テレビで観るよりシュッと引き締まったお顔と姿勢の翔子さんが笑顔で迎えてくれました。彼女は最近、ジムに通って痩せるために努力していると何かに書いていましたが、その為かとひとりで納得しました。

 建仁寺は、臨済宗栄西禅師によって、開山されました。経済面を負担する開基は、源頼家によります。今や大和大路は、観光客でにぎわっていますが、一足入れば心落ち着く枯山水の庭園や、緑、紅葉などの美しい庭園とつながる癒しの空間です。

 そんな中での一角に並ぶ書の凄さは、何にも増して心を打ちます。母である金澤泰子さんは、1985年に千人に1人のダウン症児を授かり、涙に暮れて障害の告知を受け、永い間、悲嘆の淵をさまよっていたそうなのであります。泰子さんの家系は代々、書家を目指していたのだが、すべてのこころをひとつにへの思いはこの翔子さんに託されたのだと泰子さんは語っています。

 翔子さんの書く文字に、「大哉心乎」(おおいなるかやしんや)という言葉があります。3文字目の心の文字が上がりすぎて紙からはみ出て、考えられないほどアンバランスな作品ができた。しかし、建仁寺に飾られたこの作品には不思議な妖気が漂っていた。さる高名なご僧侶が、凄い作品だと仰って足を止め、実はこの文言には仏という字が隠れていて、真の意味は「大哉仏心乎」なのだと仰る。「この4文字の中に仏が見えるか?」という禅問答なのだそうです。この不自然な心の下には「仏」の文字が隠れている。翔子さんにはこの空間には燦然と輝く仏の姿が見えているのですと、作品にお手をあわせられた。

 本当に翔子さんの書かれる文字には不思議なことがいっぱいなのです。私には、凄くそのことが、素直に心に沁みます。

 何事にもとらわれない心、一生懸命集中することで、人間の心も洗われるのではないかと思う今日この頃です。
posted by 津田 美智子 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月07日

 映画 「閉鎖病棟」


 笑福亭鶴瓶さん主演の映画「閉鎖病棟」を観ました。くずはモールにある映画館は、レッスンの後、観るのにとても便利で、ありがたいです。2時過ぎから、4時半頃までなので軽く食事をしてちょうどいい時間帯でした。
 
鶴瓶さん主演のこの作品は、シリアスなお話で、彼のキャラクターでどう演じているのかという興味がありました。殺人を犯して死刑執行を受けたのに、生き帰ってしまった行き先が、精神的に問題のある人々の病院であるという始まり。

鶴瓶さん演じる秀丸さんは、とても心の温かい人で、色々な問題を抱えた人々に慕われているのは、ご本人そのままの雰囲気であり自然体で生きているように見えます。しかし、その中でまた殺人を犯してしまうというやりきれなさ、この閉鎖病棟は、人権が尊重され比較的自由な生活が守られているのですが、実際に、入居者のトラブルで重大な問題があるのも事実です。

この建物は、長野県の小諸高原病院で撮影されたとのことで、今年の1,2月あたりで完成させたそうですから、寒い中の撮影大変だったと思います。それにしても、こういう題材の映画は、ちょっぴり胸が痛みます。今日の天候のように秋を感じてか、気持ちが落ち込み、盛り上がらないです。

 でも、鶴瓶さんとっても良い味を出しておられましたよ!

 さて、最近のレッスンですが、芯体操の本領を発揮して、感じ方、イメージを、しっかりお伝えし実践していきたいと思っています。実際に言葉で一生懸命お伝えしても、分からないで自己流になっていたりしますので、少しずつの歩みかもしれませんが、じっくりと取り組み一人一人が分かり、実践できるようになりたいのです。

 このままでは、勿体ないなと思っています。誰にでもできることがあるはずなのです。そして、病気でなくても痛み、しびれ、色々な部位の歪みがあることは、決して、病気ではなくても、私達は、その症状を疎かにしてはならないのです。からだが訴えていることにもう少し認識を持って欲しいのです。

 未病のうちに、からだづくりに、もっと時間を取り、感じ方を変えましょう。長年言い続けてきたことなのですが、レッスンするときにも、痛いから動かさないのではなく、どうしたら痛くなく動かせるかを考えていきましょう!
posted by 津田 美智子 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

 日本平から見る富士山

 
今日は、思い立って朝から新東名高速道路を走り、静岡県に来ました。この道路は初めてでしたが、緑が多く車も少なく快適でした!実は、「富士山が見たい!」のが目的、5週目でレッスンが連休になりましたので、本当に久しぶりに願いが叶いました。日本平ホテルはお部屋からも真正面に富士山が見えます。こんなに間近で見るのは初めてです。飛行機から火口の上を間近に見た経験はありますが、やはり、富士山は全景を見るのが最高ですよね!あいにく少し雲がかかった富士山、温度が高かったのか雲がかかった状態でしたが、雪が積もった姿が見られ、明日はもう少しと期待大です。夕食は、懐石料理を選び気配り、心配り伝わってくる満足のいくお料理でした。さすが静岡、深蒸し茶というお茶が食事の最後に、お部屋のお茶でも味わうことができました。お茶所の京都に住んでいて、なかなか味わうことのなかった味、香り、お水の美味しさがじわーっときました!お紅茶三昧の日々、日本茶の良さに疲れも癒されました。12月発行予定の芯体操だより200号、芯体操創立2002年から毎月発行してきた新聞、新しい年の初めに向かって素敵なメッセージを送れるように編集中です!楽しみに待っていてくださいね。
楽しくレッスンしていただけるように、バランスの良いからだ作りを発信し続けます。日本一の富士山のエネルギーお伝えしたいです!
URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

 日々おもしろい!


