2021年11月21日

唯一無二の二刀流とは?

  
渡米4年目の「二刀流」大谷翔平選手が、今季の米大リーグ最優秀選手(MVP)に満票で選ばれました。投手でチーム勝ち頭の9勝、打者で46本塁打、26盗塁の好成績を残しました。大リーグ機構の公式歴史家、ジョン・ソーン氏は 「1800年代まで遡れば、二刀流は珍しくなかったが、大谷ほどのパワーとスピード、さらに球速161キロを投げる能力を持った選手は唯一無二だ」 と断言しています。

さらに彼の凄さをソーン氏は、「分業、専門化で進化してきた米国野球のトレンドを打ち破ったことが何より偉大だ。この世のものとは思えない」と絶賛しました。現実離れした二刀流は、代償として体への負担が大きくなる。しかし、大谷選手の欠場は今季162試合のうち4試合だけで、エンゼルスのジョー・マドン監督は「彼は燃え尽きることなく、輝き続ける」と来季以降の活躍も確信していると言います。

 「一投一打にかける集中力や野球への愛情がすさまじい」「どんな時も毎日を楽しみ、笑顔でユニホームに袖を通す」等々、周りの人たちは、大谷選手の人柄を絶賛しています。彼は、電話による日米メディアとの記者会見で、「満票で取れたのはすごくうれしい。イチローさんがMVPを取った時も(テレビで)見ていたし、大リーグに憧れるようになった。そういう選手がまた出てきてくれるのを楽しみにしている」と子供たちにエールを送りました。

 冬季オリンピックのスノーボードで2大会連続の銀メダル、スケートボードで東京オリンピック出場を果たした「二刀流」 平野歩夢選手(22)は半年後の北京オリンピックを目指します。大谷選手のように自由に羽ばたく若者たち。
二刀流は「秋」を」知りません。挑戦の「夏」が終わると、勝負の「冬」へ!
「最近思う。人は色んな負荷が、かかればかかるほど身軽になるんじゃないかって」
 平野歩夢選手のそんな生き方も 然り

「不可能という言葉はない」
私の感じていることを そのまま実現している人がいるんだということ
スポーツ体型について 日頃考えることは しなやかなからだであれば「二刀流」は可能であるだろうということ  型にはめないということ

「芯体操」の目指していることはそんなことなんだなって改めて感じる
若くてもそうだったように 年を重ねても そんな生き方をしてみたいと思う
大谷選手だって 歩夢選手だって きっと心が自由なんだよなぁ
そこにいるから 幸せ しあわせだから笑顔になれる


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月13日

言葉が教えてくれること

 
先日、録画していた「逆転人生」という番組。大きく下降する暗めの矢印がUターンして真っ赤な矢印となり上昇する見事なタイトルの表現に、まずは元気をもらえます。
その日の出演者は、秋田で大人気のヒーロー「超人ネイガー」を生み出した海老名保さん。幼い頃からヒーローになることを夢見ていた海老名さんはプロレスの世界へ。しかし、大けがをして夢破れてしまいます。その後縁あって、地元で開催されるヒーローショーを引き受けるも大コケ・・・。人生のどん底で力になってくれたのは、ふるさとを愛する人たちでした。秋田弁を使ったり、名物のきりたんぽを剣にみたてたり、幾多の失敗を繰り返しながらも東北大震災の被災者の方々に笑顔を生み出したり、コロナ禍の救世主にもなっています。

ヒーローとは? という問いかけに
 「逃げるな 負けるな 屈するな あきらめるな」
 「人のため 世のため 世界のために闘う」
 「自分のことだけじゃなく みんなのために」
こんな言葉が 返ってきました。乗り越えてきた方の精一杯の想いが言葉になりました。

「守破離(しゅはり)」 という言葉が、茶道で言われます。「伝統を守り、見直したうえで、いろんなことに挑戦する」と考えられています。古さの中にある良さを再認識しながら、失敗を恐れず取り組むことで後悔しない生き方も問われているのです。

