2019年12月27日

日々生きていることを


 12月22日は、インストラクター懇親会を開きました。レッスンをお休み中なのに、お食事会には参加するように思われるでしょうが、これもリハビリと思い頑張っています。

 23日は車に乗せてもらって、高島屋まで行ってきました。孫ちゃんたちのクリスマスプレゼントを買いたかったのですが、店内に入った途端、休みたくなって暫し休憩。本屋さんに行って、「アナと雪の女王」の本を見つけました。今、映画館で第2話が上映中ですが、やはり2話の本も12月発売ということで、1,2話2冊を購入しました。これは長女の菜々美ちゃんに。

 5才の竣ちゃんには、かこさとし(加古里子)さんの絵本「みずとはなんじゃ?」を、選びました。かこさんは、2018年5月2日に92才で亡くなられました。これは最後の本で、水の不思議な性質を生活の中で出会う身近な例と共に、紹介されているそうです。今は何でも当たり前になっていますが、もう一度原点に帰って考えて欲しいなと思っています。

 24日、色々手紙も添えて荷造りし宅急便で送りました。明日のクリスマスの夜に着くはずです。喜ぶ顔が目に浮かびます。

 25日、今日は、めぐさんの誕生日です。クリスマスに誕生なんて素敵です!また、車に乗せてもらって近江八幡のクラブハリエに行ってきました。琵琶湖の湖岸道路を走って、最高のお天気の中、久しぶりに気持ちいい空気を満喫しました。カフェはとっても空いていてゆったりと時が流れます。有名な?バームクーヘンと驚くほど大きないちごの乗ったショートケーキとカシスの贅沢なショートケーキを買って早速、クリスマスプレゼントを届けました!

 26日、くずはの歯医者さんに、久しぶりに運転して行きました。慎重に、アクセル、ブレーキに気を付けて・・・近頃は,踏み違い事故が多発していますから・・・
くずはモールにも寄りました。懐かしい気持ちでいっぱいでした。

 毎日、よく動いているようですが、どの日も精一杯で、からだとのお付き合いが大変です。毎日変化があるのでなかなか一筋縄ではいきませんが、少しずつ歩んでいます。みなさまも、お休み中は芯体操でしっかりからだ動かしてくださいね!そして新しい年が平和で幸せであるように祈っています。良いお年をお迎えください。
URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月21日

久しぶりの出会い


昨日(木)は、ダンスチームの方々、の17+2(子供)の19名とお食事会を開きました。場所は、サンマルク伏見店です。ランチは2500円ぐらいのリーズナブルなお値段で、メイン料理が選べ、サラダ、スープ、デザート、お飲み物、パンが食べ放題でゆっくりお食事ができます。久しぶりでしたが、多人数でも早めに予約したら全面オープンなフロアですが、上手にコーナーを使ってスペースを確保していただけました。

 団体ですと、ピアノ演奏が邪魔なぐらいでしたが(話す声が聞こえにくい?)、実は他のお客様にはこちらが邪魔だったりして(笑)でも淑女ですから、大丈夫だったと思います。お教室を休んで、3週間目ですから、殆ど毎週顔合わせしている方ばかりですので、新鮮で(?)とっても懐かしい気持ちで嬉しかったです!

 今回は、凄いからだの変化があり、まったく歩けなくなってしまいました。こんなことを言うとご心配をおかけすることになりますが、ありのままご報告することで、わたしの辿っている道を分かって頂けたらと思います。からだに起こったことは、抽象的で理解できないことも多いかと思います。しかし、医学がさまざまな人間の症状に病名をつけて整理し、多くの人間の症例を試行錯誤しながら、治療法を当てはめてきましたが、その間に多くの人が亡くなっていることを踏まえてのことなのです。

 私の気持ちは、人間のからだに、何故病名が付くことに至るのか?それを自分のからだで探ってみたいと思っているのです。今までも何度、もうだめかと思いながら、芯体操として生み出したすべての方法を使って、生き直してきました。歩けない状態から歩けるには何をしたらよいか、今回は以前の歩けない時とは症状が違うことも分かりながら向き合っています。

 これはあくまでも私のトラブルを抱えたからだだからで、みなさんのからだは私が身をもって知りえたことを学んで頂き、未病のうちにからだを改善しながら健康になって欲しいと願っています。こんな体験をしたことで、芯体操を確立したことは神さまからの大きなプレゼントだと思って世のため人のために役立てたいと思っています。