 毎日違うレッスン場に通うことで、違った景色、お教室、お会いできるみなさまと、色々な変化を感じながら過ごしています。レッスンの内容も、その日によって微妙に違ってきます。私の場合は、レッスン場に入った時から自然にやることが違います。勿論、身体に芯を通すために「坐骨乗り」は欠かせない運動です。

 今、集計中のアンケートですが、好きな運動は?という質問には、「坐骨乗り」と答えて下さった方も多かったようで嬉しいことです。骨盤の歪み、即ち脚の長短のバランスを良くする、脊柱の歪みなどを矯正する働きがあります。

 股関節には足に対する上半身の引き上げを受け止める役割があります。例えば左足が短ければ、左に体重がかかりますし、同時に長い筈の右足が内転し、右足に歪みが生じるという連鎖に陥ることになります。少しでもからだが内転しますと、猫背が生じ、頭が前かがみになると、足のつま先に体重がかかることになります。

 お昼のランチを食べるため、2階から地下への階段を下りるときに普通では一段足を降ろすと、次の足を出すときにはつま先に体重をかけてしまい、胸、頭が前に出てしまいます。そこで、実践!「まず踵(かかと)に乗るように足を運んでいく意識が必要です。常に曲げた膝の裏側がアキレス腱、脚の骨に乗るように歩きます。」と、言いながら、ちょっと長い階段を下りました。

 毎日、色々な場所で、色々な人間のからだが目に入ってきますが、瞬時にどういう使い方をされているか分かるので、とても勉強になります。今日は「アストリア」のサンドイッチと珈琲、美味しいのだけれど、ゆっくり話したいときには、待っている人がいるので気忙しいかな?

 千里の場合は、阪急や、大丸ピーコック、スーパーなど食料品を買うのにはそれぞれの個性がありますので、その日の感覚で色々なお店に寄れるので嬉れしいです。最近はナチュラルフードに興味があるので、食材探しも楽しいです。「スプラウト」って種子から育てる野菜ですが、無農薬で小さな器で育てるので、チャレンジします。かいわれ大根、アルファルファ、ブロッコリーなど楽しめそうです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

 恐るべし台風19号


 台風19号は12日土曜日から近畿地方にも影響があるということで、お教室のレッスンもお休みにして、不安な気持ちで過ごしていました。幸いなことに、このあたりは、大きな被害も出ずにほっとしていましたが、刻々と東海から東日本各地を襲いながら進むであろう様子を、ハラハラしながら被害が出ないように祈っていました。

 13日日曜日朝からは取り敢えず、テレビにくぎ付け、無事に台風が通過してくれることを祈りつつ、お昼に母に会いに行った以外は家に居ながら落ち着かない時間を過ごしました。夜には、日本ラグビーがスコットランドを破り4連勝、初の8強ということですが、湧き上がる歓声を聞きながらも思い切り喜べない複雑な心境でありました。

刻々と押し寄せる不安な夜との闘いと、同時間に、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の試合を観に行った人たちの歓声が遠くなり、今は、心が痛みます。
 
 14日月曜日、体育の日で祝日、高速は空いていましたが吹田インター出たところはおっと!混んでいると思った瞬間、そう!万博公園に行く道が混んでいたのでした。車がぎっしりです。でも次の瞬間、右車線に出たら、すいすいでしたよ!なんと、今回の災害を考えますと不思議な気持ちになります。

 祝日なので、お休みが多いかなと思っていたら、マットいっぱいで基礎からしっかりレッスンしました。やはり見てアドバイスをさせて頂き体感する必要性を感じました。一人ひとりまわると時間をとられるのですが、やはり体感しないと先に進めないとつくづく思い至りました。そこに芯体操の真髄があるように思います。

 簡単なストレッチや運動に見えても、実はとても奥深いからだの中に働きかける大切な動きです。かなり芯まで揺るがすので、すべてを効かせていくと、気持ちの良い汗と共に爽快な気持ちになれるのです。からだが変わる瞬間です。

 からだはつながっている。全身、つながっている。骨も関節も筋肉もつなげていくから機能が働くのです。私も、もっともっと、掘り下げて日本一の、世界一の健康づくりの運動として、お伝えしたいと思っています!
 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

