2019年11月14日

ダウン症の書家 金澤翔子作品展


 先日の日曜日、建仁寺で開かれた金澤翔子さんの個展に行ってきました。祇園界隈
込み合っているかと思いつつ、車で行き、なんとか建仁寺横の駐車場に止められ、ラッキーな出来事でした。

 お母さまとご一緒に、テレビで観るよりシュッと引き締まったお顔と姿勢の翔子さんが笑顔で迎えてくれました。彼女は最近、ジムに通って痩せるために努力していると何かに書いていましたが、その為かとひとりで納得しました。

 建仁寺は、臨済宗栄西禅師によって、開山されました。経済面を負担する開基は、源頼家によります。今や大和大路は、観光客でにぎわっていますが、一足入れば心落ち着く枯山水の庭園や、緑、紅葉などの美しい庭園とつながる癒しの空間です。

 そんな中での一角に並ぶ書の凄さは、何にも増して心を打ちます。母である金澤泰子さんは、1985年に千人に1人のダウン症児を授かり、涙に暮れて障害の告知を受け、永い間、悲嘆の淵をさまよっていたそうなのであります。泰子さんの家系は代々、書家を目指していたのだが、すべてのこころをひとつにへの思いはこの翔子さんに託されたのだと泰子さんは語っています。

 翔子さんの書く文字に、「大哉心乎」(おおいなるかやしんや)という言葉があります。3文字目の心の文字が上がりすぎて紙からはみ出て、考えられないほどアンバランスな作品ができた。しかし、建仁寺に飾られたこの作品には不思議な妖気が漂っていた。さる高名なご僧侶が、凄い作品だと仰って足を止め、実はこの文言には仏という字が隠れていて、真の意味は「大哉仏心乎」なのだと仰る。「この4文字の中に仏が見えるか?」という禅問答なのだそうです。この不自然な心の下には「仏」の文字が隠れている。翔子さんにはこの空間には燦然と輝く仏の姿が見えているのですと、作品にお手をあわせられた。

 本当に翔子さんの書かれる文字には不思議なことがいっぱいなのです。私には、凄くそのことが、素直に心に沁みます。

 何事にもとらわれない心、一生懸命集中することで、人間の心も洗われるのではないかと思う今日この頃です。
posted by 津田 美智子 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月07日

 映画 「閉鎖病棟」


 笑福亭鶴瓶さん主演の映画「閉鎖病棟」を観ました。くずはモールにある映画館は、レッスンの後、観るのにとても便利で、ありがたいです。2時過ぎから、4時半頃までなので軽く食事をしてちょうどいい時間帯でした。
 
鶴瓶さん主演のこの作品は、シリアスなお話で、彼のキャラクターでどう演じているのかという興味がありました。殺人を犯して死刑執行を受けたのに、生き帰ってしまった行き先が、精神的に問題のある人々の病院であるという始まり。

鶴瓶さん演じる秀丸さんは、とても心の温かい人で、色々な問題を抱えた人々に慕われているのは、ご本人そのままの雰囲気であり自然体で生きているように見えます。しかし、その中でまた殺人を犯してしまうというやりきれなさ、この閉鎖病棟は、人権が尊重され比較的自由な生活が守られているのですが、実際に、入居者のトラブルで重大な問題があるのも事実です。

この建物は、長野県の小諸高原病院で撮影されたとのことで、今年の1,2月あたりで完成させたそうですから、寒い中の撮影大変だったと思います。それにしても、こういう題材の映画は、ちょっぴり胸が痛みます。今日の天候のように秋を感じてか、気持ちが落ち込み、盛り上がらないです。

 でも、鶴瓶さんとっても良い味を出しておられましたよ!

