2020年03月01日

 鰻(うなぎ)と大徳寺真珠庵の襖絵


  テレビをつけるとコロナウイルスのニュースが流れ、アナウンサーの声が忙しく聞こえていますが、消していると、家の中も外も無音のように感じられます。ここの住宅街は共有地でもあり、通り抜け禁止ということで普段でも車の往来は少ないのですが、今日は歩く人も殆どいないので、不思議なぐらい静かです。

 我が家でも、できるだけ外出を避けようとしていました。しかし、滋賀県大津市の鰻(うなぎ)の店を予約していましたので断ろうとしましたが、結局出かけることになりました。車なので大丈夫という意見に負けてしまいました!今まで、美味しくて通っていたお店の味が変わってから、行きたい店もなく残念な思いをしていたのですが、今回美味しいとご紹介いただいたお店なので、こんな時世に出かけるのは複雑な思いでした。

 しかし、人の多いところはという概念は、そのお店に入った途端に安堵に変わるほど、静謐な空間でほっとしました。予約が取れないお店でしたが、ウイルスのせいか、やはりキャンセルがあって取れたのです。これも複雑でしたが、却ってありがたかったです。

 とても美味しい、こだわりの鰻と調理法を教えていただき、これで、また楽しみが増えた気持ちです。鰻は季節によって、脂ののりや味わいが全く違うことや、それを好みに合わせて焼き上げますというお話に引き込まれました。「うな重」で大きなままなのか、「おひつまぶし」で小さく刻んだものかは、2つ注文して味比べしてみると感触も全く違い炭火での焼き方を変えているというお話に納得でした。大変な毎日に不謹慎でしたが、悶々としていた気持ちがちょっと晴れた気がします。

それと、話は飛びますが、2018年夏に、京都大徳寺真珠庵の襖絵が、取り換えられたというお話で、漫画家の北見けんいちさん、映画監督の山賀博之さん、イラストレーターの上国料勇さん他、計6名の方々でそれぞれの部屋を受け持ち、その描かれるまでの過程を追うドキュメンタリーをテレビで見ました。

特に山賀さん、上国料さんは3カ月ぐらい真珠庵に寝泊まり、お寺の生活を体験しながらの葛藤の中、作品が生み出され、北見さんは、東京の自宅で飄々(ひょうひょう)と、ご自分の忙しい仕事の合間を縫って描かれる様に驚き、最後に真珠庵に合流し、それぞれのあまりに違う発想でありながら、何とも言えないバランスで一つの世界が生まれた。

そもそもこのお寺の開祖は、型破り一休さんでおなじみの一休宗純禅僧。その一休さんを地で行く現和尚がすごい人で、強烈な反対を押し切り、長谷川等伯の襖絵を新しい時代に塗り替えたという。ぜひこの秋の拝観日を楽しみにしたいものです。
posted by 津田 美智子 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

天皇とコロナウイルスから今日1日の思い


今日(23日)は、天皇陛下が60歳(還暦)の誕生日を迎えられました。近代の天皇で最も高齢で即位されたということは、昭和、平成とそれぞれの天皇がご高齢まで頑張られた証でもあります。人生をかけて国民のためにご公務を務められたことは、さまざまな考え方はあろうとも、私たちが自分たちのために生きられることを踏まえれば、大変な生き方であったと鑑みる次第です。

 最近の新型コロナウイルスの感染拡大にも懸念を示し、早期収束を願われているとのことです。天皇誕生日の一般参賀は、中止になったそうですが、私たちの周りでも色々と慌ただしい動きがあるようです。3月の八幡市での交流会の発表作品のレッスンを始めていますが、人の集まるところでの催しなどが、感染を懸念し、取りやめになることも増えているようです。

 中国は勿論のこと、日本に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」からの日本人感染者も含み世界の国々にも影響を及ぼしているのは予断を許さない状況でですね。感染者に対するいじめも起きているとかで、なぜ苦しんでいる方たちにそんなことをするのか、同じ人間として残念に思います。