 久しぶりにお会いして、みなさんがお元気に頑張って芯体操を楽しんでくださっている姿を見られてとても嬉しかったです。ひとり、ひとりが「共に生きる」大切な人達なのだと改めて教えられた気がします。

URL http://www.shintaisou,jp/
posted by 津田 美智子 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月12日

 奇跡のような人生


 奇跡のような人生・・・何かあるたびに感じ続けてきた心とからだは、今も一生懸命働き続けてくれる。からだに起ったことは、何十年過ぎようとも、元に戻ることはない。しかし、芯体操はからだに必要なこととして、働きかけ、動かせ続けてくれるのだ。

 筋肉が無くなり、夢のように浮き上がった実体のないからだで過ごした日々もあるし、からだの中で、ひもが繋がり、自由に動くことが出来たりもした。色々な、からだに必要なことがどんどん分かってくるので、レッスンはどんどん深く追求しながら発展してきた。

 自分のからだを知っている人は少ない。なぜ痛いのか、なぜ痺れるのか、なぜ、なぜ、 分からない、分かろうともしない・・・その連鎖が続く限り、抜け道はない。
どんどん、症状は重くなっていく。

 私のからだは、芯体操として多くの運動を生み出すこととなった。その過程で歩けなかった状態から、自由に動けるようになった。しかし、中の筋肉は縮んだままで大きく外れた筋によって、何度も危機を超えながらレッスンで伝えたいと思い続けた・・・ からだの成り立ちを・・・

 今、とうとう「中の縮みと繋がった!」「途端に歩けなくなった!」「このからだが、筋肉を無くしながらも、筋肉を作り続けその筋肉を使って繋がった瞬間!」私の味わった体験は未知の世界を知った何人かのひとりであろう。

 芯体操を考案し、実践してきた結果、恐らく24年前に歩けなくなったまま、命を失くすか、身障者になっていたと思える状態がよみがえる。そのときの歩けないと、今の歩けないとの違い、それが芯体操の力だ。まったく歩けなくなって、教室を休んだのが12月3日、それから10日目に私は歩いている。

1日ずつ回復していくのが分かる。軽やかに飛び跳ねるにはまだ、時間が必要だが、縮んだからだ、歪んだからだが変わるのだからすごいことだ。だから、歩けなくなる人が多い世の中にからだをいかに使うかということを伝えていきたい。

みなさんは私のようなからだではないからこそ、いくらでもからだは変えていける。踵(かかと)から球体になれるように縮んでいる部位を少しずつ伸ばしていくだけでいいのだ!大きな球になれたら、楽に歩けるからだになるのだ!

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月06日

 「身土不二(しんどふじ)」 という言葉


 以前から気になっていた言葉ですが、ご存じの方も多いと思います。私は大好きな和菓子の「仙太郎」の表題になっているのに心惹かれていました。添加物を使わないで、伝統食は完璧だから手を加える必要がないという精神が好きです。

 京都では、親子3代以上住み着いて、100年超えれば老舗といわれるのだそうで、やっと老舗になったそうですよ。そんなことも知らないで、ずっしり餡の入った最中が大好きで、出かけると必ず買ってきたものです。でも、あのはみ出していた、ずっしりの最中が小ぶりになってからは、あまり欲しくなくなってしまったのは何故か?気のせいだと言われそうですが、味が変わったように思うのです。

 別に小さくなったからというわけではないのですよ!・・・でも不思議な言葉「身土不二」はちゃんと頭の中に残っていました。何故、ぶり返したかと言いますと、今、ナチュラルフードにはまっていますが、またまた「マクロビオティック」という言葉に出会いました。 「健康による長寿」 「偉大な生命」 という意味合いだそうです。

 からだに負担がかかる食べ物を減らしていくと、人が本来持っている自然治癒力や不要なものをからだから排出する機能が、徐々に回復してくるのですから、芯体操をやりながら、少しずつ食事にも気を付けていけばいいですね。

 驚いたことに、「マクロビオティック」についての基本は「身土不二」であり、その考え方は、大地(=自然)と人は別の物ではなく、つながりがあるというのです。知っていると当たり前のことのようですが、ひとつのことに興味を持つと、次々に色々なことが、共鳴しながら出てくることがとてもおもしろく、楽しくなります。