心とこころのハーモニー


 もう1週間が経ったのですね。今日は、朝から少し雨模様、車の運転で一番苦手なのが雨の日の運転です。昔、大雨の中、東名高速の追い越し車線を走っていて、前の車にバシャーッとフロントガラスに水をかけられ、前は見えない、エンジンは止まるという最悪の状態、バックミラーには、ものすごい警笛を鳴らしてトラックが迫っています。当たられると思った瞬間トロトロと走行車線に滑りながら、車が勝手に移動、横をトラックがすごいスピードで通過するという何とも恐ろしい体験をしたのです。

 あわてて、エンジンをかけ直し、九死に一生を得る、よくぞ走行車線に車が走っていなかったものだと後から思いだしても、神さまのお蔭としか考えられない数秒の出来事でした。それ以来、運転は好きなのに雨が降ると、からだが勝手に拒否反応を起こし、からだがこわばり冷や汗が出ます。完全なトラウマです。(精神的外傷)

 東北大震災や、多くの災害、また事故やそれを見たことから受けたこころの傷の深さは計り知れませんね。何ものにも動じないで生きてきた私でさえ、しかも、運よく事故になったわけではないのに、恐怖としてからだが覚えている・・何十年も経つというのに・・精神的には元気で大丈夫なはずなのに、からだが覚えているという事実に驚愕します。

 さて、ブログに書いてから1週間、今日もいつものお店でランチ、その日にいなかった彼女は、先週の「貴方が作ったの?」と聞いた彼女から聞いて、全員で話し合ったらしく、「すみませんでした」と話しに来てくれました。味も品も全く違ったいつものメニューの話ですが、正直、この事実に一番驚いているのは私達なのです。

 今日も、同じメニューを出してくれましたが、見た途端に「あっ!いつものだ」と分かりました。全てが合す分量などは統一されているというお話に、きっとキャリアは勿論のこと、その日の気持ちや空気で味が変わってしまうという事実に気持ちが一致しました。やはり、他のお客様からも言われることがありますとのこと、「私たちはみなさまに、楽しんで頂きたい思いでいっぱいなので何でも気がついたら言ってほしい」という彼女は、輝いて見えました。
そして、芯体操もそんな気持ちで精一杯がんばっている、みんなそんな思いで生きている、それだけで、分かり合える彼女たちと知り合えて良かったなと
とても嬉しい時間を過ごすことができました。感謝です。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月02日

 エネルギーの話



 今日は亀岡レッスンの日、久しぶりに自分の車で京滋バイパスを走る。はーい!自己申告。実は9月4日(水)くずはモールの駐車場出口で込み合っていて、ブレーキを踏んでいた足がちょっと浮いた途端にトロトロと動いて前の車にトンと当たってしまいました。新車になってサイドブレーキの仕様になれていなかったこともありますが、本当に気の緩みでありました。

 ちょっとした坂になっていましたので、弾みがついたのか、修理が必要になり、9月19日に修理に出し、10日間代車で過ごしました。9月28日に修理完了!やっと、今日まともに運転というわけです。みなさまも気を付けてくださいね。

 今日も、亀岡から老いの坂トンネルを抜けて、洛西の「松尾園芸」の敷地内にある「ログハウス」という喫茶店でランチを楽しみました。もう長く通っていますので、店員の方とも顔なじみですが、いつも同じメニューに決まっているので、席に着くと直ぐに「いつものですね!」と聞いてくれます。

 そしてバジルのチーズトーストとサラダ、紅茶、ワッフルのアイスクリーム、イチゴソース掛けをシエアします。この取り合わせが最高!と、思っていたのですが・・・

 まず最初、チーズトーストがきて、思わず「??」何かが違う。見ても違う、食べても違う、それぞれに何が違う・・・と考える。自分達の感覚がおかしいのかな??そして紅茶、いつも香、色、味とも完璧と感じていたのに、最後にワッフルこれが決定的、見た目が違う、ソースが違う決定的なのがワッフル生地も焼き方も味も違った!

 いつもの方に、これ「貴方が、作った?」「いいえ?」決定的だった。そうか、
彼女には目力がある、エネルギーがある、パワーがある。作る人でこんなに違うんだと衝撃的でした。何が違うのと言えば、全てが違う。食べ物にだって顔があり、生きているんだ、訴えているんだ、この落差は何?

 お母さんが子供に食べさす毎日の食事、エネルギーのあるお母さんの作ったものを食べられるのか否か、これってすごい違いだよね。自分に置き換えてみると、何かを作るときって、ものすごい集中力で作ってきたって思っている。
命だよね表現力だよね!今日の体験はすごい!エネルギーの可否はすごい!