 そんな中、今朝の新聞に2010年8月に当時30歳だった東京都の会社員が埼玉県標高1700メートルの両神山(りょうかみさん)に登山歴1年で挑戦し傾斜に足を取られ転げ落ち、足の骨を折り、動けなくなったお話が載っていました。

 左足の激痛、血が「ぼこっ、ぼこっ」と噴き出していたのを、応急処置をしても止まらないので映画で見たシーンを思い出しナイフを火であぶって何度も絶叫しながら傷にあてて止めたそうです。3日目にはバケツをひっくり返したような雷雨、左足をライトで照らすと巻き付けたタオルの中に数十匹のウジ虫が集まっていたそうです。持っていたあめ玉7個もなくなり、アリやミミズも口に入れたり、ペットボトルに自分の尿をためて飲んだりもしたそうです。

 そのころ、ふもとでは多くの人が彼を必死で探していたそうです。そして遭難から13日目に見つけられました。その間の多くの人の働きや、流されて見つけられたリュックの沢の上に行きつくまでの状況などの凄さが伝わってきます。9回の手術と1年以上のリハビリを経て、奇跡的に左足は残り当時の恋人と結婚、2人の子供に恵まれ元気に働いておられるそうです。
感染での辛い気持ちが、この記事を見て、強く生きる元気をもらった気がします。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

 芯レッスンに思うこと


 私が自分の体験を通して学び、伝えたいことが少しずつ浸透してきたと思うのですが、一般的に人間のからだに対して感じることは殆ど同じだと思い知らされることが多いです。これほど体幹を鍛えるための運動を繰り返しているのに、まだまだお腹や肋骨の締めなどが使えないでいます。

 「なぜだろう?」と、考えています。赤ちゃんの成長過程を見ると、お腹を中心に栄養を取り込みながら、胎児形ポーズで育っていきます。まだ骨格があるとは言えない状態であり、骨を支える筋肉も育っていないのに、羊水に保護されていた胎児は分娩時に羊水を流出して出産を容易にさせ、この世に生まれます。

 その瞬間から脊柱を中心に手足の骨が重力を受けながら逞しく伸びるのを感じます。首が座り、寝返り、お座り、四つ這いなど様々な運動を行います。それまでは私が感じているのは全て、中の筋肉と捉えています。二足歩行を始めた頃から重力と自分の体重とに負荷を与えられ、いわゆる外の筋肉を作っていくのかなと感じています。勿論、成長期に骨が伸びそれを支えるための筋肉を鍛えることは必要と思います。

 只、筋肉の正しい使い方を知ることが、とても重要なのです。。心と身体の成長期である10代の頃にスポーツなどで鍛えることも大事なことではありますが、特定のジャンルの運動をするときに、その時間の半分ぐらいは充分なストレッチ、身体のバランスを整える鍛錬が必要だと思っています。

 芯体操では、そのバランスを崩して様々な要因を抱えている多くの方に出会います。だからこそ、人間として生まれたからには、二足歩行に対応できる身体づくりをこの世に生まれた時から知ることが、必要だと切に思うのです。

 今の私たちにできるのは、自分だけのためではなく子供、孫、あらゆる世代に伝えることです。歪み、縮みからくるあらゆる結果(病気,事故など)を招かない社会にしていくことなのです。少しの気づきから自分を守ることができると信じています。寿命がある限り、生きている限りは、先ずは自分と向き合うことが大切です。

 外の筋肉の緊張を取ることで、一番大事な中の筋肉(それに守られた内臓やリンパ、血流などの働きを活性化する)をしなやかで強くする、それが、芯体操の目指している運動です。理に適った身体は理に適った方法で芯(真)の身体をつくり、痛み(歪みで縮んだ箇所に体重がかかっている)を改善しましょう!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月08日

「芯体操だより」リニューアルしました!