「一期一会(いちごいちえ)」 これも、茶会の心得として 利休の弟子宗二(1544〜1590)の「山上宗二記」に「一期に一度の会」とあるそうです。
この言葉は私の座右の銘としていることは以前にも申しましたが、20歳の頃、全日空の当時の社長から頂いた訓示がこの格言だったのです。それは、多くのお客様に対して、その日に搭乗された方は1回限りだと思って精一杯心を尽しなさいという教えだったのです。

それ以来、健康体操の道から芯体操に発展した今も、この気持ちが変わることはありません。1回限りの大切な瞬間の出会いが、何と何十年も続いている方もいます。それでも、今日という日を精一杯大切に過ごしたいという思いで生きています。

心に残る言葉との出会いが、私の心の玉手箱に増えていきますように!


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月07日

正しい姿勢


 今朝の朝刊に面白い記事が載っていてふと目を止めました。何故かと言えば、日頃から芯体操のレッスンで、芯のある身体について話すときによく持ち出すことをズバリ書かれていたからです。芯があればからだにまとう布が流線となってとてもきれいだということを仏像に例えて話すのですが、奈良や鎌倉の大仏が浮かぶときは自分で言っておきながら思わず首を振ってしまうのです。

 大仏のからだにまとう布は確かに流線になっているのにそのからだは大きく太ったからだです。私の描いている仏像は、例えば薬師寺に祀られている観音像「聖観音像」などであり、とても美しい姿として有名です。しなやかな召し物をまとい、思わず惹きつけられます。だから、「仏像なのに何故あんなからだなんでしょうね?」ってぼやいてしまうことしばしばだったのです。
 
 「引用してみますと、〈かまくらや御ほとけなれど釈迦牟尼(しゃかむに)は 美男におはす夏木立かな〉。 鎌倉大仏の端正な顔立ちを歌にしたのは、与謝野晶子である ただし、顔はハンサムでも姿勢に緩みがあるといわれてきた。なぜかうつむいて、猫背になっている。一説に鎌倉時代に仏像を猫背にするのがはやったといわれるが、くわしいことはわかっていない。正しい姿勢というものは、仏像の世界にはないのだろう 目上の人にあいさつしたり、机に向かったり・・・。あるいは様々な武道や競技に正しい姿勢というものがある。」

 そして、山梨県の遊園地「富士急ハイランド」で起こった事故のことを書かれていました。利用客が相次いで首などを骨折した件ですが、私もそのニュースには非常にショックを受けていました。遊園地での乗り物がどんどんエスカレートすることに、一抹の懸念を抱いていましたが、第三者委員会が「正しい姿勢を取ること」などの注意喚起に改善の余地があったとする中間報告をまとめたと書かれていたことには日頃、ジェットコースターや逆さ吊りになる遊具に恐怖を感じていた私は、大きなショックを受けました。筆者の「正しい姿勢をとらなければ骨折する」と聞こえてしまうのは当然であります。

 からだについて深く探求すればするほど、やってはいけないことがあることを知ります。私は明らかに車の設計ミスによりからだに無理がかかり大変な体験をしました。しかし、その設計ミスから受けたアクシデントは、世の中に知らすこともできないまま、私の心とからだに深く残っています。からだは重力に負けない芯のあるからだを求めています。姿勢を正すことは最も自然なことなのです。物を作る人はからだを知っていなければなりません。ミスは許されることではないのです。

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月30日

楽しむためには楽しまないとだめ!

 
 投打の二刀流で活躍した大谷翔平選手が、選手間の投票による年間最優秀選手「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」を日本人で初受賞しました。1994年7月5日に岩手県に生まれ小学3年の時にリトルリーグで野球を始めたそうです。花巻東高校では寮生活を送りながら頭角を現し、佐々木洋監督の下、「可能を不可能にする」(先入観を捨てることによって 不可能を可能にする)という教えを受けたそうです。

 大谷選手の爽やかな物腰や語る姿にいつも感心していたのですが、やはり育ててくださる人との関わりがあったことの素晴らしさを感じます。高校時代には投打に活躍するのですが、点には結びつかず全国大会には出場できていないことも、高校卒業後はメジャーリーグに行くと決心していましたが、さんざん断っていたのに、日本のプロ野球界での強いお誘いにより最後は日本ハムに入団したことも、今となっては佐々木監督の「不可能を可能にする」ための準備された道だったのではないでしょうか。