 これも、自然の有機野菜を食べ始めて感じてきたことからの続きなのです。食事に関してはまだまだ、牛肉も好きですし、完ぺきではありませんが、少しずつ食生活が変わってきているのは感じていたところでした。

 できるだけ地球に負担を掛けない生活を少しずつ意識することはとても大切なことですね、芯体操で目指していることは、深層筋をしっかり動かすことにより、循環器系の働きを活発にすること、芯呼吸法をマスターすることなのですが、毒素を排除するためには、食生活の改善と、からだの改善は全く同じ道を辿っていくことになるのだと気付くことができました。

 私の中に色々なことが、大きく広がっていくような感動が、満ち溢れています。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月29日

芯体操だより200号予告


 11月の芯体操だよりをお休みいただき、1カ月以上かけて、200号発行のためにがんばっています。200号と言えば、およそ17年の歩みです。その間、巻頭の言葉を書き続けてきました。その間、ブログを初め、いわゆる何かを求めて発信し続けてきました。

 一喜一憂の人生と言えばかっこつけているようですが、思いのほか穏やかな気持ちでいられたのは、「芯体操」のおかげかもしれません。何しろやっていることが心とからだの健康でありますから、これしかないという思いで生きることは、自然界とのつながり以外ないと感じています。

 誰に読んでいただけるのか分からないけれど、その時、その時の気持ちをありのまま書いていることで少しでも共感して頂いたり、何?これって驚いたりその方にとってちょっとでも心を動かすことができれば嬉しいです。

 1日を精一杯生きることが私の人生の生き方です。授かった命を、少しでも世のため、人のためになれること・・・私のできることは、目の前にあることに精一杯向き合うことで、一筋の道を創ってきたことです。それが私のただひとつの生きた証かもしれないかな。

 こうしてみなさまに発信し続けてきたことの年月への思いを小さな紙面にどう表したら良いのだろうと・・・私一人で書くのはとても好きだし空想の世界は無限に広がります。でも「芯体操」としてメッセージを送ることは大変です。それぞれの思いをひとつにすることが大切だから・・・そして、読んでいただくみなさまの心にずーんと伝わって欲しいと願っています。

 先ずは表紙、ここには私のすべてがあります。私の心の深淵が見えますか?
構成そのものが、世界です。私のメッセージを受け止めてくださるか、楽しみにしています。そして、「芯体操」の歩みがさらに前に切り開いていくことで、確かな足跡を残していけるように、力を尽くしてインストラクター全員の心をみなさまに届けたいと思っています。

 発行は12月半ばになります。
乞うご期待ください!
CMでした!
 URL http://www.shintaisou.jp/

posted by 津田 美智子 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月20日

久しぶりの羅介さん


 昨日、千里コスパレッスンを終えて、三英美術ギャラリーまで行ってきました。今までは千里中央にあったギャラリーですが、阪急の何年間計画の開発が始まり、箕面市のシーモア千里ビルの1階に移転しました。初めての場所でしたが、羅介さんにお会いするのが楽しみでした。

 「羅介の福(ふく)童子(どうじ)染付器展(そめつけうつわてん)」白地の陶器にブルーの絵が大好きになって、千里のギャラリーで個展があれば必ず伺っていました。今では、食事になると大概、羅介さんの器を選ぶことが多いです。

 確か、八幡の石清水八幡宮も羅介さんの絵があるはずです。屋根瓦の緻密な絵を、ずーっと書いていらっしゃいましたので、その集中力は半端ではありません。福童子の絵が本当にお好きで、描き続けて何十年になられるでしょう。今日は、着物のしみ隠しに描いたという作品も見せていただきました。とても美しい彩色で、しみの入った着物とは思えない濃い緑、薄い緑のグラデーションが美しい着物に生まれ変わったのを見せて頂き、こちらまでわくわく嬉しくなってしまいました。

 ご飯茶碗、小皿、大鉢、蕎麦ちょこなど色々欲しくなりますが、羅介さんはご自分が納得したものでないと、「うーん」と考え込んで「また、来年の時にしたら?」などと言われるので、だから次にしょうかなどと、また楽しみになるのです。今日の夕食は見事に羅介さんの器で揃えました。やはり、一品ずつが見た目も食べても「食を願わば器物」(しょくをねがわばうつわもの)とはよく言ったものですね。