 さて、最近のレッスンですが、芯体操の本領を発揮して、感じ方、イメージを、しっかりお伝えし実践していきたいと思っています。実際に言葉で一生懸命お伝えしても、分からないで自己流になっていたりしますので、少しずつの歩みかもしれませんが、じっくりと取り組み一人一人が分かり、実践できるようになりたいのです。

 このままでは、勿体ないなと思っています。誰にでもできることがあるはずなのです。そして、病気でなくても痛み、しびれ、色々な部位の歪みがあることは、決して、病気ではなくても、私達は、その症状を疎かにしてはならないのです。からだが訴えていることにもう少し認識を持って欲しいのです。

 未病のうちに、からだづくりに、もっと時間を取り、感じ方を変えましょう。長年言い続けてきたことなのですが、レッスンするときにも、痛いから動かさないのではなく、どうしたら痛くなく動かせるかを考えていきましょう!
posted by 津田 美智子 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

 日本平から見る富士山

 
今日は、思い立って朝から新東名高速道路を走り、静岡県に来ました。この道路は初めてでしたが、緑が多く車も少なく快適でした!実は、「富士山が見たい!」のが目的、5週目でレッスンが連休になりましたので、本当に久しぶりに願いが叶いました。日本平ホテルはお部屋からも真正面に富士山が見えます。こんなに間近で見るのは初めてです。飛行機から火口の上を間近に見た経験はありますが、やはり、富士山は全景を見るのが最高ですよね!あいにく少し雲がかかった富士山、温度が高かったのか雲がかかった状態でしたが、雪が積もった姿が見られ、明日はもう少しと期待大です。夕食は、懐石料理を選び気配り、心配り伝わってくる満足のいくお料理でした。さすが静岡、深蒸し茶というお茶が食事の最後に、お部屋のお茶でも味わうことができました。お茶所の京都に住んでいて、なかなか味わうことのなかった味、香り、お水の美味しさがじわーっときました!お紅茶三昧の日々、日本茶の良さに疲れも癒されました。12月発行予定の芯体操だより200号、芯体操創立2002年から毎月発行してきた新聞、新しい年の初めに向かって素敵なメッセージを送れるように編集中です!楽しみに待っていてくださいね。
楽しくレッスンしていただけるように、バランスの良いからだ作りを発信し続けます。日本一の富士山のエネルギーお伝えしたいです!
URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

 日々おもしろい!


 毎日違うレッスン場に通うことで、違った景色、お教室、お会いできるみなさまと、色々な変化を感じながら過ごしています。レッスンの内容も、その日によって微妙に違ってきます。私の場合は、レッスン場に入った時から自然にやることが違います。勿論、身体に芯を通すために「坐骨乗り」は欠かせない運動です。

 今、集計中のアンケートですが、好きな運動は?という質問には、「坐骨乗り」と答えて下さった方も多かったようで嬉しいことです。骨盤の歪み、即ち脚の長短のバランスを良くする、脊柱の歪みなどを矯正する働きがあります。

 股関節には足に対する上半身の引き上げを受け止める役割があります。例えば左足が短ければ、左に体重がかかりますし、同時に長い筈の右足が内転し、右足に歪みが生じるという連鎖に陥ることになります。少しでもからだが内転しますと、猫背が生じ、頭が前かがみになると、足のつま先に体重がかかることになります。

 お昼のランチを食べるため、2階から地下への階段を下りるときに普通では一段足を降ろすと、次の足を出すときにはつま先に体重をかけてしまい、胸、頭が前に出てしまいます。そこで、実践!「まず踵(かかと)に乗るように足を運んでいく意識が必要です。常に曲げた膝の裏側がアキレス腱、脚の骨に乗るように歩きます。」と、言いながら、ちょっと長い階段を下りました。

 毎日、色々な場所で、色々な人間のからだが目に入ってきますが、瞬時にどういう使い方をされているか分かるので、とても勉強になります。今日は「アストリア」のサンドイッチと珈琲、美味しいのだけれど、ゆっくり話したいときには、待っている人がいるので気忙しいかな?

 千里の場合は、阪急や、大丸ピーコック、スーパーなど食料品を買うのにはそれぞれの個性がありますので、その日の感覚で色々なお店に寄れるので嬉しいです。最近はナチュラルフードに興味があるので、食材探しも楽しいです。「スプラウト」って種子から育てる野菜ですが、無農薬で小さな器で育てるので、チャレンジします。かいわれ大根、アルファルファ、ブロッコリーなど楽しめそうです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

 恐るべし台風19号


 台風19号は12日土曜日から近畿地方にも影響があるということで、お教室のレッスンもお休みにして、不安な気持ちで過ごしていました。幸いなことに、このあたりは、大きな被害も出ずにほっとしていましたが、刻々と東海から東日本各地を襲いながら進むであろう様子を、ハラハラしながら被害が出ないように祈っていました。

