2022年01月29日

毎日が濃厚・・・接触のお話ではありません!


 生きている空間が…空気が濃厚なのです。なんと説明すれば良いのか分かりませんが、今までは、呼吸法を行いながらの中を動かせてしっかりとしたからだの機能を働かせることを目標にしていました。勿論、そのためにもしっかりと芯体操を伝えねばと考えていました。課題が難しいほど、その思いが大きくなり説明が多くなります。そして、どんどんジレンマに陥っていたと思うのです。 

 今は、自分のことに集中できることは、時間がいっぱいあるということに思えます。気持ちが落ち着き、自分のからだの存在に気付きます。自然にたっぷり息を吸って思うことだけに集中できると自然に息を吐いています。つまりは、吸って、吐いてではなく自然に呼吸しているので、とても楽なからだになっているわけです。時間に追われることもなく、たっぷり時間を過ごすことができています。

 忙しいということはずっと昔から忙しかったけれど、恐らくこの大気中に生きるという感覚は忙しくするのではなく、いかに集中して落ち着いて呼吸できるかということかなと今なら分かります。最近の私は、その空間を失くしていたようです。高校生の頃から、体を動かすことが好きで、好きで嬉しくていつも笑顔いっぱいでした。しかし、40代後半の頃に私は試練を与えられ、不思議な体験をして、からだを知ることになりました。

 例えば、伸びやかなからだが突然バランスを崩して、歩けなくなるということは生まれたての赤ちゃんが成長する過程と同じことをやり直すことが人間には備わっているのかもしれないと気付きました。泣いたり、笑ったり、骨や筋肉の繋がりを学びながら出来ることを増やしていく…正しく私は「輪廻転生」で生まれ変わりながら生きているのかもしれないのです。

 脊柱の「生理的弯曲」と言われるように背骨は真っすぐではなく側面から観察すると頚椎と腰椎は前方に弯曲し、胸椎と仙骨・尾骨は後方に弯曲します。これによって人間は、よくも悪くも間違ったからだ使いをしてしまう要因ともなります。赤ちゃんが生まれてから立つまでの過程が、見事に芯体操で辿っている身体づくりであるかもしれません。

書き始めたら書きたいことがいっぱいです。芯体操だよりでも続きを書きたいと思います。お休みを頂いて今、味わっている世界のこともすっかり途中になりましたが、少しずつまとまってくると思います。楽しいお話になりそうです。待っていてくださいね。

URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月22日

しばらくのお休みを

 
実は私、 昨年末にお休みさせていただこうかなと考えていました。お正月休みを利用して日数は少しで済むようにと思ったのです。昨年の自粛に至る葛藤や、毎日の車の運転とレッスンを2回に分けたりギリギリの状態で頑張っていました。

新しい運動は、毎月の勉強会でインストラクターのみなさんに伝えるという課題もあります。しかし、こういったことは日常のレッスンにおいても時間をかけてみんなで楽しみながら歩みたいという思いが大きいです。そんな折にノーハウだけが空回りするといったストレスになり、長年のメンテナンスを整えなければという気持ちに駆り立てられるようになりました。

勿論、芯体操があるからこそ無理と思うこともやれてしまいます。レッスンを始めると、とても元気になりエネルギーが湧いてきます。私のなったことを考えますと動きをセーブしないといけないのですが、実はストレッチでも何でもやればものすごく出来ます。ここに至るまでにそれまでの自分がつい、動いてしまうのでしまった!というのもあとの祭りで、また整うまでが大変でした。模範を見せたいという思いがありますが、グッと堪えることが多いです。指導者として申し訳ないのですが、運動はからだを知り尽くしたからこそ動きの成り立ちと効果が分かるのです。みなさまのからだが変わる喜びや、サポートすると優しい気持ちになり幸せをもらいます。だからこそ休めないと思いながら日々過ごしてきました。