URL htto://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月24日

 早急に学ばなければならないこと

  
 芯健康セラピスト勉強会のレポート、2週間かかって、ほぼ全員に近い提出がありました。それぞれが、この勉強会の目指す真意をくみ取って頂いたようで、とても嬉しく感じています。書くことで、考え、気付き、刺激を受ける、新たな気持ちが生れる、書けるという流れが手に取るように分かります。

 まだまだ入口で、模索している方、もどかしい気持ちなども伝わってきます。それでも私は、みなさんの原稿を心待ちにしています。未知のことに遭遇したときに、自分の気持ちをどう表現するかということを求めています。その先にセラピストとして何が求められているのかが、おぼろげに解ってくるからです。

 マニュアル通りに覚えた知識よりも、芯体操のからだの使い方、感じ方などを理解し、自分で自分のからだをコントロールできてこそ、初めて人のからだに触れることができるのです。肩の力が抜けること、自分のからだの中に宇宙を感じること、それが偉大な宇宙空間に浮かんでいるような・・・というと、分からないと言われそうですが・・・

 そんな中、老健にいた母が、心不全になって病院に入院しました。折角元気に生活していましたのに病院では、寝たきりになります。6人部屋になりましたが、全員、高齢者で何らかの症状で入院されたのでしょうが、見事にからだは縮み歩けない状態で寝ておられます。母は、数日で退院できそうですが、その数日で見事に足の筋肉が無くなっています。

 お腹は落ち、首が肩よりも下がり頭が上がらなくなっていました。見かねてマッサージしてカチカチの首をゆるめ、肩を降ろしてあげると、首がグーッと伸びて頭が乗りました。「ああ、気持ちが良くなった」という母の顔はピンク色になりやっといつもの母らしくなりました。

 しかし、焼け石に水かなと思います。自分で生活できるからだを持ち続けないと大変なことになると、思い知りました。高齢者社会に突入していますが、病院と仲良くなってはいけません。しっかり自立したからだで、生きなければとつくづく、身に染みました。筋肉は1日で退化します。

 からだの勉強を殆どの方がしていません。身体のことを知り、どうして欲しいかに応えられる自分づくりを今からしっかり見据えなければなりません。
明日は我が身という今の世の中、私たちは早急に自覚しなければなりません。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

 九月花形歌舞伎を観る

  
 暑いなかにもふと感じる秋の気配、残暑とは言え9月半ばになりました。昨日は、レッスン後に京都南座での『九月花形歌舞伎』通し狂言「東海道四谷怪談」を観てきました。中村七之助・片岡愛之助・市川中車(ちゅうしゃ)・中村壱太郎(かずたろう)さんなど話題の、若手とは言わないけれど勘三郎さん亡きあとの七之助さんなどに期待していました。

 今回、坂東玉三郎さん監修ですが、関西では平成5年(1993年)に南座で上演されて以来26年ぶりだそうです。「仮名手本忠臣蔵」の外伝として描かれながら当時世間で、関心が寄せられていたお岩の怨霊(おんりょう)噺(ばなし)や、密通の罪により戸板の裏表にはりつけにされ川に流された男女など、実際に起こったとされる事件が取り入れられ現代まで度々上演される人気作となったのです。

 しかし、あまりに登場人物が多く、七之助さんも三役するものですから、誰が誰か分からなくてついて行くのが大変でした。事前勉強しておくべきだったと残念な思いでした。でも、本当は、もう少し説得力が欲しかった。勘三郎さんたちクラスの人ならどう演じたのだろうと、今一つ物足りなかったのは私だけかなんて考えちゃいました。

 昔、太鼓チーム「鼓童」の舞台でやはり玉三郎さんの演出の時にも、物足りなかったことがありました。演出と監修がどう違うのか分かりませんが、何か、ちぐはぐでズンとくるものが無かった気がします。ちょっとした構成、演出のやり方でがらりと良くなるのではと思うのは、申し訳ないことですが、難しいものですね。

 それより、夜の部は4時半から4時間ぐらいで8時過ぎまであり、それも昨日は、朝、夜2回の舞台、あれだけの早変わり宙吊りなど含め、すごい体力と精神力だと感心します。26日までですから、少しでも、情報があれば!楽しめると思いますよ!

 座席でお弁当というのは初体験でした。30分、20分と2回休憩がありますが、開演までに、ロビーに行くと料理屋さんのお弁当が売られていましたが有名料亭のお弁当が、もう残りませんねと言うので何となく買っていたのですが「なだ万」のお弁当、とっても美味しかったです!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月11日

 芯健康セラピスト勉強会終える!


 9月7日、8日に分かれて年1回の大切な勉強会が開催されました。アンドルー・ワイル氏の《「健康」とは「全体」である》という言葉の持つ意味は、正しく芯体操の世界を言い表していることに感銘を受け、勉強会の大きなテーマとしました。

 5、6月とレッスンを休ませてもらい、只々、からだが落ち着くのを待ちながらも、大切な教科書づくりのことを思いながらの日々、7月から方向性を少しずつ探りながら、忙しくなり出したスケジュールの中で、PCに向き合う時間を何とか捻出しながらの生活。忙しすぎての休息が、始まるとまたぶり返すのかという不安を抱えながらも、やはり思いはふくらんでいきます。

 芯体操と芯マッサージの学びは、どちらが欠けても成り立ちません。からだに対するイメージが、ふくらめばふくらむほどに一体化していきます。運動とマッサージを合体させた健康法は、世の中ではまだまだ進んではいません。自らの体験によりどちらもできるという必要性を強く感じたからこそ、歩んできた道程なのです。

 芯体操をやるなら、マッサージも勉強して頂きたいし、マッサージをやるには、芯体操を勉強している方でないと、しなやかなからだは生れない、こつこつとからだの基礎代謝をよくしないと、癒しの手は生れません。どちらかが優先ではなく、お互いを一つのものとして、じっくり取り組んでいただきたいと思っています。