ものには順序があるという例えではありますが、何でもいいだけでは、つまらないですね!好きなものに囲まれた生活がいいかなと心から思います。

 デパートで高価なものを買うのも良いかもしれませんが、作る人の人となりに惹かれることもあります。

 先日は、トールペイントの先駆者、バルーチャ美知子氏の記念パーティーに出席するために東京への予定でしたが、残念ながら行けなくなりました。久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていましたが、お電話で話せて良かったです。
 こうして、色々な方との交流があることは、本当にありがたいことだと思っています。芯体操で感じる心とからだがあれば、自由で広い空間を共有できるような安心感があります。幸せを感じるひとときです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

ダウン症の書家 金澤翔子作品展


 先日の日曜日、建仁寺で開かれた金澤翔子さんの個展に行ってきました。祇園界隈
込み合っているかと思いつつ、車で行き、なんとか建仁寺横の駐車場に止められ、ラッキーな出来事でした。

 お母さまとご一緒に、テレビで観るよりシュッと引き締まったお顔と姿勢の翔子さんが笑顔で迎えてくれました。彼女は最近、ジムに通って痩せるために努力していると何かに書いていましたが、その為かとひとりで納得しました。

 建仁寺は、臨済宗栄西禅師によって、開山されました。経済面を負担する開基は、源頼家によります。今や大和大路は、観光客でにぎわっていますが、一足入れば心落ち着く枯山水の庭園や、緑、紅葉などの美しい庭園とつながる癒しの空間です。

 そんな中での一角に並ぶ書の凄さは、何にも増して心を打ちます。母である金澤泰子さんは、1985年に千人に1人のダウン症児を授かり、涙に暮れて障害の告知を受け、永い間、悲嘆の淵をさまよっていたそうなのであります。泰子さんの家系は代々、書家を目指していたのだが、すべてのこころをひとつにへの思いはこの翔子さんに託されたのだと泰子さんは語っています。

 翔子さんの書く文字に、「大哉心乎」(おおいなるかやしんや)という言葉があります。3文字目の心の文字が上がりすぎて紙からはみ出て、考えられないほどアンバランスな作品ができた。しかし、建仁寺に飾られたこの作品には不思議な妖気が漂っていた。さる高名なご僧侶が、凄い作品だと仰って足を止め、実はこの文言には仏という字が隠れていて、真の意味は「大哉仏心乎」なのだと仰る。「この4文字の中に仏が見えるか?」という禅問答なのだそうです。この不自然な心の下には「仏」の文字が隠れている。翔子さんにはこの空間には燦然と輝く仏の姿が見えているのですと、作品にお手をあわせられた。

 本当に翔子さんの書かれる文字には不思議なことがいっぱいなのです。私には、凄くそのことが、素直に心に沁みます。

 何事にもとらわれない心、一生懸命集中することで、人間の心も洗われるのではないかと思う今日この頃です。
posted by 津田 美智子 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月07日

 映画 「閉鎖病棟」


 笑福亭鶴瓶さん主演の映画「閉鎖病棟」を観ました。くずはモールにある映画館は、レッスンの後、観るのにとても便利で、ありがたいです。2時過ぎから、4時半頃までなので軽く食事をしてちょうどいい時間帯でした。
 
鶴瓶さん主演のこの作品は、シリアスなお話で、彼のキャラクターでどう演じているのかという興味がありました。殺人を犯して死刑執行を受けたのに、生き帰ってしまった行き先が、精神的に問題のある人々の病院であるという始まり。

鶴瓶さん演じる秀丸さんは、とても心の温かい人で、色々な問題を抱えた人々に慕われているのは、ご本人そのままの雰囲気であり自然体で生きているように見えます。しかし、その中でまた殺人を犯してしまうというやりきれなさ、この閉鎖病棟は、人権が尊重され比較的自由な生活が守られているのですが、実際に、入居者のトラブルで重大な問題があるのも事実です。

この建物は、長野県の小諸高原病院で撮影されたとのことで、今年の1,2月あたりで完成させたそうですから、寒い中の撮影大変だったと思います。それにしても、こういう題材の映画は、ちょっぴり胸が痛みます。今日の天候のように秋を感じてか、気持ちが落ち込み、盛り上がらないです。

 でも、鶴瓶さんとっても良い味を出しておられましたよ!