 みなさまの愛読書(?)200号特集号でお気づきのように、グラフィックビズという会社に依頼して紙質、色彩も鮮やかな贅沢な新聞で2月号もお届けします!芯体操って、消費税が値上がりしようと、物価が値上りしようと、大丈夫ですか?と言っていただくだけで、頑張ろう!と思っちゃうのですから、健気というか真面目というか、はい!がんばってまーす。

インストラクターのみんなも、みなさまの温かいお声掛けに励まされて、本当に一生懸命お勉強して少しでも、芯体操の大切な真髄をお伝えしたいという気持ちで、頑張っています。経費はどんどん値上げの余波を受けて、大変ですが、みなさまも同じこと、芯体操を大切に思って何があっても通い続けてくださるお気持ちに感謝しながら、楽しい憩いの場所を提供できればと思っています。

遠いところから、通ってくださる方も多く、帰りの電車の中で芯体操だよりに目を通していただくことも、大切に保管してくださる方も全て、心と心の繋がりを感じています。2002年8月に創刊号を発行しました。18年近く続ける中で、今回のようにチャリティーのお願いもありました。みなさまが共感を覚えてくださり、何度も社会的な活動を成立することができているのも、芯体操のもっている、健康であり幸せであることで、初めて人のことも考えることもできるのかと思いながら歩んでくることができたからです。

芯体操の実技やマッサージなどで直接的に、周りの人たちに少しでもお役に立てることも大きな理念として考えることもできます。人と人が互いに信頼し合い、助け合うことができる世の中でありたい、芯体操が存在できることは、そんな思いやりを育むことで成り立っていけると信じています。

みなさまの口コミほど、有難いことはありません。お問い合わせがあってお話させていただくと、初めからとても温かいお気持ちを感じることができます。それはすでに生徒のみなさまからのお勧めにより芯体操を信じてくださっているからなのです。そんな、きっかけで来ていただくととても嬉しく思います。

今後ともぜひ、お声掛けをよろしくお願いいたします。まだまだご自分のからだがどうあれば良いかということに、気付いていない方が多いですね。芯体操で芯のあるからだとは、病気にならないからだ、改善したいからだ、など今からの1日、1日の過ごし方を大切に考えていきたいですね。芯体操ではそんなことも提案し続けたいと思っています。
今後も芯体操だより、可愛がってくださいね!

URL http://www.shintaisou.jp/

posted by 津田 美智子 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

結婚記念日2月2日を迎えて

 
 当時は折しも札幌冬季オリンピック開催中であり、新婚旅行は競技を見たさに北海道に決めました。今年は、日本で開催される夏のオリンピックが半年後に迫っています。世界中から、色々な思いで、日本を訪れる人々が集結します。世界情勢が心配な中、無事に終えることができるよう祈らずにはおれません。

 結婚した頃は、そんな心配はどこ吹く風でしたが、生きるということは、子供、孫の代まで心配が増えることでもあるのですね。戦争や災害が無い世の中であって欲しいですね。
そんなことを思いながらも、今日は久しぶりにお食事を予約していました。

 京都岡崎の「つる家」、創業は明治41年(1908年)に大阪・北浜の地に始まりました。京都岡崎は、昭和3年(1928年)に昭和天皇陛下のご即位の儀が京都御所で執り行われるために、全国の貴族院議員などが入洛するため、宿泊、食事のご奉仕をされたそうです。

 また、庭園は明治の名工庭園師、加藤熊吉(植熊)氏が作庭し東山連峰を背景にした築山林泉様式の借景庭園であるそうです。部屋から見る庭園は奥行きもあり、琵琶湖より疎水の水を引き込んでいるとのことで小さな滝から流れる泉水が緑を際立たせているようです。残念ながら周りの木々も大きくなり東山連峰は見えませんでしたが・・・

 海外からは、イギリスのエリザベス女王、チャールズ皇太子、ダイアナ妃、アメリカのブッシュ大統領など数々の国公賓の方々が訪れていたとのことで、その空気感をそこかしこに残しているような静謐な空間でありました。

 お料理は、2月ということでしょうか、三宝柑を半分に切ってひとつの器にエビ、ホタテ、ウドなどの味付けたものにあと半分の果汁を自らじゅわっとしぼって食べるという一品目から始まり、鯛のお刺身、粕汁、ワカサギの揚げ物や、筍等々、珍しいものがあるわけではないのに、器や盛り付けが和食の粋を極め、国内外のお客様が日本の佇まいや、和食を楽しまれることのために、守ってこられた精神を感じました。

 旬の野菜や魚を使ってナチュラルフードを目指している私にとって、家で頑張っていた素材や味など、かなり好い線行っているのだと確信した次第です。

 因みに、昨年6月から始めた、ナチュラルフードコーディネーター講座の勉強、紆余曲折を超えながらも無事に「コーディネーター資格取得」しました!まだまだ、スタートラインではありますが、からだと共に学んでいきます。よろしくお願いいたします!

 URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月26日

「時間(とき)の花束」


 素敵な出会いがありました。三浦百恵(山口百恵さん)のキルトの作品集です。歌手・女優として一世を風靡し、三浦友和さんと結婚して即、引退されたのですが、その後は一切表に出ることはなく時々、歌番組で昔の姿を見ることで思い出すといったぐらいでした。

 キルトをされているのを知っていましたが、いきなり32年間の作品の数々を見せていただきとても驚き、還暦を迎えられたという初めて見る近影に二度驚きました。人間ってこんなに変わるものかというほど、何度見てもご本人とは思えないのです。面影があるとすっと入ってくるのでしょうが、歳月はここまで変えることに戸惑いを覚えました。

ひとつのことに打ち込むことの凄さを思います。こうした生き方を望んでおられたのでしょう。師である鷲沢玲子さんは、「キルト作家として多くの生徒と共に長い年月を過ごしてきました。三浦百恵さんはその中で出会った多くの才能ある生徒のうちの一人」と言われます。

 三浦さんの心の中には、いつも家族がいて、今回の誰もが夢にも思っていなかった出版という出来事も、「引退してから今までの趣味をまとめていただける本なら良いのではないですか」と友和さんからのアドバイスがあり、決められたと思っていますとのこと。

 「時間(とき)の花束」という題名と、ピンク紫のカバーに魅かれて、癒しのひと時をいただきました。好きなことをやり続けられることは、私も45年になる健康体操の道が芯体操という大きなプレゼントをいただきながら続けられていることに、今更ながら感謝の日々です。三浦さんは家族のために生きられたかもしれませんが、人に喜んでもらえるという気持ちは共通するところがあるかもしれません。

 しかし、私は苦しんでいる方のからだを少しでも良い方向に向けてあげたいという大きな使命を感じています。こうなれば楽になることが分かっていてもからだを変えることは、一朝一夕に叶うものではありません。でも、からだがなりたがっていることを思えば、勇気が湧いてきます。
私には失敗は許されません。正しいと思うことを成功に導くという結果が問われます。医学の発達があると言われても、それでは助からない方もいっぱいいます。そんな手の届かない方たちに、日常での生きるための方法をもっと、もっとお伝えしたいと思っています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月18日

 認知症に対する考え方

 
 テレビで放映された医師、長谷川和夫氏(90歳)の生き方はとても考えさせられた番組で数日経った今でも心に残っています。彼は、「痴呆(ちほう)」という呼称を「認知症」に変えるなど、人生を認知症医療に捧げてきた第一人者なのです。NHKは、この1年、長谷川氏とその家族の姿を、記録し続けてきました。

 86歳まで診療を続け、今も講演や研究に精力的に活動されていますが、本人が認知症になるという闘いが始まっていたのです。奥さまの瑞子さん、娘のまりさん達に支えられながら、少しずつからだが衰えて行くさまが、見てとれますが、それにしてもご本人の意識というものは、確かなものを感じられます。

 毎日、お気に入りの喫茶店で珈琲を楽しんだりも、まりさんが付き添って通われているとか、講演会にも付き添ってもらいながらなので、ご家族の負担も少しずつ、増えていくようです。私たちが親の介護で感じていた事態と同じなのかと思いながら見ていましたが、おや?何かが違うのでは?という疑問が生まれてきました。

 だんだん、寡黙になりますが普通は分からないことが増えていくからかと思いますが、映像はあくまでも長谷川氏を追い続けていますので、ご本人の感じ方が手に取るように分かります。そうです、彼には周りがどう思っているかということも認識できているのです。だから、自分が迷惑をかけているから、どうしたらいいのかを自問自答しておられます。