 その道を選んだからこそ、高校卒業後日本でプロとして多くの経験を積んだからこそ、大谷選手の素晴らしい能力が開花したように思います。

 最も権威のある全米野球協会会員によるアメリカン・リーグMVP投票での受賞、コミッショナー(野球の統制を取る最高権威者による)特別表彰、専門誌「ベースボール・ダイジェスト」の野手部門の最優秀選手など投打は勿論のこと守ることも認められ、それに盗塁などはニュースなどで見る度にセーフになったときの笑顔の可愛いこと!

 そして、私が大谷選手に惹かれる最大のポイントは、「しなやかなからだ」に尽きます。鍛え方間違いで筋肉質にしてしまっているからだではだめだと思っているけれど、違う世界を持っていたイチロー選手でもないと思っていた私には納得の大谷選手の登場でした!ホームランを打った姿も、走っている姿も、投げている姿もすべてしなやかの一語につきます。

 芯体操の目指す、彼のからだの中身を見てみたいです。私自身がアクシデントに逢わなければ今頃、理想のからだを完成させていたのにと思うと悔しいですが、中身だけは同じ世界を感じます。そして、みなさまにだけは、理想のからだを目指して欲しいなあって夢見ています。歩いていても走っていても彼だけは軽く、気持良く歩いています。見ているだけで幸せになる今日この頃です。やりすぎて故障しないようにだけ祈っています。みなさんも音無しでこけないで歩きましょうね!


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月24日

コロナ禍に学んだことは大きかった!

  
 私は、7月からの教室再開については、緊急事態宣言がまだまだ先が見えない状況の中、非常に慎重に進めていました。しかし、休まれる方もいる中で強い気持ちで、不安定な気持ちをセーブしつつ笑顔で応えてくれたみなさんのお気持ちをしっかり頂くことができ9月までの3カ月間は、しっかりと対策を守りながら頑張ることができました。1人でも感染者を出したらおしまいだという気持ちと闘っていました。

 そして10月、遠方で交通機関のご利用などでどうしても無理な方々が、満を持したように笑顔でレッスンに戻られたときは、本当に嬉しかったです。少しずつ、コロナウィルスの感染者が少なくなり始め、今日は全国でも285名でしたが、まだまだ第6波も懸念されているので、気は抜けません。

 しかし、この2年間近くの月日は今まで生きてきて初めての経験でした。戦争や災害、伝染病等々人類の長い歴史の中では色々な体験をされてきた方も沢山いらっしゃるはずです。しかし、戦後生まれの私にとっては生死に関わるとか直接に身に覚えたのは初めての出来事でした。年齢よりも何よりも住む場所によっては災害、または病気など本当に人さまざまな人生と言えるでしょう。

 そうは言っても25年前に起こった私自身のアクシデントは、やはり命に関わることだったのですから、自ら闘ったという意味では同じことかもしれません。どんな時でも落ち込むことなく一生懸命に前を向いて進むことが大切であり、コロナ禍で教えられたことはやはり、周りの方々の力を支えにしながらも人知を尽くすことにつきるのかもしれません。

 人前に出るのもやっとの闘いの日々である自分が、芯体操を考案し乗り越えることで人間のからだを深く知ることとなりました。それを伝えることが使命という気持ちが、コロナに負けないという強い思いに結ばれています。幸いにもワクチンを初めとして、世界中の医療関係の人々が特効薬を求めて研究を続けています。私たちだって、薬ではなくウィルスに負けないからだをつくることができる筈です!

 今までにお伝えし続けてきた呼吸法や運動は、からだの中から活性化し私の理想とするからだは病気にならないという確信を持っています。芯体操を始めてから病気になられた方は殆どいません。病名をもらった方はまだまだ理想のからだではないということです。病気には理由があるということです。それも一緒に学んで下さったら嬉しいです!


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月17日

世の中色々なことが起こる!