勿論、ここに至るまでには歩けないからだを歩けるように、歪んだ脚の骨を伸ばしたり、(初期の芯体操が坐骨乗りから始まったのも関節を緩め、骨の歪みを整え骨盤を矯正する)、骨盤と背骨が繋がらなくなったからだに筋肉を生み出しながら繋いだり、ブレた軸(芯)を矯正したり色々な闘いに時間を費やしたこともあります。でも、こうして何とか生きられる今こそ人間らしく心とからだを癒す必要があると感じましたので年を越しましたが、暫しのお休みをお願いいたします。

コロナ、オミクロン株など感染者も増えています。様子を見ながらですが、2年間自粛経験もある芯体操です。3年目も「からだが勝つか」、「心が勝つか」!みなさまと共に状況を見据えながら頑張って乗り越えたいですね。
【体温・マスク・消毒をしっかり守りましょう!】
無理はしません。楽しんで頂ければ嬉しいです!よろしくお願いいたします。

URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月16日

【女子野球部に注目!】


コロナ禍、少子化の時代に、朝の新聞にこんな見出しが・・・なんと!女子野球部が5年で倍増したというお話でした。全国で高校女子硬式野球部の創部が相次いでいるらしい。昨夏に甲子園で全国高校選手権決勝が初開催されるなど注目が高まり、増加を続ける女子選手の受け皿が広がっているとのことです。昨年と言えば、高校野球そのものが開催を危ぶまれていたのでは?・・・拙い私の記憶にも残っていなかったのに、女子の硬式野球が甲子園に???

 本当に認識不足でありました。硬式野球では、女子は中学まで男子とプレーできるが、高校では日本高校野球連盟の規定により、体格差による危険防止の観点から男子野球部での公式戦出場が、認められていないのでプレーの場が限られていた。なるほどねー、私立の8校(4県)が新たに誕生し女子野球部があるのは33都道府県になったそうです!

 共学化する学校が「ジェンダー平等」を重視して創部する例もあるそうです。さらに、全体の部員数も、15年度の698人が21年度は1320人に増え、少子化の中で部員数が増える要因に「裾野の広がり」を挙げています。各地に女子学童チームができ、全世代の競技人口は15年度の1519人が21年度には2533人まで増加。

 女子ソフトボールが、東京オリンピックで13年前の北京大会以来の金メダルを獲得したのは記憶に新しいですが、上野投手初め本当によく頑張りましたね。しかし今回は、硬式野球というのですから驚きですがそうした方々の努力の賜物ではないかと思います。第二次世界大戦の頃は、「ジェンダー平等」には程遠かった時代ですが、隔世の感があります。

 思い起こせば私も高校に入学したときに、ハンドボール部に入部しましたが、それまでは知らなかったスポーツでした。3年生の方が、部員が5名しかいなくて試合に出られないと、勧誘に来られました。中学にもバスケットボール部やバレーボール部はありましたが、ハンドボールは全く未知のスポーツでした。これもまた運命かなと思いつつワクワクしたのを思い出します。男子部はあったのですから、『芯体操』といい、いつも時代の変遷を経ていたのかなと思います。声を掛けられた私が友を誘って、その年から試合に出ることができたのです。

その頃も強いチームは私学で厳しいコーチが付いていました。公立高校では、自主的練習で悔しいことも多く残念でしたが、自己流でもとても楽しかったです。
今日は、1つの記事から色々なことを考え、思い出す1日になりました。

URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月09日

お別れは 寂しいけれど

 
 今日は、Tさんのお家にお邪魔して、お線香をあげ、お参りさせていただきました。
息子さんがお2人で迎えてくださいました。3日間ほど息子さんがTさん宅に来ておられることを知り、連絡させてもらい、束の間の再会が叶いました。生前の、にこやかな笑顔のお写真が飾られて、亡くなられたことが嘘のように感じています。

 めったに休まれることがなく、私がレッスン日の公民館前の駐車場に車を止めている時間に来られることが多く、「おはようございます!」と元気に挨拶していただくのがとても楽しみでした。笑顔いっぱいにお話されるお姿が今も、目に浮かびます。入会された日が、2011年の9月22日と残っていたのですが、2021年9月までお元気に通っていらっしゃいました。丁度、10年間になるのですね。