 京都アニメーションの制作に携わった多くの社員の方達が犠牲になられ、最後の犠牲者の方々の名前が発表されました。まだ、入院されている方もいることを想うと、どんなに辛い毎日であるかを考え、マッサージさえ、行なえるからだであるのかを考えると辛い。笑顔で退院できることを強く願います。

 2016年に公開された映画「聲(こえ)の形」を当時に観ましたが、感動した作品でした。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を与えられています。人と人とのつながり描いた作品であり、キャッチコピーは「君に生きるのを手伝ってほしい」というものでした。

 改めて、私たちにできること、セラピストにできることもあるかと、思いを馳せています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月03日

 もう秋の気配が・・・!


 京滋バイパス西宇治インターを出ると、ほっとします。今日もレッスンを終えて、日によっては太陽が西に傾きつつある頃、車の後方から西日を受けながらひた走り、宇治川の隠元(いんげん)橋を越えて左折、暫し、西日を眺めながら宇治川の流れを望みつつ我が家に向かう、この時間が一瞬、癒しのひとときになるのです。

 この地は岡屋の津という港があり、古くから交通の要衝(要ともいうべき大切な所)として栄えてきました。江戸時代、黄檗宋開山、隠元禅師が幕府から寺領地を賜ることになり、新寺の候補地探しのために淀川をさかのぼり、宇治川で下船した場所でもあることから、「隠元禅師渡岸の地」の呼び名も加えられたのです。昭和24年に初めて橋が架けられ、隠元禅師の渡しにちなんで隠元橋と名付けられたのだそうです。

 何年か前に橋の工事も行われ、新隠元橋は、4車線の両側に、歩道まである立派な橋に生まれ変わっています。

 思えば朝、くずは教室に向かうときは、自宅から宇治川を望み、八幡からは、木津川、宇治川が淀川となって大阪につながる堤を、朝日を背に走っているわけですから、なんと壮大な1日のはじまりとおわりを味わっていることでしょう!

 大雨や暴風で災害に苦しんでいる方もおられる昨今ですが、それも自然であり、美しい姿を見せてくれるのも自然なのです。人間の力の及ばないこともいっぱいありますが、必ず、晴れる日もあります。日々感謝の気持ちを忘れずに精一杯生きることしかありません。

 毎日、場所を変えて訪れるレッスンのお教室、待っていて下さる生徒のみなさんにとって、少しでも元気になる時間を共有できるように頑張っていきたいと思います。

 =宗教教育に基づいた道徳を教えたい= 梅原猛の授業 『仏教』を読み始めました。著者の願いは中学校で一学期間、授業をする形で叶ったのです。この本の解説を書かれたのが、京都造形芸術大学教授の鎌田東二(とうじ)先生というのも奇遇です。とてもユニークな先生で、強いインパクトのある方でした。この本の感想をまた聞いて下さいね。徒然なるままに・・・

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月28日

からだの不思議


 5月、6月の休息から、早や2ヶ月、もうすぐ9月になるという驚き、しかし日々、確実に秋を感じる。今日は亀岡レッスンだったが、午前中事なきを得、ランチを食す頃には強い雨が降り、店を出る頃には止むという複雑な空模様。

 日々、変化するからだをかかえ、運転できること、レッスンできること、美味しいものを食べられること、眠れることなどなど・・・からだにアクシデントが起きてから、すごいからだなのに、これらの普通にできていたことが目まぐるしく変わり対応するのが大変だったのに、なんとかなった。

そして学んだことがある。生きるっていうことは、あくせくしなくてもケセラセラ(なるようになる)なのである。すべてを受け入れて、向き合っているだけで次々に道がつながっていく。からだはどうしょうかと思ってもままならない。ただし、からだのことを分かってさえいればどうにかなってくれるのもからだの不思議・・・

楽しみだった「24時間テレビ」、も終わり、勿論、殆ど見られないのだが、嵐の相場さんが主演した、自転車にかけた男の子から大人になるまでのドラマなど、楽しみにしていたのだけは見ることができた。努力をすればこそ、人と人との絆を大切にすることを知り、特に肝移植をしなければ母が死んでしまうことで、自分がドナーになることを決意すること、その後のからだの不調を乗り越え、前進することができ、感謝の気持ちも生れるのだと納得のドラマであった。

からだは強い信念を持つことで、元気になれる、生命エネルギーが生まれ、奇跡が起きる。そんな事実をたくさん取り上げていて、私も、もっともっと頑張ろうと思った1日であった。

今日は、いっぱいのいちじくが、到着!毎年、好例のジャムづくり、皮をむいて計ってみたら、3sぐらいあった!2回に分けてコトコト煮たらレモンの香りが美味しいジャムができあがった。