 
 梨、栗,柿、みかん、ぶどう、色とりどりの果物がお店に満載です。我が家の朝食にもいつもながら6〜7種類、これって癖になります。この秋の彩りがものすごいパワーですね!昨夜はさといもと新ショウガの炊き込みご飯、これがまたほくほくにピリッと出来上がり、普段はおかずが多くてご飯が食べられないのにお代わりしてしまいました!

 運動会、修学旅行などという懐かしいような言葉が耳に入ってきます。コロナ感染者の数値が下がっています。まだまだ「第6波」の恐れはありますが、今までの生活に慣れているのであまり危機感は感じなくなりました。旅行や食事などと大きく元に戻す気持ちがなければ、国民全員の意識次第で乗り越えることも可能かもしれないという期待も少しはあるといった感じです。

 問題は、折角頑張ってきた対策の習慣を突然破らないで欲しいと願うばかりです。でもレッスンは2年間守ってきた、濃密にならないことで封印してきた運動を少しやりたくなりました。その1番が「2人組回転運動」です。芯を感じるために生まれた最高傑作の運動、感じること、繋げること、緩めること、引き合うこと1人でやるより直接感じることで驚異的に身体が変わる素晴らしい運動です!

 しかし、私自身がみなさんに触れることも殆ど我慢することで、違う面で発想の転換をしたことも多かったのでそれはそれなりに進歩しながらみなさんのからだが変わってきているのも感じています。呼吸法「パーフェクト」にじっくり向き合えたのもプラスになりました。

 先日、藤井風(ふじいかぜ)さん(24才)の歌を始めて聴きました。日本のシンガーソングライター、海外でも人気があるそうで、インタビューで「エド・シーランより好きかもしれない!」「彼の歌にはソール(心・魂)がある」なんて言っていたので、えっと思い彼の歌を聴いてみたのです。幼少期より父の影響でクラシックピアノを始め、中学生になってからYouTubeに動画を上げ続けて知られるようになったそうです。ピアノを自由に弾きながら作詞作曲していく。「お元気ですか」「もうええわ」「旅路」「それは何なん 何なん 何なん」って無観客の広い競技場かで3時間ピアノを弾きながら歌い続けたり、色々な人間も生まれこのコロナの恐ろしかったけれど2年間の不思議な時間は私たちに色々な気付きも与えてくれました。

 人生100年以上と言われる現在、豊かに生きるためには年を重ねてもポジティブに毎日を過ごすことが大切ですね!と平野レミさんも言っていました。


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月09日

2年生になった涼(りょう)ちゃん

 
 インストラクター大石百合子さんの長男涼介くんは今年の4月に2年生になりました。百合子さんと出会ったのは、百合子さんが高校生の頃でした。お教室に来ても、からだがしんどくてバターンと寝っ転がっているような状態でした。太鼓をしても、ダンスをしても何故かやめることなく、ぶらさがっていたのか、くらいついていたのか分からないうちに、幼かった子が成人しました。いつも共に過ごしながら気が付けば、可愛い女性に変身していました。

 振り向けば、太鼓もしたよな、ダンスもしたよね、ダンスチームのみんなに見守られながら練習して、大阪城の下で踊ったり、大きなホテルでも太鼓もダンスも経験したよね。 最近、ちょっと私が健康体操を始めた20代の頃を思い出すことがありました。まだ百合子さんと出会っていなかった頃のこと、私が結婚、出産をして、体操を始めた頃のことでした。

 水を得た魚のように嬉しくて、楽しくて、幸せで絶好調の頃でした。百合子さんも結婚、出産を経験して子育ての真っ只中故に、何故か自分のその頃を思い出したのでしょうか。子育てが主体なのか、体操が主体なのかと言えば、心なのかからだなのか分からないけれど・・・・百合子さんはどうかな?