 さて、最近のレッスンですが、芯体操の本領を発揮して、感じ方、イメージを、しっかりお伝えし実践していきたいと思っています。実際に言葉で一生懸命お伝えしても、分からないで自己流になっていたりしますので、少しずつの歩みかもしれませんが、じっくりと取り組み一人一人が分かり、実践できるようになりたいのです。

 このままでは、勿体ないなと思っています。誰にでもできることがあるはずなのです。そして、病気でなくても痛み、しびれ、色々な部位の歪みがあることは、決して、病気ではなくても、私達は、その症状を疎かにしてはならないのです。からだが訴えていることにもう少し認識を持って欲しいのです。

 未病のうちに、からだづくりに、もっと時間を取り、感じ方を変えましょう。長年言い続けてきたことなのですが、レッスンするときにも、痛いから動かさないのではなく、どうしたら痛くなく動かせるかを考えていきましょう!
posted by 津田 美智子 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

 日本平から見る富士山

 
今日は、思い立って朝から新東名高速道路を走り、静岡県に来ました。この道路は初めてでしたが、緑が多く車も少なく快適でした!実は、「富士山が見たい!」のが目的、5週目でレッスンが連休になりましたので、本当に久しぶりに願いが叶いました。日本平ホテルはお部屋からも真正面に富士山が見えます。こんなに間近で見るのは初めてです。飛行機から火口の上を間近に見た経験はありますが、やはり、富士山は全景を見るのが最高ですよね!あいにく少し雲がかかった富士山、温度が高かったのか雲がかかった状態でしたが、雪が積もった姿が見られ、明日はもう少しと期待大です。夕食は、懐石料理を選び気配り、心配り伝わってくる満足のいくお料理でした。さすが静岡、深蒸し茶というお茶が食事の最後に、お部屋のお茶でも味わうことができました。お茶所の京都に住んでいて、なかなか味わうことのなかった味、香り、お水の美味しさがじわーっときました!お紅茶三昧の日々、日本茶の良さに疲れも癒されました。12月発行予定の芯体操だより200号、芯体操創立2002年から毎月発行してきた新聞、新しい年の初めに向かって素敵なメッセージを送れるように編集中です!楽しみに待っていてくださいね。
楽しくレッスンしていただけるように、バランスの良いからだ作りを発信し続けます。日本一の富士山のエネルギーお伝えしたいです!
URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

 日々おもしろい!


 毎日違うレッスン場に通うことで、違った景色、お教室、お会いできるみなさまと、色々な変化を感じながら過ごしています。レッスンの内容も、その日によって微妙に違ってきます。私の場合は、レッスン場に入った時から自然にやることが違います。勿論、身体に芯を通すために「坐骨乗り」は欠かせない運動です。

 今、集計中のアンケートですが、好きな運動は?という質問には、「坐骨乗り」と答えて下さった方も多かったようで嬉しいことです。骨盤の歪み、即ち脚の長短のバランスを良くする、脊柱の歪みなどを矯正する働きがあります。

 股関節には足に対する上半身の引き上げを受け止める役割があります。例えば左足が短ければ、左に体重がかかりますし、同時に長い筈の右足が内転し、右足に歪みが生じるという連鎖に陥ることになります。少しでもからだが内転しますと、猫背が生じ、頭が前かがみになると、足のつま先に体重がかかることになります。

 お昼のランチを食べるため、2階から地下への階段を下りるときに普通では一段足を降ろすと、次の足を出すときにはつま先に体重をかけてしまい、胸、頭が前に出てしまいます。そこで、実践!「まず踵(かかと)に乗るように足を運んでいく意識が必要です。常に曲げた膝の裏側がアキレス腱、脚の骨に乗るように歩きます。」と、言いながら、ちょっと長い階段を下りました。

 毎日、色々な場所で、色々な人間のからだが目に入ってきますが、瞬時にどういう使い方をされているか分かるので、とても勉強になります。今日は「アストリア」のサンドイッチと珈琲、美味しいのだけれど、ゆっくり話したいときには、待っている人がいるので気忙しいかな?

 千里の場合は、阪急や、大丸ピーコック、スーパーなど食料品を買うのにはそれぞれの個性がありますので、その日の感覚で色々なお店に寄れるので嬉しいです。最近はナチュラルフードに興味があるので、食材探しも楽しいです。「スプラウト」って種子から育てる野菜ですが、無農薬で小さな器で育てるので、チャレンジします。かいわれ大根、アルファルファ、ブロッコリーなど楽しめそうです。

URL http://www.shintaisou.jp/
posted by 津田 美智子 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記