 13日日曜日朝からは取り敢えず、テレビにくぎ付け、無事に台風が通過してくれることを祈りつつ、お昼に母に会いに行った以外は家に居ながら落ち着かない時間を過ごしました。夜には、日本ラグビーがスコットランドを破り4連勝、初の8強ということですが、湧き上がる歓声を聞きながらも思い切り喜べない複雑な心境でありました。

刻々と押し寄せる不安な夜との闘いと、同時間に、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の試合を観に行った人たちの歓声が遠くなり、今は、心が痛みます。
 
 14日月曜日、体育の日で祝日、高速は空いていましたが吹田インター出たところはおっと!混んでいると思った瞬間、そう!万博公園に行く道が混んでいたのでした。車がぎっしりです。でも次の瞬間、右車線に出たら、すいすいでしたよ!なんと、今回の災害を考えますと不思議な気持ちになります。

 祝日なので、お休みが多いかなと思っていたら、マットいっぱいで基礎からしっかりレッスンしました。やはり見てアドバイスをさせて頂き体感する必要性を感じました。一人ひとりまわると時間をとられるのですが、やはり体感しないと先に進めないとつくづく思い至りました。そこに芯体操の真髄があるように思います。

 簡単なストレッチや運動に見えても、実はとても奥深いからだの中に働きかける大切な動きです。かなり芯まで揺るがすので、すべてを効かせていくと、気持ちの良い汗と共に爽快な気持ちになれるのです。からだが変わる瞬間です。

 からだはつながっている。全身、つながっている。骨も関節も筋肉もつなげていくから機能が働くのです。私も、もっともっと、掘り下げて日本一の、世界一の健康づくりの運動として、お伝えしたいと思っています!
 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

心とこころのハーモニー


 もう1週間が経ったのですね。今日は、朝から少し雨模様、車の運転で一番苦手なのが雨の日の運転です。昔、大雨の中、東名高速の追い越し車線を走っていて、前の車にバシャーッとフロントガラスに水をかけられ、前は見えない、エンジンは止まるという最悪の状態、バックミラーには、ものすごい警笛を鳴らしてトラックが迫っています。当たられると思った瞬間トロトロと走行車線に滑りながら、車が勝手に移動、横をトラックがすごいスピードで通過するという何とも恐ろしい体験をしたのです。

 あわてて、エンジンをかけ直し、九死に一生を得る、よくぞ走行車線に車が走っていなかったものだと後から思いだしても、神さまのお蔭としか考えられない数秒の出来事でした。それ以来、運転は好きなのに雨が降ると、からだが勝手に拒否反応を起こし、からだがこわばり冷や汗が出ます。完全なトラウマです。(精神的外傷)

 東北大震災や、多くの災害、また事故やそれを見たことから受けたこころの傷の深さは計り知れませんね。何ものにも動じないで生きてきた私でさえ、しかも、運よく事故になったわけではないのに、恐怖としてからだが覚えている・・何十年も経つというのに・・精神的には元気で大丈夫なはずなのに、からだが覚えているという事実に驚愕します。

 さて、ブログに書いてから1週間、今日もいつものお店でランチ、その日にいなかった彼女は、先週の「貴方が作ったの?」と聞いた彼女から聞いて、全員で話し合ったらしく、「すみませんでした」と話しに来てくれました。味も品も全く違ったいつものメニューの話ですが、正直、この事実に一番驚いているのは私達なのです。

 今日も、同じメニューを出してくれましたが、見た途端に「あっ!いつものだ」と分かりました。全てが合す分量などは統一されているというお話に、きっとキャリアは勿論のこと、その日の気持ちや空気で味が変わってしまうという事実に気持ちが一致しました。やはり、他のお客様からも言われることがありますとのこと、「私たちはみなさまに、楽しんで頂きたい思いでいっぱいなので何でも気がついたら言ってほしい」という彼女は、輝いて見えました。
そして、芯体操もそんな気持ちで精一杯がんばっている、みんなそんな思いで生きている、それだけで、分かり合える彼女たちと知り合えて良かったなと
とても嬉しい時間を過ごすことができました。感謝です。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月02日

 エネルギーの話



 今日は亀岡レッスンの日、久しぶりに自分の車で京滋バイパスを走る。はーい!自己申告。実は9月4日(水)くずはモールの駐車場出口で込み合っていて、ブレーキを踏んでいた足がちょっと浮いた途端にトロトロと動いて前の車にトンと当たってしまいました。新車になってサイドブレーキの仕様になれていなかったこともありますが、本当に気の緩みでありました。