 私は私自身が体操ありきの心とからだの合体となっていました。何か習い事をしていますではなく、体操も子供も私自身であったので分けている暇はなかったのです。だからどちらも一生懸命だったのかもしれません。天秤にかけることなく無我夢中だったのでしょうね。芯体操がその時から決まっていた未来の道だったような気がします。

 百合子さんがこれからどのような道を歩むのか、それはきっと今この瞬間の生き方で決まるのかもしれませんね。そして自分の子供のことを思うとき、この芯体操の与える影響は少なからず、子供達に何らかの形で何かを与えているのかもしれません。涼ちゃんは、正しく幼年期に芯体操をしている百合子さんの姿、空気を感じています。小学校に通いこれからも1年ごとに色々な体験をしていくことでしょう。 近くに住んでいる涼ちゃんとは、学校の帰り道、勉強会の終わりや、レッスン後のスタジオで会うことができます。涼ちゃんは感じる子に育っています。その年齢の子にはそういう力もあるのかもしれませんが、共通の繋がりを持っていることも大きいかもしれません。私がハグしたくなるのも、ふと寂しくなるのもみんな知ってくれているように思います。私の心に残しておきたい涼ちゃんへの想いです。


URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月02日

自分だけ良ければいいのではない!

 
 10月1日から緊急事態宣言が解除されました。状態はどうであれ、ホッとしたのは実感でしょう。外食も控え、買い物も近くのスーパーの空いている時間を選びながら大きな負担を感じることなく過ごせるようになったのも、感染者の増加により緊急事態宣言が長く続いたことも大きかったと思われます。

 宣言や重点措置がどの地域にも出ていないのは、今年4月4日以来、半年ぶりとなるそうですからその間、私のワクチン接種は早い方で6月に終えることができましたが、全体の接種は遅々として進まない状況であり、政府の対応が悪いと言われながらその責任問題は何処はあれど、決まり事とはいえ総裁交代まで行われることになりまだ先は見えません。

 しかし、制限緩和には、ワクチン接種率の向上がカギを握ると言われているように、接種状況9月30日集計では高齢者はほぼ90%、64歳以下が50%近くに上がってきています。こうなると、蘊蓄(うんちく)を述べるより行動すべきかと思うのですが、何かにつけて色々な意見が飛び交い、難しいことです。我々は自分にできることを精一杯やることしかありません。緩和されても何をしてもいいわけではありませんね。今まで以上に頑張ってレッスンしたいと思います。

 9月末にどうしてもの用件で千里レッスンの帰りに京都高島屋へ行きました。おかげで見たかった「杉原千畝(ちうね)展」を見ることができました。1939年、第二次世界大戦のさなか、杉原千畝は、リトアニアの日本領事館の領事代理として、家族と共にカウナスに赴任。迫害から逃れる多くのユダヤ人を含む難民に、本省の意向に背いて日本通過のビザを発給することを決断しました。自分と家族の生死がかかっていながら、毅然とビザを発給し続けた千畝の信念と、それを支えた協力者の存在、それによって繋がった多くの命の物語が伝わってきました。「命のビザに刻まれた思い」実際の「ビザ・リスト」が展示され、1人でも多く救いたいと必死の思いで書かれた筆跡を見ると涙が出てきます。助かった人々の感謝の言葉が映像で流れます。その時助かったからこその多くの家族の絆が生まれたのです。1人の命を救ったことは、それに続く多くの人の命を救ったのです。

 1万7699人、国内で今日現在、このコロナ禍で命を失った方々です。世界的な数字は計り知れません。杉原千畝氏のように歴史に残る大きな救いが必要です。今、世界に起こっていることは、なんらこれまでの経緯と変わらず戦争という2文字が消えることはありません。世界が一つにならないと、コロナが収束しても世界平和は望めないのではありませんか?

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月26日

コロナ禍でも美味しくランチを楽しもう!

  
 今日も1週間の締めくくりは木幡教室の1,2レッスンでした。10数名ずつの参加で、風通しの良いスタジオは1面鏡張りでゆったりと過ごせます。ただコロナ禍の以前は1レッスンでしたので、混み合ってはいましたがレッスン後は三々五々お話に花が咲いたり、私もお紅茶を淹れてみたり、楽しい時間を持っていましたが、最近はどのお教室もそうですが、なんとなくそそくさと席を立つ感がありますね。

 買い物でも何でもが、何となくお互いに人を避けようと感じたりすっかり、世の中が変わってしまったなと思うことも多いです。でも、レッスンには安心して来ていただけるのはとても嬉しいことですし、緊急事態宣言中であっても、矢張りからだを動かして循環機能を働かせることの方が大切という気持ちは大きいです。