明日も素敵な1日でありますように!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月20日

 お盆休み、あっという間に・・・

  
 お盆休みに入る前から、芯健康セラピスト勉強会の資料づくりを始めていましたが、暑い日の各お教室レッスンだけでも、体力の消耗が激しくなかなか集中する時間が取れないでいました。そのまま、娘や孫たちが到着し、暫し中断しながらも頭の中は、伝えたいことなど、考えていたのですが、16日の金曜日夜には全員とお別れ・・・土、日曜日にやっと、構想がまとまってきました。

 そんな時、1日、1日の時間の大切さをしみじみと感じます。私の本の読み方は、なかなか時間が取れないので、机の上に読みたい本を置いておいて、うろうろしながらぱっと座って、1分とか、5分とか切りのいいところまで読んでは気持ちをつないでいきます。レッスンがあるときは、家に帰って、夕食を終えてからは、殆どこんな読書法を実行しています。

 この読書法は、自分に合っているのか、ほんの何行かの言葉が自分の思考を膨らませることができるのです。有り難いことに、芯体操のからだの感じ方など、構想、構築、実践と常に色々なテーマと向き合っていることで、生きる土台を頂いているのかなと嬉しくなります。

 孫たちに芯体操を教えてあげる時間も取れなかったので、寝る前に3人順番に手のマッサージをしてあげました。ほんの2,3分ずつですが、嬉しそうに手をさしだすのです。「手はね、頭とつながっているんだよ。手をうーんと伸ばしてあげると、頭もゆるんで、賢くなるかもよ」と言いながら、みんな「気持ちいい」と言いながら楽しく6日間続けました。さあ、賢くなっているかな?

 1日目のレッスンは千里コスパ教室でした。みなさん、見た目はすらっとしてみえるので、「家でストレッチやっていましたか?」と聞くと、返事は??
色々レッスンを続けていくと、やはりお腹の意識が抜けている方が多いように思いました。みなさんも、分かるのか楽しくチャレンジしていただきました。やはり深層筋で体幹を鍛えるのは、外の筋肉か深層の筋肉を使っているのかによって、答えがあります。お腹を押してあげると初めて体幹が引き上がって締まります。今週は各お教室、順番にレッスンできるのを、楽しみにしています!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月13日

 歴史は流れゆくもの


 昨日12日は、日航機が「御巣鷹の尾根」に墜落してからもう34年が経ちました。当時、520人が亡くなった衝撃はもの凄いものがありました。自分も飛行機のお仕事をしていただけに、墜落することが、どういうことかが実感としてありましたので余計に身につまされたのです。高度が高いので落ちるまでの時間に何を考えるかということは、乗務していた頃によく考えていました。 というのは私の勤務していた頃にも、事故が頻繁に起きていたからです。

 この事故で、3人の娘さん(当時、24歳、19歳、14歳)を亡くされた90歳になられた遺族の方が、標高1500メートルを超える、山道を登り式典に参加されたそうです。終りのない悲しみを抱えながら生きることは本当に辛いことだと思います。

 京都アニメーションの事件も含めて、他人ごとではない事件や事故が絶えず起きています。特に京アニの件はまだ入院したままの方もいらっしゃるそうですが、身近のことですから、まだまだ気が晴れません。

 そんな中で、タイから母と子の2名、愛知から母と子2人の3名、計5名が滞在しています。8歳になった女の子2人と5歳になった男の子の元気すぎる(?)声が1日中響いております。普段の静かな空間は、何処へ・・・

 年を重ねるということは、ひとつの歴史が流れゆくこと、子供たちから孫に引き継がれどこかで味わった感覚が、繰り返される。そんな一瞬の現実に戸惑いながら、自分の歴史が紡がれていくのだ。

 8月15日は、終戦記念日。孫の菜々美ちゃんはこの日に生まれましたので京都に来ると毎日、お誕生日会を開いているような感じですが、歴史的に考えますと、この日を終戦記念日としているのは日本だけで、大戦に関わりのある各国とは考え方が違うとのことです。二度と戦争をくり返さないということを日本は特に考えていかなければなりませんね。

 8月15日が、自分の誕生日と楽しみにしている菜々美ちゃんとも、いつか昭和20年の8月15日について話し合える日がくるのでしょうか。私自身が記憶を持たないというのに・・・これでいいのでしょうか。色々、考えさせられるお盆休みとなりました。
posted by 津田 美智子 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月03日

コ・ス・パSENRITOよみうり教室に想う


 毎週、月、金曜日にレッスンに通っています。今日は、マットが入りきらないぐらい、満員でした。広範囲のお住まいから通われているので、個性豊かな方が多いような気がします。
 2015年にお教室のあるこのビルを中心に流れが変わり、広大なショッピング街だった場所が、半分ぐらい閉鎖されています。阪急が開発すると聞いていますが、まだ、工事は始まっていない現状です。

 先日もピザのお店が、8月の中頃に閉店するとお聞きし、長年通っていたお店がなくなるのは、とても寂しいです。1970年の大坂万博が開催され、この千里中央付近も開発され、その後とても良き時代に千里に通えたことは、健康体操を始めたおかげだと思っています。