 ちょっとした坂になっていましたので、弾みがついたのか、修理が必要になり、9月19日に修理に出し、10日間代車で過ごしました。9月28日に修理完了!やっと、今日まともに運転というわけです。みなさまも気を付けてくださいね。

 今日も、亀岡から老いの坂トンネルを抜けて、洛西の「松尾園芸」の敷地内にある「ログハウス」という喫茶店でランチを楽しみました。もう長く通っていますので、店員の方とも顔なじみですが、いつも同じメニューに決まっているので、席に着くと直ぐに「いつものですね!」と聞いてくれます。

 そしてバジルのチーズトーストとサラダ、紅茶、ワッフルのアイスクリーム、イチゴソース掛けをシエアします。この取り合わせが最高!と、思っていたのですが・・・

 まず最初、チーズトーストがきて、思わず「??」何かが違う。見ても違う、食べても違う、それぞれに何が違う・・・と考える。自分達の感覚がおかしいのかな??そして紅茶、いつも香、色、味とも完璧と感じていたのに、最後にワッフルこれが決定的、見た目が違う、ソースが違う決定的なのがワッフル生地も焼き方も味も違った!

 いつもの方に、これ「貴方が、作った?」「いいえ?」決定的だった。そうか、
彼女には目力がある、エネルギーがある、パワーがある。作る人でこんなに違うんだと衝撃的でした。何が違うのと言えば、全てが違う。食べ物にだって顔があり、生きているんだ、訴えているんだ、この落差は何?

 お母さんが子供に食べさす毎日の食事、エネルギーのあるお母さんの作ったものを食べられるのか否か、これってすごい違いだよね。自分に置き換えてみると、何かを作るときって、ものすごい集中力で作ってきたって思っている。
命だよね表現力だよね!今日の体験はすごい!エネルギーの可否はすごい!

URL htto://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月24日

 早急に学ばなければならないこと

  
 芯健康セラピスト勉強会のレポート、2週間かかって、ほぼ全員に近い提出がありました。それぞれが、この勉強会の目指す真意をくみ取って頂いたようで、とても嬉しく感じています。書くことで、考え、気付き、刺激を受ける、新たな気持ちが生れる、書けるという流れが手に取るように分かります。

 まだまだ入口で、模索している方、もどかしい気持ちなども伝わってきます。それでも私は、みなさんの原稿を心待ちにしています。未知のことに遭遇したときに、自分の気持ちをどう表現するかということを求めています。その先にセラピストとして何が求められているのかが、おぼろげに解ってくるからです。

 マニュアル通りに覚えた知識よりも、芯体操のからだの使い方、感じ方などを理解し、自分で自分のからだをコントロールできてこそ、初めて人のからだに触れることができるのです。肩の力が抜けること、自分のからだの中に宇宙を感じること、それが偉大な宇宙空間に浮かんでいるような・・・というと、分からないと言われそうですが・・・

 そんな中、老健にいた母が、心不全になって病院に入院しました。折角元気に生活していましたのに病院では、寝たきりになります。6人部屋になりましたが、全員、高齢者で何らかの症状で入院されたのでしょうが、見事にからだは縮み歩けない状態で寝ておられます。母は、数日で退院できそうですが、その数日で見事に足の筋肉が無くなっています。

 お腹は落ち、首が肩よりも下がり頭が上がらなくなっていました。見かねてマッサージしてカチカチの首をゆるめ、肩を降ろしてあげると、首がグーッと伸びて頭が乗りました。「ああ、気持ちが良くなった」という母の顔はピンク色になりやっといつもの母らしくなりました。

 しかし、焼け石に水かなと思います。自分で生活できるからだを持ち続けないと大変なことになると、思い知りました。高齢者社会に突入していますが、病院と仲良くなってはいけません。しっかり自立したからだで、生きなければとつくづく、身に染みました。筋肉は1日で退化します。

 からだの勉強を殆どの方がしていません。身体のことを知り、どうして欲しいかに応えられる自分づくりを今からしっかり見据えなければなりません。
明日は我が身という今の世の中、私たちは早急に自覚しなければなりません。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