 レッスン後の昼食は随分変わってしまいました。各お教室によってお食事するお店が大体決まるか、何カ所をその日の気分で選んでいましたが、全く行かなくなりました。サンドイッチなどのパンと飲み物などを買って車の中で食べてから出発することが殆どです。時間がない時はコンビニに寄ることもあります。これは発表会のレッスンが午後にあり、全く時間がない頃に覚えました。

 大体、コンビニで食べ物を買うというのには抵抗があったのですが、鮭のハラミおにぎりおにぎりとゆで卵にはまってしまいました。そして、カフェラテなどはなかなかいけるのです。自動で美味しい珈琲が出てくるのはコロナ禍においても最も安心かもしれません。ゆで卵はからの中に味付けをしてあるのが、以前テレビで色々な研究をしながらつくると番組で披露をしていましたが、不思議なほど美味しいのです。お薦めの一品です。(笑)

 先日のコスパのレッスン後、これも久しぶりに阪急百貨店に寄りました。コロナ前は、殆ど「アフタヌーンティー」で食事をしていましたが、長らく行っていません。今は、パン食が多いです。阪急のデパ地下では、今までお刺身などを買っていましたがその日は、色々品数豊富なお弁当売り場で思わず眺めながら物色!秋限定
まったけご飯のお弁当に惹かれて購入し、ゆっくりと車をレストランにして3人でいただきました。とっても美味しいのが全員一致の感想です。

 さすが、この選択肢もお勧めです!このコロナ禍、京都にも車なら大丈夫とばかり色々な方法にチャレンジしています。ささやかな喜びを求めて、9月のレッスン最後まで頑張るぞー!少しの気持ちで楽しいひと時を過ごしましょう!

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月19日

芯体操だよりへの想い 

     
 2002年8月に芯体操だより創刊号を発刊してから早や20年近い日々を過ごしてきました。2019年12月には、200号の特別編を発行しているのですが、まさか年明けからの世界中のコロナ蔓延を誰が予想していたでしょうか。しかし、芯体操だよりにはしっかりとその足跡が残っていることに驚きと共に、感謝の思いが湧き上がってきます。

 2020年3月号の新聞は、存在しません。そのことでいかに突然の緊急事態に陥った状況であったかということが、感じられます。2月号では巻頭で「新春チャリティー参加のお願い」を載せていました。3,4,5月のレッスンは完全自粛となりましたが、芯体操だより特別号として4,5月に「お家体操」を支援するために、写真入りの運動を載せ、封書にて送らせていただきました。
 
そしてレッスン再開の6月には、新型コロナウイルスから、子供たちを守ることを願い、「チャリティー活動継続のお願い」を芯体操だよりにて再開いたしました。この行動によってみなさまの温かいお気持ちが見事に結実し、8月号には、日本ユニセフ協会に5万円、7月の九州豪雨支援5万円と計10万円の支援金を送ることができました。

こうして芯体操を通じて多くの方々のお気持ちが大きく一つに繋がることの喜び、感謝、未来への希望をこれからも紡いでいくために、芯体操だよりの存続、責任を噛み締めて大切にしていきたいと思います。

そして、インストラクター全員が学びの場としてこの新聞の作成に関わっていますことをお知らせし、各お教室での芯体操実技にも精魂込めて取り組んでいることをお伝えしたいと思っています。

更に、お知らせとしまして長年取り組んできました、チャリティー活動を今年も始めたいと思います。ユニセフは、過去数十年にわたって様々な感染症のワクチンを世界中に届けてきた経験を駆使し新型コロナウイルスワクチンを世界中に供給する中心的な役割を担っています。基金の用途を考えますと、それを送るだけではなく、例えばマスクのつけ方を教える、衛生用品の配布や正しい知識の普及も重要な活動です。個人ではできないことも大きな力を生み出し、実行力を備えているからこそ今年は、ユニセフの「新型コロナウイルス緊急募金」に協力したいと思います。
みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

URL http://www.shintaisou.jp
posted by 津田 美智子 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記