 今日は、久しぶりに地下鉄千里中央駅の直ぐ近く「アストリア」という小さなお店ですが、人気のサンドイッチのお店でランチしました。そこでは、40年余り前に開店した頃とは、殆どメンバーが変わっていません。5人中、若手が1人、他の4人は向こうも私たちのことを思っているということでしょうが、すごいことですよね! カツサンド野菜入りというのが、人気ナンバー1、お昼時は行列のできる店ですが、千里中央に来られたら是非おすすめのお店です。

思えば2001年という思い出多き年があります。その年は、よみうりの舞台も毎年、絶好調の頃でした。若いメンバーを引き連れ、3月、リッツカールトンホテルのまぐろディナーショー、出演、5月、八幡市スポーツ大会開会式出演、6月、奈良ロイヤルホテル、太鼓とダンス出演、6月、山柴公民館祭、8月、八幡5区まつり出演、8月、くずはモール「道の日」出演、8月、こいや祭出演、(千里ひろばで、踊り、電車に乗って京橋駅前で踊り、電車で大阪城ホール前に集まり、こいや祭本祭に出演)、9月、日蓮大法要太鼓出演、10月、千里よみうり発表会、11月、八幡市民文化祭出演、11月にはめぐさんとヨーロッパ旅行に行っています。

本当に、ものすごいパワーでそれぞれの、振付、構成、レッスンとよく乗り切ったなーと感慨深いものがあります。

1996年に起こったからだのアクシデントと闘いながらこんな人生を走り続けていたのですから、ちょっと休息を頂いても良かったかなと、安堵と感謝の日々を送っています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月26日

≪STORM of APPLAUSE≫


 今日は、八幡レッスンの後、車を走らせリニューアルした京都南座へ!
久しぶりのOSKの舞台です。応援していた人は、様子が分からないまま、この春に退団されたとのことで、がっかりしていましたが、幾多の困難を乗り越え、トップが落ち着き大変見ごたえのある内容でした。

 1部「海神別荘」という歌劇と、2部は「STORM of APPLAUSE」というダンスオンリーの舞台です。この題名は八幡市の公民館祭でも踊ったときに「アプローズ」という曲を使っていましたのでさらに「嵐のような喝采」というのですから、大変強烈なイメージがありました。

 トップの桐生麻耶(きりゅうあさや)さんは、背が高く男役にはぴったりの方ですが、短期間にトップが入れ替わり、退団される人もあり何となく回ってきたという感じでしたのに、元々ダンスには定評がありましたので、若い人を引っ張り、チーム一丸となり迫力のあるダンスに思わずほっとしました。

 宝塚は、もう長く観に行っていませんが、華やかで素晴らしいだろうと思いますが、何故か、OSKを見守っていきたいなと思ってしまいます。頑張れと言いたくなります。

 私もどうにか、復帰でき、乗り換えた車にも慣れてきました。2日前にレッスン後お昼の食事中停めていた駐車場で、車に傷をつけられました。見たときは、結構きつい筋が付いていましたが、少し目立たなくなってきました。京都アニメーションの放火事件があり、ショックを受けていましたが、世の中にこういったことが出来る人間がいることが信じられません。

 そのお店に来ていた普通に生活をしている人間が、平気な顔をして生きている。事件性は大小ありますが、人間不信になりそうです。

 芯体操でお伝えしていることは、とても大切なことだと思っています。心もからだも、真っ直ぐに整えていくことは、あらゆる煩悩も取り払い、穏やかで優しい気持ちを育むことだと思っています。OSKを応援するのも、苦難を乗り越えて大好きな踊りに一途に打ち込んでいる姿を見られるからです。

 私の気持ちが、みなさんに届くように、見守って下さる温かいお気持ちに応えられるように頑張りたいと思っています。ありがとうございます。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月19日

京都アニメーション放火事件を悼む


 7月18日(木)午前10時35分頃に発生しました。19日現在、死者33名、負傷者35人と発表されています。昨日、スマホのニュースが飛び込んできたとき、本当に驚きました!伏見とか、六地蔵とか我が家に近い地名に、信じられない思いでした。

 3階建てのビルと聞いただけでは、何故そんなに一気に燃えたのか、不思議でしたが、車の事故などで炎に包まれた映像を思い出しますと、ガソリンが燃えた場合はあんなに凄いということなのですね。

 犯人は、全身にやけどを負い、意識不明の重体ということですが、火をつけ逃走し、100メートル先で警察官に身柄を確保されたといいますから、本人もあそこまで短時間に火が回るとは思っていなかったのかもしれません。自分は逃げられると思っていたのでしょうか。

 我が家の近くに、今から思えば、京都アニメーションのショールームみたいなのがあり、外国人の方もよく訪れているスポットです。今までは、何かアニメの会社かなという認識でしたが、「京アニは日本の宝」「京アニには世界で最も才能にあふれたアニメーターやドリーマーがいる。破滅的な攻撃は日本にとどまらない悲劇」などの声が上がっているのを知り、初めて、その人気が高かったことを知りました。

 社長さんの話では、「痛恨の極みだ。日本の宝が失われてしまった」と語っておられますが、貴重な原画や資料が全滅したそうなのです。お孫さんを探しにきたという祖父の方が、入社して2年のお孫さんが、映画の最後に名前が、載ったととても喜んでいて嬉しかったとお話されていました。若い方の期待に応える職場であり、夢と希望を抱き喜びに満ちた毎日が伺え、こちらまで、悔しい思いに胸が張り裂けそうになりました。

 子どもの虐待や、何かと高齢者が取りあげられる中で、世界にも発信する若者たちの力を改めて、感じることができました。人間は、誰もが通る道の過程であり自分も経験してきた就職、結婚などの流れが、完全に止まり、終わってしまうことの残酷さを味わうことになりました。
 犯人がなんとか、助かることを願います。亡くなるなんて勝手すぎます。生きて、自分のしたことを認め、罪の償いを自ら課して、死刑の判決を受けるべきです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月12日

進化する人になりたい! 