 九月花形歌舞伎を観る

  
 暑いなかにもふと感じる秋の気配、残暑とは言え9月半ばになりました。昨日は、レッスン後に京都南座での『九月花形歌舞伎』通し狂言「東海道四谷怪談」を観てきました。中村七之助・片岡愛之助・市川中車(ちゅうしゃ)・中村壱太郎(かずたろう)さんなど話題の、若手とは言わないけれど勘三郎さん亡きあとの七之助さんなどに期待していました。

 今回、坂東玉三郎さん監修ですが、関西では平成5年(1993年)に南座で上演されて以来26年ぶりだそうです。「仮名手本忠臣蔵」の外伝として描かれながら当時世間で、関心が寄せられていたお岩の怨霊(おんりょう)噺(ばなし)や、密通の罪により戸板の裏表にはりつけにされ川に流された男女など、実際に起こったとされる事件が取り入れられ現代まで度々上演される人気作となったのです。

 しかし、あまりに登場人物が多く、七之助さんも三役するものですから、誰が誰か分からなくてついて行くのが大変でした。事前勉強しておくべきだったと残念な思いでした。でも、本当は、もう少し説得力が欲しかった。勘三郎さんたちクラスの人ならどう演じたのだろうと、今一つ物足りなかったのは私だけかなんて考えちゃいました。

 昔、太鼓チーム「鼓童」の舞台でやはり玉三郎さんの演出の時にも、物足りなかったことがありました。演出と監修がどう違うのか分かりませんが、何か、ちぐはぐでズンとくるものが無かった気がします。ちょっとした構成、演出のやり方でがらりと良くなるのではと思うのは、申し訳ないことですが、難しいものですね。

 それより、夜の部は4時半から4時間ぐらいで8時過ぎまであり、それも昨日は、朝、夜2回の舞台、あれだけの早変わり宙吊りなど含め、すごい体力と精神力だと感心します。26日までですから、少しでも、情報があれば!楽しめると思いますよ!

 座席でお弁当というのは初体験でした。30分、20分と2回休憩がありますが、開演までに、ロビーに行くと料理屋さんのお弁当が売られていましたが有名料亭のお弁当が、もう残りませんねと言うので何となく買っていたのですが「なだ万」のお弁当、とっても美味しかったです!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月11日

 芯健康セラピスト勉強会終える!


 9月7日、8日に分かれて年1回の大切な勉強会が開催されました。アンドルー・ワイル氏の《「健康」とは「全体」である》という言葉の持つ意味は、正しく芯体操の世界を言い表していることに感銘を受け、勉強会の大きなテーマとしました。

 5、6月とレッスンを休ませてもらい、只々、からだが落ち着くのを待ちながらも、大切な教科書づくりのことを思いながらの日々、7月から方向性を少しずつ探りながら、忙しくなり出したスケジュールの中で、PCに向き合う時間を何とか捻出しながらの生活。忙しすぎての休息が、始まるとまたぶり返すのかという不安を抱えながらも、やはり思いはふくらんでいきます。

 芯体操と芯マッサージの学びは、どちらが欠けても成り立ちません。からだに対するイメージが、ふくらめばふくらむほどに一体化していきます。運動とマッサージを合体させた健康法は、世の中ではまだまだ進んではいません。自らの体験によりどちらもできるという必要性を強く感じたからこそ、歩んできた道程なのです。

 芯体操をやるなら、マッサージも勉強して頂きたいし、マッサージをやるには、芯体操を勉強している方でないと、しなやかなからだは生れない、こつこつとからだの基礎代謝をよくしないと、癒しの手は生れません。どちらかが優先ではなく、お互いを一つのものとして、じっくり取り組んでいただきたいと思っています。

 京都アニメーションの制作に携わった多くの社員の方達が犠牲になられ、最後の犠牲者の方々の名前が発表されました。まだ、入院されている方もいることを想うと、どんなに辛い毎日であるかを考え、マッサージさえ、行なえるからだであるのかを考えると辛い。笑顔で退院できることを強く願います。

 2016年に公開された映画「聲(こえ)の形」を当時に観ましたが、感動した作品でした。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を与えられています。人と人とのつながり描いた作品であり、キャッチコピーは「君に生きるのを手伝ってほしい」というものでした。

 改めて、私たちにできること、セラピストにできることもあるかと、思いを馳せています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記