 10月からお休みされ、お友達から「早くレッスンに戻りたい」とか、元気なご様子を聞いていましたので、一瞬信じることができなかったぐらいです。ご本人はもとより私も早く膝も治され、歩き続けられるようにと願っていましたので、そのお気持ちの強さに感嘆するばかりです。

 そして今日、お家を訪問したことで、その生き方に触れることができました。たくさんの弔問客を迎えられ、お部屋にはTさんの手作りの作品や、お写真など、その足跡を感じさせる心地良い空間があり、息子さんたちもさぞかし驚かれたことでしょう。Tさんがとても充実され、楽しんで生きられていたと思えました。

 色々なことにいつもひたむきに臨まれ、私は芯体操に向き合うTさんしか知りませんでしたが、その空間にいても、心から楽しまれ、誰からも声掛けされる性質はどの場所にいられても愛され、息子さんの「苦しむことなく穏やかに逝きました」というお言葉に凝縮されているように思います。

 自分の生き方は、亡き後に自分の存在感が残る世界をいかに持っていたかということかもしれませんね。その方がきちんと片付いた、居心地の良い場所で生きられることってとても幸せなことだなと教えてくださいました。

 もうお教室で会うことはないのだと思いつつ、これからもきっと、Tさんのいらした場所に居続けられるような気がします。そして、私達が一生懸命にレッスンしていたら、安心して満天の星になって微笑んでくださるような気がします。
 芯体操に来ていただき本当にありがとうございました。・・・・・合掌

URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月01日

明けましておめでとうございます

  
 昨夜大晦日の夜、突然の雪が・・・夜も更けているのに孫2人は庭に出てはしゃいでいます。この地域の積雪は非常に珍しいことですが、北陸などはかなりの積雪量らしいですね。ところで、孫達は昨日のPM4時前頃に到着しました。雪が心配で迷っていたようですが、一大決心だったようです。しかし、家を出るときには冷蔵庫が空っぽになっていたそうだから、笑い話ですよね。

 その代わりに我が家では来るか来ないか分からなかったので、それまではちょこちょこ買い状態であり、全く予定が立たず冷蔵庫が結構満杯になっていました。昨日に来るらしいとの情報でスーパーで取り敢えずの買い物をしましたが、ぎりぎりまで何のお料理か決まらなかったぐらい材料だらけになっていました。これは、笑い話どころではありません。結局大晦日は、かさ高い野菜を使ってお鍋になりました。

 日頃2人暮らしなので、作る量が把握できてなくて、6人分でも大して減らないものですね。孫たちはよく食べるのですけれどね。今朝のお雑煮は慎重に考えて作りすぎなかったのですが、伏見の料亭「魚三楼」で注文した三重のおせちもなかなか減らないものです。母が生前元気な頃は、母の作るお料理に甘えっぱなしでしたが、いつ頃からかホテルなどのおせち料理を頼むようになりました。

 しかしコロナ禍の2年間の内に、大切に利用していたホテルが営業終了され他のお店のおせちを頼みだしていましたが、今年を最後にしても良いのかなと考えるようになりました。やはり、コロナやオミクロン株が冷めやらぬ状況の中で、恒例のお正月そのものの価値観が変わってきたのかと感じています。極端すぎるかもしれませんが、お雑煮そのものが今朝用意しながらも今までのわくわく感がなかったのです。白味噌のお雑煮はとても好きで時々食べたくなることもあります。でも、両親が亡くなるまでのお正月は、楽しみも格別でした。

 小さい頃の思い出があるからこその色々な行事が楽しみでした。今、こうして長女一家との想い出は、未知数ではないかと思います。我が家は毎朝、朝食はパン食でフルーツやヨーグルトなどが中心ですし、お正月もこうしてぎりぎりまで一緒にとはいかなくなると、形式は随分違っていくのかなと感じています。
除夜の鐘も廃止と聞きましたが、理由はうるさいからとか・・・京都は特にお寺が其処彼処(そこかしこ)にあり、小さい頃から年末の除夜の鐘が鳴ると外に飛び出して108つを数えたりしました。世界を揺るがす出来事は大きく地球規模で変遷していくのでしょうか。一杯の珈琲を飲んで落ち着いて考えますね。

URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月26日

休日の過ごし方 色々なこと


 昨日で今年最後のレッスンを、木幡スタジオで終えることができました。クリスマスなので欠席が多いのかなと思っていましたが、殆どの方が出席され楽しい時間を過ごすことができました。オミクロン株の心配も出ていますが、20,21年と自粛期間は最小限に抑えながらも、一生懸命乗り越えて今があります。みなさま、共にご協力して頂きありがとうございました。

 まもなく今年を終えますが少し早めにお休みに入ったお教室もあります。そのおかげでやっと2年間に亘る日々を癒され、思い出すことで緊張が緩み、安堵することができています。今までの日曜日などではなく、本来の英気を養う元気が頂けるように思います。以前に芯体操だよりで書いたことがありますが、「去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの」という虚子の作を思い出しました。見ると2004年、芯体操創立の2年ぐらい経った頃の新聞でした。

 希望に燃えて迎えた新年の頃の想いが伝わってきます。そう、あれから色々なことがありましたが、好きなことを続けられることはとても幸せです。みなさんのからだが変わり人の心が少しずつ温かくなる様を感じることが嬉しいです。

 少しでも人間が変わることで世界中の幸せも大きくなれたらという思い、こんな思いで生きている人もいっぱいいるのですものね。このタイミングで2つのお店に行く機会がありました1つは、福知山の「足立音衛門」、栗のテリーヌなどで知られたお店、何十年も前に長男が送ってくれた栗がいっぱいのケーキにはまってしまって以来、福知山の本店に行くようになりましたが、今回は令和2年に福知山市立佐賀小学校の廃校後に創られた「里山ファクトリー」に初訪問してみました。

 自然豊かな山里にある小学校が地域と企業がそれぞれ自立し、お互いの人と地域が心に豊かさを生む場所になるように創られたものです。音衛門は製造、販売、商品発送の拠点として利活用するというプロジェクトを立ち上げたのです。小学校
でお茶とケーキを楽しめるようになっています。

 2つ目は、クラブハリエ「八日市の杜(もり)」。東近江八幡市にある新店舗です。日牟禮(ひむれ)八幡宮店、たねやクラブハリエ近江八幡店、フードコートラコリーナ店などはよく行っていますが、ここは初訪問!緑に囲まれた天井が高―い素敵な空間でした。ここにしか売っていないチョコバームはちよっと温めると真ん中の穴からとろっとチョコレートが・・・楽しい休日になりました。


URL http://www.shintaisou.j
posted by 津田 美智子 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月19日

2021年から「未来への展望」

 
 昨年から今年はコロナとの闘いの日々が続きましたね。芯体操にとってもこの2年間に2度のレッスン中止は大きく、強い気持ちでなんとか乗り越えてまいりました。今年5、6月のお休みは、昨年の自粛からやっと立て直してきたことを思うとまた、からだが衰えるのではないかととても心配でした。しかし、昨年の実技でのお便りなどが功を奏し、みなさまのお家体操を支えることができたように思います。

 自粛中にエド・シーランの「パーフェクト」を毎日聴きながら、呼吸法を繰り返すことで大きな進展がありました。心もからだも癒され、再会できれば一番にお伝えしたいという作品が生まれました。そしてさらにこのアルバムから次々に突き動かされるように色々動きが湧いてきて、7月からのレッスンがとても楽しい時間となりました。
毎月の【インストラクター勉強会】で、呼吸法・ストレッチ・体幹を鍛える・リズムなど、コロナに負けない気概を育むことができました。私達は正しく芯のある身体を求めて気持ち一つで前を向くことができました。音楽の効用はとても大きいです。新しく始められた方は、ダンスを踊ってきた歴史はご存じないと思いますが、何百枚というCDの枚数が物語るようにそれぞれの楽曲は私の宝物です。