 ご自分から、施設の2泊3日のコースを受けたりもされましたが、私の母のこととダブって身につまされる思いになりました。知らない人たちと一斉に食事したり、簡単な運動を一緒に行ったり、そこには、今までの功績に対する尊厳もありません。認知症になったらもう、自分の意志は奪われてしまうのか、そのまま、廃人のように扱われてしまうのか・・・

 自分に置き換えてみると、誰も悪い人はいなくても、自分の生活は奪われてしまうのかという悲壮感を感じました。
 しかし、そう感じた彼は、「自分の家に帰りたい。」と思いました。自宅に帰ると直ぐに2階の自分の仕事場に行って、「ここにいると落ち着くのですよ。」と医師である姿、顔つきもしっかりしていました。「今までは、認知症の人にはデイサービスに行ったらどうかと言っていましたが行ってみると、どんどんひとりになっていくのです。」

 「みんなに迷惑をかけていると自覚しているから、気分の落ち込みでだんだん寡黙になっていく」 この言葉は重かったです。認知症の彼の、「見える景色は変わらない」という言葉に私たちが勝手な思い込みをしていないか、問われたように思いました。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月12日

 自分のからだは自分で向き合おう!


 私は何も変わらないのに、からだの調子は毎日変わる。今までの私でいられることを願ってきたが、そうはいかない。今までの自分という存在を、そのまま具現化しようとするから悩むのであって、私の体験を基に知り得たこと、内面も外面も変わったことをそのまま受け止めて、或いは受け止めて頂いてありのままに、理解してもらうことを願う。

 そのことで、私は大きな影響を受け、学んだことは大きい。世の中はどんどん変わっていく。地球の自然も変わりゆき、生きている人間の間違った行いも、シグナルを受ける者もおらず、与える者もいない。その中でからだと向き合うことだけは最後の砦(とりで)かもしれない。

 自分のからだは自分にしか分からないことがある。辛いこともいっぱい抱えて心が悪いのか、からだが悪いのかさえ分からなくなる。芯体操のお教室で一瞬でも楽なからだを感じることがあるなら、その感覚を信じてみよう。からだが生きるとはそういうことだと思う。一瞬でも痛みが取れたり、ふっと軽く歩けたり、悩んでいることも忘れられたりするなら、きっと良くなるはずだ。

 私はそう信じて生きてきたし、これからもそう生きたいと思っている。そんな気持ちでレッスンをやり続けたいと思っている。同じことでぐるぐる繰り返している気持ちとからだに少しの勇気を与えてあげて欲しい。病院に病名をつけてもらいに行くのを止めて、少しでも心とからだに、自分で働きかけてみよう。

 生きるということは、人任せでなく、自分と向き合うことが大切なのだ。一人が辛いなら芯体操をしてみるといい。教室で楽しむのもいいし、家にいるときもゆっくり坐骨乗りをしたり、芯体操呼吸法をしてみるといい。からだにエネルギーが満ち、からだが喜んでくれると自分も気持ちが落ち着く。

 夜寝る前や、朝目覚めてしんどいなと感じたら、寝床の中でゆっくりお腹をさすったり(時計回り)呼吸法をしてみよう。舌を歯と上あごの間につけて、吐く(唇を軽く開け口から吐く)、吸う(唇を閉じ鼻から吸う)を繰り返す。特に夜寝る前に胃や腸がググって鳴るぐらい感じると、内蔵の捻じれやゆがみがゆるみ、とても効果があり便秘が改善する。

とにかく、自分のからだはまず、向き合うことから始めよう!

URL http://www.shintaisoujp/
posted by 津田 美智子 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月10日

 映画「アナと雪の女王」を見て


 新年を迎え、1月6日(月曜日)の千里コスパ教室から、初レッスンを始めることができました。この日はまだ、歩くのもおぼつかない感じでしたが、今日木曜日のレッスンまで連続して出ることで、毎日進化しています。からだの治癒力は素晴らしいです!自分が思い描いているイメージ通りにつながり、伸びて歪みを改善していきます。

 24年間かけて、からだを治療し続けてきたと言っても過言ではないでしょう。それも治る見込みのない状態を、です。こんなにダメージを受けたからだなのに、2本足で歩いているのですから「芯体操は不滅です!」と宣伝したいぐらいです。芯体操はみなさんの口コミだけで発展してきました。これからも、健康になりたい方、悩んでいる方がいらしたら、是非お勧めくださいね!