 
 年齢を重ねるほどに、からだは老化するといわれますが、確かに意識なしに生きていますと、気が付けば重力に圧縮された筋肉が固まり、循環の悪い猫背気味のからだへと変化していきます。意識しないということほど怖いことはありません。日々、変化していますが昨日と今日の変化は殆ど目に見えないのです。久しぶりに会った人に、「老けたよね。」と言われるか、「いつまでも、若々しいね」と言われるかは、自分が、こころとからだにどれだけ向き合っているかが問われるのです。

 芯健康セラピストの方は、「筋膜」についても学んでいますが、実はお教室のレッスンでも重要なポイントになっています。まず、毎朝レッスン前にお互いに背中をさすり合ったり、何気ない会話を楽しむなどされているお教室も多いと思いますが、この少しのこころとからだのコミニュケーションが、その日のレッスンに与える効果は非常に重要であると考えています。

 しんどいからだであったり、気分の滅入ることがあったりされると、なかなか切り替えができないものですが、「おはよう!」という挨拶と、あたたかい癒しの手があれば、もうレッスンに入る準備はできているのです。

 その時に、まずお互いの緊張が取れているのかが分かってくるといいですね。「筋膜」は、一種の結合組織であり、全身を包む「筋膜」はすべて途切れることなくつながっています。例えば背中をさするときに、皮膚を強い力でゴシゴシするのではなく、皮膚の下にある袋を意識して優しくさすることが大切です。

 「筋膜」の歪みや縮みは臓器を含め全身に影響を与えます。偏った姿勢や動作で生じる歪みなどを矯正するために、芯体操の運動があります。深層筋などを歪めますと、からだのあちらこちらにつながりが滞り、循環系の働きがわるくなり病気をつくる原因になります。

 レッスンの流れを理解し、少しずつ「筋膜」の存在を感じながら、ゆったりとしたからだで始めることができるようになれば良いですね。

 坐骨乗り運動も踵を押さずにお腹・胸で引き合いながら、楽しく行なってください。このからだづくりには老化という言葉は当てはまりません。老いる人ではなく、からだと向き合いながら進化する人でいてくださいね!

 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月04日

自然なからだと自然な食べ物


 今まで、からだと向き合って生きてきましたが、食べ物についてはからだが自然に健康であれば、食事にうるさく言うより、からだが悪いものを受け付けなくなりますよ、と答えてきました。

 今回、休息を頂きましたが、こんなに食べものについて感じ、考えさせられたことは初めてかもしれません。からだに起こった異変の状態を突き付けられた私は、今までの元気に過ごせてきた日々が不思議なほど、弱っていました。1週間ぐらいは、食欲が全くなくなり、食べられたのは少しのお粥だけ・・・

 朝は、フルーツと珈琲、ヨーグルトと、日によって卵やパン少々、昼食は、午後も予定のあることが多く、レッスン後まだお腹が空いていないのに、取り敢えず各地の行きつけのお店を中心に、食べ歩いているような感じでした。夜は、結構、お肉もよく食べていましたし、野菜も色々な種類を食べていたので、あまり問題にしていなかったのですが、今回は何故か、からだの感性が違うと感じていました。

 昨年の9月から、何回も「坂ノ途中」から有機野菜を取り寄せていましたが今回、驚いたのは、2週間目ぐらいから、少しずつ、食べられるようになったのはお野菜でした。変わったお野菜もあり、楽しかったせいか生でかじったり、ゆでたり、炒めたり、少しずつ食べる量も増えていきました。

 そうすると、気が付けば大好きだったお肉を食べたくなくなっていたのです。からだを再生しながら、実は、食べ物の影響の凄さを感じるようになっていました。からだの状態に応じた食べ物を、からだが要求しているということを知りました。それも、農薬を使わない、添加物を使わない野菜や、食品をからだが見分ける力を持っていることに気付いたのです。

 野菜自らの生命力が、私たちのからだを元気にしてくれるということを肌で感じることができたのです。化学肥料は即効的な増収効果、つまり植物のからだを大きく立派に育てるには有効です。しかしそのような植物は軟弱に育ち、害虫や病気に打ち勝つ力が弱くなります。さらに、栄養価の低い野菜や果物が増えてしまいました。

 私たちは、からだの機能を整えることで、良い食べものを選べるからだづくりができるようにすることも大切に頑張りたいものですね。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記