 その流れは時代をも感じさせられます。私の生きざまそのものが一人ひとりのアーティストの恩恵を受けてきました。エンヤ、サラ・ブライトマン、マイケル・ジャクソン、数え切れない人たちの人生の影響を受けながら自分自身も何らかで貢献できているのだろうかと問いかける日々・・・・・「エルトン・ジョン ロックダウン・セッションズ」のアルバムの1曲目のエルトン・ジョン&デュア・リパの「COLD HEART(コールド・ハート)」が好きです。私達世代の人が若い人とセッションしたり、世界中を席捲しているなんてすごいエネルギーを感じます。

 以前の私は、タワーレコードに行っては何回も聴き続けて好みの曲を探し出すことを繰り返していました。その曲が日本で流行りだす頃には振り付けて舞台で発表していたということが多々ありました。今はYouTubeで簡単に世界中の歌や踊りの映像が手に入ります。何という時代になったのでしょうか。タイにいる長男の娘は小学生ですが、英語で歌いながら踊っている動画を送ってくれます。
早い時代の流れです。コロナで経済が行き詰っている間に、別のジャンルで稼いでいる人達が多々生まれているのでしょうね。

もうすぐクリスマス!ワムの 『ラストクリスマス』で楽しみましょう!ホッとしますね!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月12日

難民を守る。難民を支える。UNHCR

 先日、千里中央のコスパレッスンを楽しく終え、4階から1階までエレベーターで降りました。このビルの1階にはスーパーマーケットがありますが、その前にいつもはないコーナーがあり何気なく立ち止まると、笑顔の男性が話しかけてくれました。最初は、何かなぁーっていう感じでしたが「国連難民サポーターのご案内」で、毎年芯体操でチャリテイーを行いお送りしているユニセフ募金の関係かと思いましたら、国連UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会という組織であり日本における公式支援窓口なのだそうです。

 毎月\3,000の寄付を申し込みました。難民の問題は今、世界的な問題になっていますのでとても案じていましたから思わず即決してしまい後悔の念にかられました。と、言いますのはカード決済でカードナンバーまで教えたことに一抹の不安を覚えたのです。善意の心も脅かされる事件が増えているからでしょうか。

 路上での出来事なら気持ちも落ち着かなかったかもしれませんが、そこはイオンが管理しているとのことで電話をしましたら責任をもって許可しているとのことでほっとしました。もう一度案内所を通りましてかの男性に素直にちょっと、心配になったことをお話すると、初めて色々手短に説明してくださいました。急いでいたので簡単に申し込んでしまったので、反省です。納得して申し込まねばと・・・・

 みなさまの大切な募金は、しっかりした団体なので、ご安心くださいね。前置きが長くなりましたが、深刻化する活動資金不足がコロナ禍でさらに加速し難民の危機が迫っています。アフガン難民の大多数が逃れているパキスタンの移住地には、1979年のソ連侵攻以来住み続けている人も多く、国際社会からの支援の不足は、小さな子供たちの世代にも深刻な影響を及ぼしています。

 ミャンマーの混乱した映像も脳裏に焼き付いていますが、食料、医療、教育も限られた中であり、教育ということも日本からの支援で難民キャンプを出たら大学に行き「難民のために役に立ちたい」と考える人も出ているそうです。世の中の情勢は遅々として進まないですが、少しでも苦しむ人が救われる世の中にしたいですね。もっともっと支援の輪を広げていきたいですね!

 私にできることはやはり、からだを通してお伝えすることと、レッスンができる空間を必死の覚悟で提供できるように、厳しい状況ですが、頑張っております。
夢と希望を持ちながら笑顔の絶えない毎日が続きますように願っています。

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月04日

日々 鍛錬すること

 
 からだについて考えてみると先ずは芯体操と言いたくなりますが、本当はどんなことでも良いから毎日できることからはじめましょう!日常生活の中で動いているときに常に意識を持つことが大切です。右利きであれば普段右で行うことを左でやってみると、なんて鈍臭いのか、笑ってしまいますね。骨折や捻挫などはなるべく利き手、利き足にしてくださいね。そうすれば、使わない手足が鍛えられます。