 今日は、八幡レッスンでした。連続4日目ですから、からだの調整、広くてたくさんのみなさまに向き合えるかちょっぴり心配でしたが、みなさまの温かい気持ちが伝わってきて楽しく終えることができました。その勢いで、くずはモールまで行って映画「アナと雪の女王」を見ました!体調が整ったら、ぜひ見たかった映画です。

 1話は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による、2013年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画でとても楽しい映画でした。その1話を上回るヒット公開中の第2話なのです。お正月も大入り満員だったそうですが、今日は、がらがらでゆったりと楽しめました。

 興収入110億円突破、動員1位という凄さです。くずはモールの映画館はいつも行くのが平日なのと、お買い物主体のお客さんが多いのか、空いていて見やすいのでありがたいです。
映画が終わると、エンディングで、スタッフ一同の名前が流されますが、曲3,4曲ぐらい流れる中、ものすごい多くの方々によって作られていることに、感動します。

 1話でも、神田沙也加さん、松たか子さんの声と歌でしたが、今回でもアナのソロ曲「わたしにできること」や、松たか子さんが歌う「みせて、あなたを」、「ずっとかわらないもの」などの様々な物語を彩る楽曲が、私たちを魅了してくれます。

 そんなこんなで、2時半からの映画を見て、買い物をしていると外は真っ暗!しまった!と思ったのはあとの祭りで、運転も久しぶりだったことも忘れて1日出ずっぱりはちょっときつかったです。まだ暗くなっての運転は無理!反省!
 でも、何もかもが新鮮で、ここまで回復したことに感謝の1日でした。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月02日

 あけましておめでとうございます!


 令和の年があけました!自分の状態のせいなのか、何かしら静かな幕開けのような今年のお正月。昨夜は、紅白歌合戦を見ながら夕食に続いて年越しそばまで、早めにいただきました。義兄が打ってくれた出来たてのお蕎麦を持ち帰り、温かいにしん蕎麦と冷たいつけ蕎麦の両方を楽しみました。

 お蕎麦が好きで、色々なお店を探しては行くのですが、なかなか納得のいくお蕎麦に巡り合わなかったのに、灯台下暗しで身近に美味しいのがあったというわけでした!今朝は、炭山の姉の家に、母を迎えていたので、一緒におせち料理とお雑煮で祝いました。今年は、孫たちが来られないので、静かなお正月です。

 姉の家は、山手に陶芸家たちが三々五々住んでおり、いわゆる陶芸村のような環境です。元々、緑に囲まれた土地で南向きの家なのですが、ちょうど玄関前の道を挟んだ山の木がどんどん伸びて、冬は太陽を遮り日があたらなくなってしまい、山の持ち主は木を切ってくれないそうです。

 主人たちのグループで、きこりをしています。あくまでボランティア活動の一環として毎週、1、2回チェーンソーなどを使って山の木を切って整備しています。工具を使う検定や講習会で勉強したりしています。

 だから、みんなで一緒に切りたいなと言っていますが、その山の持ち主は受け付けて
くれないそうです。こんな理不尽なことって、きっと町の中でもあるのでしょうね。人のこと考えずに増築したり、日があたらないほど辛いことはありませんね。姉の家は冬場だけなのでマシかもしれませんが・・・1階が仕事場で、2階は天井が高く暖炉もあるので温かく我が家から20分ぐらいで行ける山なのですが、気温は下と5度ぐらい違います。夏は涼しく、結構快適そうです。

 しかし、バスはなし、子供の中学から大学は勿論、ずーっと送り迎えしていましたよ。
道に突然、鹿が飛び出すこともあるそうです。何とも不思議な世界ですね。

 そんなこんなで、ご挨拶している間に元旦が終わり、2日になってしまいました。みなさまも良い3が日をお過ごしください。

URL http://www.shintaisou.jp/ 
posted by 津田 美智子 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記