 なぁんて、言っていますが、みなさま こけないように充分気を付けてくださいね。
残念なことに失敗をやらかしてしまった方が若干名いらっしゃいますが、決してやってはいけないことですが、それもまた学びの一つにしてしまいましょう!そこで芯体操の教えが数多(あまた)ありますので早い復帰、あるいは休まないで治療していきましょう!ぜひ慌てないでじっくり向き合っていきましょう。

 芯体操を行いながらしなやかな筋肉を目指してくださいね。「パーフェクト」の呼吸法をしっかり身につけることで、歪み、縮みを改善することができます。こけるということは、からだに強い衝撃を与えることになるのです。どんなケースの場合でもそれを念頭に置き、医師の話をお聞きしてご自分で判断してください。そのまま時間経過をみておくだけの診察なら、芯体操をしながらしなやかな自由なからだづくりを始めた方が早く治るからです。

 そんなことも想定しつつ最近の芯体操では、以前から掲げている3か条をかなり繊細な部分まで改善していこうと思っていまそこんなとも想定しつつ最近す。お腹と胸の引き合いで全身の筋肉をつなぐことで 「関節を緩める」 「骨を引き離す」 「筋肉をしなやかに伸ばす」この言葉をスローガンに、からだに芯を通し、バランスの良い骨格を実現します。

 今年最後の体操だより216号に、「わかるということは、わからないなと思うことだと思います」という言葉が載っています。わからないことを知りたいという思いがからだとのお付き合いの第一歩なのではないでしょうか。何となくポーズをまねているだけではなく、深く追求する気持ちで取り組めばからだが驚くほどの進化を遂げてくれるでしょう。

 みなさまと共に笑顔で平和な世界が来ることを願いながら・・・今日も精一杯!


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月28日

 束の間の逢瀬にわくわくする?

 
 逢瀬(おうせ)って言葉は、男女に使われることが多いそうですが、長いコロナ禍の中で、この2年間で、昨年私の母の葬儀にお式だけ参加し、とんぼ返りで殆ど話せなかった長女家族の内、長女と2人の孫から、26日金曜日、突然に「今日行っていい?」との連絡が入りました。メールのやりとりはあるものの、本当に久しぶり!

 来たがってはいたのですが、やはり状況を考えると無理な状態でした。今回はなんと感染者が毎日減少しており、京都も0の日があるほど全国的に減っていたので来たがっていた子供たちを受け入れることにしたのです。しかし、我が家に着いたのは3時間で来られる筈が、工事などで渋滞がひどくなんと、翌日午前1時を過ぎていました。

 土曜日は朝から2レッスンの木幡教室ですが、寝たのは午前2時を過ぎていました。しかし無事に着いたのでほっとしました。月曜日からのスケジュールを考えると、もう日曜日には帰らなくてはならないですが、よくぞ会えたなと有難く思っています。

 最近突然、南アフリカなどで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が世界保健機構(WHO)から最も警戒レベルが高い「懸念される変異株(VOC)に指定されました。欧州でも初めて感染が確認され、地域を超えてすでに広まっている恐れもあるそうで世界中で緊張感が高まっているようです。

 私達は、急に感染者が減ったことも何が原因か分からずでしたが、やっと対策を取るお店も増えているのとあくまでもマスク、体温、消毒の徹底が行き渡ってきたことや、ワクチン接種も増えたことなどで少し安心できるようになった矢先です。そのタイミングで家族と会えたことは大きな安堵と喜びでした。長女の忙しい中、車で往復する決断がなければ、実現できない状態になったかもしれませんでした。

 長男の日本でワクチンを接種するという判断も1か月以上かけての決断でした。タイの状況も大変な時期でしたが、それぞれの行動力によって実現できた再会だったと今さらながら身に染みます。本当に大変な世界の危機的な状況の中、オリンピック開催実現や、日々の生活に困窮している方々も多いと思いますが、早く世界の平和が訪れないかと祈る毎日です。

 今日、「芯体操だより216号原稿」を印刷会社に送りました。12月に入りましたらみなさまのお手元に届きます。楽しみにお待ちくださいね!


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記